2016年03月23日

迷子になる年頃?




先週末、ラビカラさんとの合同稽古を行った。
場所は、錦糸町駅から徒歩3分の墨田区総合体育館。

体育館ロビーの集合時間に遅れまいと、
5分前に着く、との計算をして、家を出たものの・・・、
目前で、準急電車のドアーが閉まった!

最寄りの駅は大泉学園、
途中で東京メトロや大江戸線に乗り換えると、
「都心に早く着く」
との情報を聞いていたので、
早速、ホームから改札口へ戻って駅員さんに訊ねると、
「今着いた電車で行くと早く着きますが」
との事。
しかし、もうホームまで走っても間に会わない。

結局、一本、乗り過ごして、
当初の通り、池袋からJRに乗り換えて錦糸町へ向かった。

最近、このようなことはよくあり、
「乗り換えが便利になった」との情報は入るが、
その情報を使いこなせず、W都会の迷い人Wとなり、遅刻!

W迷い人Wとなったのは、墨田区総合体育館でも同じ。
稽古が終ったあと、
汗を流そうとジャクジーへ!
個室のシャワールームも完備されており、なかなかなものだ。

しかし、
感心しながら、裸のままウロウロしていると、
いつの間にか、ロビー方面へ。
前方に服を着た人たちがいるのを見て、慌てて後戻り。

その後も、
ロッカールームで服を着て、出ようとすると、
いつの間にか、シャワールームへ。
前方に裸の人たちがいるのを見て、慌てて後戻り。

まったく、迷子になる年頃?、になってしまった・・・!

しかし、
稽古&懇親会のほうは充実していた、と解釈している。

石垣代表がミット打ち、ライトスパーリングの指導、
そして、小生が約束組手の指導を行い、2時間の稽古!

いつもの道場とは違う施設で、
また石垣代表の指導も受けられて、
参加した皆さんは新鮮だったのではないかと思っている。

その後、懇親会には、加藤邦顕本部長も駆け付け、
中華料理の食べ放題&飲み放題メニューで大いに賑わった!

参加した道場生の皆さんの喜ぶ顔、顔、顔!
それを見ていると、こちらも嬉しくなってくる。
実に楽しい合同稽古であった!

帰りもW都会の迷い人Wになるかと思いきや、
山内先生がナビしてくれたので、迷うことなく帰宅!
めでたしめでたし!

参加した皆さん、お疲れ様でした!
石垣代表、ありがとうございました。お疲れさまでした!






posted by 井上誠吾 at 12:03| 日記

2016年03月11日

あの日から5年・・・追悼




3・11。
時が過ぎゆくのは、実に早い。

被災した人々にとって、
この5年は、どのようなものであったのか・・・。

未だ、
2.561人が行方不明となっており、
17万人以上の人が仮設住宅暮らしを強いられている。

「復興した日本の姿を世界に見せたい」
と安倍さんは言って、東京オリンピック開催へと動いた。

それが・・・、
復興をよそに、さまざまな醜態が続いている。
いったい、何をやっているんだ!

被災した人々は、実に辛抱強く、深く頭が下がる!

大震災直後の、
礼儀正しく、誠実で、秩序ある行動は世界を驚かせた!

何も安倍さんが言わなくとも、
「日本人の素晴らしい姿を世界に見せた」
そして、世界に感動を与えた!

世界に見せるべきなのは、
「復興した日本の姿」
つまり、ハコモノ建設ではなく、
「復興へ挑む、礼儀正しく、誠実で、秩序ある日本人の姿」
ではなかろうか!

そのW姿勢Wこそが真の復興を成し遂げる!

手前味噌かも知れないが・・・、
映画「リトルウイング 3月の子供たち 」は、
W被災した親子が空手を通して成長していくW
という内容で、
復興への願いを込めて製作した映画である。

この映画は、
福島の門馬師範の協力を得て、
被災地した人々への無料公開からスタートしたが、
復興の一助になれば、
全国のどの地域でも公開プロデュースして頂きたい。

福岡の兄の協力を得て公開したように、
長崎の坂谷彦山先生の協力を得て公開したように、
茨城の鴨志田様の協力を得て公開したように、
復興の一助になれば嬉しい限りである!

3・11。
あの日、犠牲になった人々を追悼し、
合掌!






posted by 井上誠吾 at 11:56| 日記

2016年03月10日

報告とブログについて



打ち合わせや所用が続いており、
ついついブログの更新が遅れてしまい・・・反省の限り!

前回の報告に続き、先週もラビカラの石垣代表とお会いした。

合同稽古の内容や型大会等々、さまざまな意見交換をした。

来週の土曜日はいよいよ合同稽古だ。
参加する道場生の皆さんに喜んで貰える内容にしたい!

型大会においても、
ラビカラからの参加選手はもちろんのこと、
他団体からも参加選手が増えていくよう努めていきたい!

加藤邦顕本部長が型大会の挨拶として、
「多くの団体に門戸を開き、地域ごとにブロック大会を開催し、型の全日本大会を目指します」
とホームページに載せていたが、
まったくその通りである!

我々が主催する大会が年々大きくなり、
他団体の皆さんの期待も益々大きくなってきている今、
当然、誠真会館が果たすべく役割も大きくなってきている!

選手の皆さんにとって、
型の大会も組手の大会と同様に大きな目標となる。
選手の皆さんが挑戦しがいのあるW場Wを提供すべく、
研鑽を積み重ねていかねばならない!



さて、何人かの方から、
「最近、ブログ更新されていませんね」
との心配の声が届いている。

実は、書きたいことが山積したままである。

最近のものからWメモ書きWを挙げれば、
「自殺した中学3年生君よ、死は解決策にはならない」
「米韓軍事演習に対して北朝鮮が総攻勢宣言!・・・日本は?」
「アメリカ大統領選の結果がどうあれ、W武Wの国・日本」
「差別発言・問題発言が続く国会議員たちの品格」
等々と書きたいことをメモしているが・・・。

どうも、最近、
否、これは以前からである。
ブログで本音を語りたくて仕方ないのであるが・・・、
語れない自分に忸怩たる思いでいる。
そして、いつしか、遅筆となってしまっている。 

ま、しかし、近々上記のタイトルを含め、
過激にならない程度に書きたいとは思っているので、ご理解を!
押忍!





posted by 井上誠吾 at 11:29| 日記