2016年05月21日

マスコミ報道の裏には・・・!



舛添都知事への攻撃が続いている。

当然、叩かれて然るべき人物ではある。
しかし、あまりに低劣で、小生は書く気にもならず・・・、
前回、書いたように、
選挙となると、50億近い税金が投入されるので賢明ではない。
このまま続行させ、「まな板の鯉」とするのが一番!
と思うので、暫くは様子を見よう。

それにしてもだ、マスコミ報道は偏り過ぎてはいないだろうか!

かつて石原元都知事も公私混同していたではないか。
「画家である石原家の四男を都事業に重用し、公費で海外出張」
「ガラパゴス諸島を視察して、高級宿泊船クルーズで豪遊」
さらに「都庁の勤務が週3日」、最後は「新銀行東京の破綻」
すぐに忘れる小生でさえも、上記のことは思い出せる。

なぜ、それらのことをマスコミは徹底追及できないのか?
それは、
「マスコミに対して、圧力をかける事ができる権勢の有無」
と、小生は思っている。

今、舛添報道の裏で、影を潜めているのが、
「高市早苗総務相の政治資金不正による刑事告発」
「パナマ文書で発覚した企業や人物」
「オリンピック誘致に関する賄賂」
などである。

マスコミはこれらのことに関しても、
「権力構造が生み出す圧力に徹底追及の矛先が鈍っている」
と、小生は思っている。

それでも、
石原さんしかいなかったし、安倍さんしかいないし・・・、
という日本の実態が嘆かわしい。

「公僕」という言葉を死語にしてはならない!

小生が尊敬してやまない上杉鷹山公は、
「国家は、藩主が作ったものではなく、
先祖から受け継がれてきたものゆえ、私物化するな。
領民は藩主のためにあるのではない。
藩主は領民のためにこそある」
と名言を残している。

まさに、これが世の指導者たちのあるべき姿である!

誠真会館の指導者たちよ、
各道場が地域に果たすべき役割は大きい!
今日もまた道場生の皆さんと共によい汗を流そう!






posted by 井上誠吾 at 12:24| 日記