2015年12月31日

一年を振り返り、W禍福は糾える縄の如しW・・・ゆえに!




何かと所用に追われ、メールの更新が滞っている。
今年中になんとしても書かねば、とパソコンに向かっている。

早いもので、今年も残すところ、あと数時間となった。

遅ればせながら、
本日、すべての年賀状を書き終えたところ。
何人かの方々は、遅れて届く事、平にご容赦願いたい。
この場を借り、謝罪の押忍!



この1年をふり返ると・・・、
実にW様々な人々との交流Wをさせて頂いた。
あの人の力添え、この人の心遣い、
その厚情をけっして無にしてはならない!

そして、
そのかけがえのない厚情が、
来年へ向けて、更なる飛躍へと繋がっていく、
そう確信している!

もちろん、
良いこともあれば、悪いこともあった。
否・・・、
もしかしたら、
悪いことのほうが多かった、かもしれない。

そのひとつ・・・、
また一人、大切な友人が逝ってしまった。
ここ数年、次々と大切な人々が黄泉の国へと旅立っていく。

つくづく、そんな年になった・・・。
しかし、
俺は、まだ死ねない。
やることをやってから、そっちに行くから、
しっかりと、俺の生き様を見ていてくれ!

そう、合掌して、見送った。

さらに悪い事は続いた。
信じていた人が、目の前から立ち去ったり、
様々な障壁が、目の前に立ち塞がったり、
等々・・・。
今、思い浮かぶだけでも、片手では足りない。

それらのことが起こった日には愕然となった。
そして、1日中、とことんまで落ち込んでしまった。

しかし、そのたびに、
吉田松陰の以下の言葉が小生を励ました。

「死生は、度外に置くべし。
世人がどう是非を論じようと、
迷う必要は無い」

さらに、
吉田松陰の次なる言葉が小生の魂を磨き、蘇生へと導いた。

「自分の価値観で、人を責めない。
一つの失敗で、すべてを否定しない。
長所を見て、短所を見ない。
心を見て、結果を見ない。
そうすれば、人は必ず集まってくる」

吉田松陰の言葉を胸に刻むと、
明るく、
前向きに、
そして、挑戦的に、
己れの魂が奮い立っていく!

ま、このようなことは、今年だけではなく、
毎年、毎年、懲りもせず、繰り返しているのだが・・・。
生きている限り、
W禍福は糾える縄の如しW
そして、
W人生は生涯修行W
である!

ゆえに、
「すべてに感謝し、
すべてを肯定し、
我欲をなくし、善を尽くす!」
と自戒している。

日々精進あるのみ!




ブログをご覧の皆さん。
この一年間、ありがとうございました!

いろいろな方々から、
「ブログ、見ていますよ」
との声を掛けて頂き、嬉しく思っています。

来年もまた、よろしくお願いします!
皆さんに、
心から感謝の押忍!






posted by 井上誠吾 at 21:18| 日記