2015年10月17日

知と情、の教育が大事!



先日、教育関係の知人と会って食事をした。
その際、とても良い話を交わし合った。

知人は、
「子供の教育には、知と情、の二つが必要だと思います。
知というのは、本能的に持っているものであり、
それに対して、情は、後天的に作られるものだと思います」
というのだ。

これには大いに共鳴し、
小生の持論を持ち出していき・・・、
以下のような話で盛り上がっていった。

どのような子供でも、
この世に何かをするために生まれてきた。
駄目な人間なんか、どこにもいない。

「知」
すなわち、
「勉強・知識」
というものは、
本人の意欲や自覚次第である。

何らかの目標があり、
それに対して意欲があり、
「やれる!」
という自覚があれば、必ず伸びるものである。

人間は本能的に「競争心と欲望」を持って生まれてきている。

「あいつには負けたくない」とか、
「一流大学に入りたい」とか、
自ら、その本能を湧き立たせていけば、
勉強という能力は開花する。

しかし、
情というものは、そうはいかない。

情は、
「人との交流」
の中から、生まれていく。

人に優しくされたり、
人に褒められたり、
人に助けられたり、
と、様々なW心地よいW体験をしたり、
あるいは、
人に貶されたり、
人に冷たくされたり、
人に妨害されたり、
と、様々なWおぞましいW体験をする。

正も負も受け止めつつ、
それらを成長の糧にしていくことで、
「情」というものが育まれていく。

「情」がなくても、
「競争心と欲望」があれば、一流大学には合格する。
しかし、
「情」がないため、
冷たく非人間的で無機質なエリートが誕生してしまう。

「知」と「情」、
二つが両輪となり、子供の成長を促していくことが大切だ!
ごく当たり前の話であるが・・・、
それができていない現代社会ゆえに、
青少年や若者たちの理解不能な犯罪が増えており、
そこにストップを掛けていく教育が必要不可欠なのである!

と、まあ・・・そのように話が盛り上がったのである。

今日は文武両道クラスがある。
仁・義・礼・忠・孝・勇・信、
強く、優しく、潔い心、
この空手を実践することで「知と情」の教育に繋がっていく。

知人は誠真会館の理念にも大いに共鳴してくれ、嬉しかった!

しっかりと子供たちに向き合い、
今日も、気持ちの良い汗をかきたいと思う。
押忍!






posted by 井上誠吾 at 11:52| 日記