2015年10月31日

何事もできる、との不屈の精神!



このブログでは、
明治期の偉人・新渡戸稲造のことは常に触れてきた。
しかし、
「北里柴三郎もまたW文武両道Wの人であった」
と、今さらながら感慨深く思っている。

北里柴三郎は、
常に厳格な姿勢で学問に取り組んだことから、
「ドンネル先生」、ドイツ語で「雷(カミナリ)おやじ」
との愛称で門下生から慕われていたようだ。

その辺のところを小生の主観を交え、以下、書いていきたい。

柴三郎少年は、
チャンバラごっこが大好きなガキ大将で、
武の道に没頭していき、軍人になることを夢としていた。

この少年時代に培われたものが、
その後のW仕事Wへの向き合い方に現われている、と思う。

医学の道を志し、ドイツへと渡った柴三郎青年は、
ジフテリアの血清療法をベーリング博士と共同開発した。

その功績により、ベーリング博士は、
第一回ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

なぜ、北里柴三郎が受賞から外されたのか・・・。
当時のノーベル賞に、まだ共同授賞がなかったこと、
そして、東洋人差別という壁があったこと、
この二つが挙げられる、と思う。

その差別観が当時の集合写真に残っている。

ドイツの研究所に入った頃は、後方で小さく写っているが、
「ここで研究ができるだけで幸せだ」
差別など吹き飛ばす青雲の志を胸中に秘めていたであろう。
その後、破傷風の研究成果を残すと・・・、
入所当時とは打って変わって、前列中央で写っている。

そして、すでに世界各国から厚遇で声をかけられていたが、
「日本国民を病苦から救いたい」
世界的学者となりながらもW名利Wに走ることなく帰国する。

三等国で、医療後進国であった日本の研究者が、
破傷風の血清治療の開発で、世界を驚嘆させた上に、
世界各国の誘いを蹴って、日本の国民のために帰国する。
「あっぱれ!」
としかいいようのないW武の道Wに通じる潔い行動である!

しかし、帰国後、困難が続く。

日本人として、世界的な学者を目指しつつ、
世界と肩を並べる研究者を育てようとする志は、
頑固な性格が災いして、孤立を生み出し、その道を阻む。

しかし、そんな北里柴三郎を救ったのが福沢諭吉であった。

福沢諭吉もまたW武の道Wの人であり、
「国を愛する心は、北里柴三郎と重なるところがある」
それゆえに二人の間で深い絆が結ばれたのであろう。

北里柴三郎は、
福沢諭吉の恩義に報いようと、
終生、献身的な努力をしていき、
北里大学、慶応大学医学部の創立へと貢献していく。

北里柴三郎は、
「人に熱と誠があれば、何事でも達成する」
と行き詰った弟子たちを励ましている。

雷(カミナリ)おやじの、
「何事もできる、との不屈の精神」は、
時を経て、
平成の時代となった我々にも、
励ましの言葉となって活き活きと届いてくる。

みんな「できる!」と、不屈の押忍だ!





posted by 井上誠吾 at 13:53| 日記

2015年10月24日

北里柴三郎の話




ブログで書く時期を逃してしまうと・・・、
そのまま書きそびれてしまうことが多々ある。

タイトルの
「北里柴三郎の話」
も早く書かなければ、と思いつつ、今日まで延びてしまった。

今年のノーベル医学賞の北里大学名誉教授・大村智氏が、
「尊敬する科学者の一人」
と挙げているのが、近代医学の父・北里柴三郎である。

「北里柴三郎」
どうも一般的に知名度が低いようであるが・・・。

小生は小学4年生頃から伝記本が好きになり、
織田・豊臣・徳川、等の日本の武将から、
リンカーン・エジソン・ガンジー、等の海外の偉人まで、
手当たり次第に読んでいた記憶がある。

その中でも「北里柴三郎」の名前は、
大人になった今でも、否、年老いた今でも、
「とんでもなく偉い人」
と、強烈な印象として残っている。

柴三郎少年は、
幼い頃から、武道に没頭し、学問には興味を示さなかった。
しかし、母親の厳しい躾を受け、W文武両道Wに励み、
やがて、医学の道を志し、ドイツへと渡り、
ジフテリア・破傷風・ペスト・赤痢・コレラ等々を研究し、
数多くの病原菌を発見、治療法を開発している。

小生の中では、
特に「ジフテリア」と「赤痢」に関心が向いてしまう。

実は小生、
小学校の低学年(記憶では2年)の頃、
ジフテリアと赤痢に立て続けに感染して、
隔離病棟に強制入院させられたことがある。

当時も今も、二つも感染する人間など稀であろう。
それでも、赤痢の時は、入院患者が数人ほどいた。
しかし、ジフテリアの時は、
大きな隔離病棟に、患者はたった一人だけの入院となった。

木造二階建ての病棟が三棟ほどあったと記憶している。
母が買い物などで病室を出ると・・・、
誰もいない病棟は、なんともいえない不気味さが漂っていた。
そして、
夕方になると、母が夕食の支度で家に帰っていく。
夕闇に包まれていく病棟は、更なる不気味さが漂い、
怖さ、心細さ、寂しさが増大していった。

小学低学年で、
普通では感染しないジフテリアと赤痢を発症し、
隔離病棟に強制的に入院させられたことは、
W強烈Wな体験として刻印された。

その後、北里柴三郎の伝記本を読み、
「ジフテリア」や「赤痢」の研究をしていたことを知った。
「この人のお陰で助かったんだ・・・」
北里柴三郎が偉人としてW強烈Wに焼きつけられたのは、
子供の頃のW隔離病棟の体験Wゆえかもしれない。

今、あらためて、
大村教授がノーベル医学賞に輝いたことで、
北里柴三郎の偉大さを再確認することができた。

「人のためになること」と大村教授は仰っている。
そして、北里柴三郎は、
「科学者というのは人のためにならなきゃ駄目だ」
と名言を残している。

その名言の背景には、
「人のために動く」
との母親の厳しい躾の中、
武士道のW利他の精神Wが培われたのではないかと推察する。

今日も武道空手の汗を流して、
W利他の精神Wを、
未熟な己れの中に叩きこんでいこう!
押忍!





posted by 井上誠吾 at 12:06| 日記

2015年10月17日

知と情、の教育が大事!



先日、教育関係の知人と会って食事をした。
その際、とても良い話を交わし合った。

知人は、
「子供の教育には、知と情、の二つが必要だと思います。
知というのは、本能的に持っているものであり、
それに対して、情は、後天的に作られるものだと思います」
というのだ。

これには大いに共鳴し、
小生の持論を持ち出していき・・・、
以下のような話で盛り上がっていった。

どのような子供でも、
この世に何かをするために生まれてきた。
駄目な人間なんか、どこにもいない。

「知」
すなわち、
「勉強・知識」
というものは、
本人の意欲や自覚次第である。

何らかの目標があり、
それに対して意欲があり、
「やれる!」
という自覚があれば、必ず伸びるものである。

人間は本能的に「競争心と欲望」を持って生まれてきている。

「あいつには負けたくない」とか、
「一流大学に入りたい」とか、
自ら、その本能を湧き立たせていけば、
勉強という能力は開花する。

しかし、
情というものは、そうはいかない。

情は、
「人との交流」
の中から、生まれていく。

人に優しくされたり、
人に褒められたり、
人に助けられたり、
と、様々なW心地よいW体験をしたり、
あるいは、
人に貶されたり、
人に冷たくされたり、
人に妨害されたり、
と、様々なWおぞましいW体験をする。

正も負も受け止めつつ、
それらを成長の糧にしていくことで、
「情」というものが育まれていく。

「情」がなくても、
「競争心と欲望」があれば、一流大学には合格する。
しかし、
「情」がないため、
冷たく非人間的で無機質なエリートが誕生してしまう。

「知」と「情」、
二つが両輪となり、子供の成長を促していくことが大切だ!
ごく当たり前の話であるが・・・、
それができていない現代社会ゆえに、
青少年や若者たちの理解不能な犯罪が増えており、
そこにストップを掛けていく教育が必要不可欠なのである!

と、まあ・・・そのように話が盛り上がったのである。

今日は文武両道クラスがある。
仁・義・礼・忠・孝・勇・信、
強く、優しく、潔い心、
この空手を実践することで「知と情」の教育に繋がっていく。

知人は誠真会館の理念にも大いに共鳴してくれ、嬉しかった!

しっかりと子供たちに向き合い、
今日も、気持ちの良い汗をかきたいと思う。
押忍!






posted by 井上誠吾 at 11:52| 日記

2015年10月10日

俺が俺が、ではない真摯さ!



チュニジアの、
「国民対話カルテット」
がノーベル平和賞に選ばれた。

「国民対話カルテット」・・・?
初耳である。
「ドンキーカルテット」なら、よく知っているが・・・。
失礼、冗談はさておいて。

4つの団体の総称だから、
「国民対話カルテット」
というのであろう。
その存在を知ったのは、昨日のノーベル平和賞の発表である。

どうやら、あの「ジャスミン革命」に関係しているらしい。

「ジャスミン革命」とは、
一人の青年が役所に抗議して庁舎前で焼身自殺したことから、
独裁政権への大規模な市民運動へと拡大していき、
堪りかねた大統領が、軍部に対して市民の殺害命令を出した。
しかし、
軍部は、命令を拒否して市民に味方し、独裁政権が崩壊した。

小生の中で、記憶に新しいニュースが、
W戦車の上に市民が贈った花束が置かれているW
世界中に流れたあのニュースだ。

軍が市民たちを攻撃せずに、やさしく見守る。
そのお礼にと置かれた花束であろう。
なんともいえない、W熱いものWが込み上げた。

この事件はチュニジアを代表するジャスミンの花から、
「ジャスミン革命」と呼ばれた。

この「ジャスミン革命」を端にして、
エジプト・リビア・イエメン等々、各国の国民たちが、
「アラブの春」と呼ばれる、
独裁政権の打倒運動を引き起こしていく。

しかし・・・、
成功したのは、「ジャスミン革命」のみである。

「アラブの春」は、
シリア内戦へと繋がり、多くの難民たちを生み出している。

現在、シリアでは、
軍部を押さえているアサド政権、
それに対抗する反アサド政権勢力、
混乱に乗じて勢力を拡大するイスラム国、
三勢力が三つ巴に対立している。

さらに、
アサド政権を支持するロシア、
反アサド政権を支持するアメリカ、
両国の代理戦争の様相となり、ますます泥沼化している。

その裏には、
大国間による地下資源の争奪戦があるのだろうが・・・。

利権を貪る、W俺が俺がWのエゴを感じてしまう。

今回、国民対話カルテットがノーベル平和賞に選ばれたのは、
「対話によって、性別・政治・宗教に関係なく、
人権を尊重し、平和的な政権移行につなげた功績」
が認められたようだ。

しかし、
首都チュニスでは、失業・テロ・治安悪化、等々から、
「平和賞はふさわしくない」
との市民の冷めた反応があるらしい。

このような報道を知るにつけ、
「日本には、世界に誇れるものがある」
と心底から思う。

それは、
武は戈(ほこ)を止める、日本!
和を以て貴しとなす、日本!
である。

武の道を伝え、
W強く、優しく、潔いW人間の輪を広めていかねばならない!
と、ますます確信する。

今日も真摯に指導に取り組み、
道場生の皆さんと気持ちの良い汗を流そう!
押忍!






posted by 井上誠吾 at 12:18| 日記

2015年10月05日

書くことを忘れてしまう




今回のタイトル、
「書くことを忘れてしまう」
前に、先週末のことを書かねば、また忘れてしまうので、
先ずは、そのことを書かせて頂く。

先週末、本部道場に、
ラビットカラテスクールの方々が出稽古に来られた!

当日の詳細は、
ラビットカラテスクール代表の石垣慎壱先生のブログ、
「空手家ブルースのブログ」
をご覧頂きたい。
小生が書くよりも、石垣先生のブログのほうが、
楽しく、詳しく、写真入りで書いてあるので、ご期待を!

そこで、小生は別の話をさせて頂く。

実は、石垣先生には、申し訳ないことを!

約1ヶ月近く前に、石垣先生と食事した際、
「近いうちに出稽古に行かせて下さい」
と申し出があり、
そのあとに小生が、
「今日の話をブログに書きます」
と約束して、別れたような、気がする・・・。

気がする・・・とは、
美酒を酌み交わし過ぎて、けっこうなW酔拳W状態!

当日の記憶が定かではないのだ。
ま、美酒が入らなくても、
このようなことは日常茶飯事ではあるが・・・。

そんな小生ゆえに、
最近は、大切な人の話とか、大切な用件とか、等々は、
W忘れないようにメモするW
これを心がけている。

しかし、
せっかくW忘れないようにメモするWとしたものの、
そのWメモしたWことを忘れてしまう、という失態の連続!

そこで、1ヶ月近く前のメモを見てみると・・・、
石垣先生から、小生にとって素晴らしい言葉を頂戴している!

その内容は、ここでは披露はしないが・・・、
石垣先生の、
W誠真会館を思っての心温かな提言W
であることは間違いない。

空手歴が長く、
格闘技イベントプロデューサーもやっておられることからも、
その言葉には、説得力がある!
いずれ・・・、
何かの機会があれば話をされるであろう。
その際は、小生を含め、指導員や黒帯たちの指針となり、
誠真会館の発展に繋がることは間違いない!
ゆえに、密かに楽しみにしている。

おっと、タイトルの、
「書くことを忘れてしまう」
ことをW書くのを忘れてしまうWところであった。

ん・・・?
何を書こうとしていたのか、忘れてしまった。

何だったかな・・・?

(・・・思い出し中・・・)

あ、そうだ、思い出した。
人と会って、意気投合したり、感動したりした時、
「このことをブログに書いていいですか?」
と承諾を得ることがある。
そのW書いていいWと承諾を得たことを、
「書くことを忘れてしまう」
のである。

ゆえに、
承諾を得た人と再会した際に、
「まだブログに書いていませんね」
と苦笑しながら、優しいご指摘を受けるのである。

皆さま、どうか、お許しを!
お詫びの、押忍!



ああ、
「書くことを忘れてしまう」
内容のことを、
W書くのを忘れなかったW
ので、良かった!

「あいッ、ナガイ上に、クド過ぎるぞ!」
とのお叱りの声が届きそうなので、この辺で失礼。






posted by 井上誠吾 at 14:08| 日記