2016年07月30日

障害者殺傷事件、に思う。(長文です)




相模原市の知的障害者施設が襲われ、
19人が死亡、26人が重軽傷を負う、という事件が発生!

容疑者は、
「障害者は生きる価値がない」
との戯言を言っており、
弱い立場の障害者を狙った卑劣な犯行に怒りが収まらない!

小生は、約30数年前、
シナリオ制作の取材で知的障害者の施設を訪ねたことがある。
その施設の職員から、
「施設の実態を映画化してほしい」
との話を持ち掛けられての取材であった。

当時、シナリオを書き始めたばかりで、
声をかけられただけでも嬉しく、創作意欲満々で出かけた。

しかし、その創作意欲は・・・、
知的障害者の現実を目の当たりにして、打ち砕かれた。

この施設には、様々な境遇に置かれている子供たちがいた。
中でも、心を痛めたのは、高校生位の男の子だった。

その子は、重度の知的障害と四肢障害があり、
手すりにつかまって、もどかしそうに手足を動かしながら、
懸命にリハビリに励んでいた。
「あの子はリハビリが辛いけど、一生懸命にやるんです。しかし、両親は、ここに預けたまま、一度も面会に来ていません」
と、職員は悲しげに呟いた。

小生は、施設で暮らす障害を持った子供たちを見廻した。
そして・・・、
当時、すでに二人の子供の父親であったことから、
「もし、自分の二人の子供が、このような障害者だったら?」
と、推しはかったが・・・、
答えなど、見い出せる筈もなく、その余裕すらなかった。

すると、職員から、
「実は、あの子の両親は・・・」
と、一度も面会に来ていない両親の名前を聞かされ、驚いた。
それは、誰もが知っている有名人夫婦の名前であった。

その昔、
名家の子供が障害者として生まれてきたら、
「座敷牢か、蔵の中に入れて、隔離されていた」
という話は聞いたことがある。

ここは昭和版の座敷牢か蔵の中なのか・・・?
いやいや、そんなことはない、とその疑問を打ち消す。
しかし・・・、
有名人夫婦は障害者の子供がいることを、世間には知らせず、
施設にかかる費用だけを送金し続けているらしい。

なぜ、面会に来ないのか・・・?
この子は、見捨てられてしまったのか・・・?
ここは、子供たちの姥捨て山なのか・・・?
小生は、そう思ってしまう己れ自身に自己嫌悪を感じた。

そんな小生に向かって職員が、
「この子たちなりに、何か意味があって生まれてきた筈です。それを見つけ出すことが私の仕事だと思っています」
そして、
「この実態を映画で描き出して欲しいんです」
と、話を結んだ。

小生は、返事もままならず、
生まれて初めての衝撃的な体験に呆然自失となっていた。

施設をあとにして、
見てはいけないものを見てしまった、というか、
見なくてもよいものを見てしまった、というか、
なんとも、表現しがたい重い気分で帰路についていた。

もしかして、有名人夫婦と同様に、
己れの中にも、
臭いものには蓋をする
という傾向があるのであろうか・・・。

書くからには、何回も取材を重ねていく必要がある。
そうなると・・・果たして、あの空気感に適応できるかどうか。
あの現実を見続けていると、自分が壊れていくのでは・・・。
そんな感覚さえ味わっていた。

数日間、悶々とした。

そして、
「自分には、障害者の脚本など書ける力量はありません。
 見識の浅いまま書くのは、障害者の方々に失礼なことです」
と、丁重に辞退した。

今、振り返っても、あれで良かった、と思っている。
とてもではないが、自分ごときに書ける世界ではない。

それゆえに、
あの施設で働いている方々には、
尊敬の念と、とてつもなく深い慈愛と徳を感じた。
そして専門知識をもって、献身的に接する姿には、
ただただ頭が下がる思いであった。

同時に、己れの無力さも、つくづくと思い知らされていた。

あれから、30数年が過ぎて・・・、
今回の事件で、あの頃の記憶が蘇ってきた。

あの容疑者は、
「己れの無力さを知っている」
そして、
「己れが弱くて、夢破れた敗北者であることも知っている」
と、小生は思う。

弱い人間が、
さらに弱い人間を殺傷して、
敗北した自分を認めたくないゆえに、
責任転嫁して、間違った英雄気どりをしてしまった。

裁判官には、判決の際、
「障害者には生きる価値がある!」
そして、
「何らかの意味があって生まれてきた!」
と、彼をたしなめてほしいものだ。

偉人・ヘレンケラーは、子供の頃、
目が見えない、耳が聞こえない、言葉が話せない
という三重苦の生き地獄の中、本能の赴くままに、
獣のように食べ物をむさぼり、野放図に振る舞っていた。

それがサリバン先生と出会い、あらゆる困難を克服し、
やがて、あのように社会に有益な人物となった。

ヘレンケラーは、
地獄の中から、一筋の希望の光を見い出すと、
物事を楽天的にとらえるようになり、
強い好奇心と精神力で次々と壁を乗り越えていった。
そして、
「人間には、人類が有史以前から経験してきた、
印象や感情を理解できる能力があるように私には思われる。
だから、たとえ目と耳を失っても、
この過去からの贈り物を奪うことはできない」
との言葉を残している。

ヘレンケラーは、永遠の魂を実感していた、と言えるだろう。

「人間は、今世だけではなく、永遠の生命・魂を持っている」
と、小生は思っている。
何を隠そう、
これは、偉人・賢人・聖人たちからの受け売りであるが・・・。

簡単な話、
「悪いことしたら、あの世で閻魔さんに舌を抜かれるよ」
と、爺さんや婆さんが言っていたことと同じである。

こんな、ごく簡単な哲学が、
利己主義で拝金主義な今の時代には通じなくなってきている。

あの容疑者が、
障害者・ヘレンケラーの不屈の生き様
人はみな、何か意味があって生まれてきた
ということを理解できていたなら、
今回のような事件を起こすことはなかったのではないだろうか。

仁とは、人への思いやり。
先ず、なすべきことは、困っている人のために動くことである!

もっと語りたいことがあるが・・・この辺で。
最後まで読んで頂き、
感謝の押忍!






posted by 井上誠吾 at 12:30| 日記

2016年07月25日

黙想で集中力を!



昨日、少年部の合宿から帰ってきた!

詳細は、各道場のブログにて、
思わず微笑んでしまうほど子供たちの様子を伝えているので、
そちらをご覧いただくのが、よろしいかと。

小生は別の視点から、
「子供たちの勉強」
について、合宿で話したことを伝えたいと思う。

子供たちの話を聞いていると、
「成績が下がってきた」
「授業中に集中することができない」
「先生の言っていることが分からない」
等々の言葉が気になった。
そこで、子供たちの前で以下のような内容の話をした。



「道場でやっている黙想ほど大切なものはない。
黙想して、気持ちを楽にして、ゆっくりと呼吸をし、
『これからしっかりと稽古をするぞ』
と、稽古に向けて集中していく。
常に、そのような黙想を道場で繰り返していると、良い習慣として身につき、勉強にも活かすことができる。
実は、それを実践して、成績を上げた子が、今この中にいる。
それは、本部道場のK志(小3)だ。
K志は、去年の秋頃、学校の授業が始まる前に、
『これからしっかりと勉強をするぞ』
と、席について、黙想し、集中して授業に臨むようになった。
最初、K志から、学校でもやっている、と聞いた時、
「クラスの友達が何か言って来なければいいが・・・」
と、心配をした。
しかし、K志はそんなことに頓着しない。
道場で空手の先生の話をしっかりと聞くように、
学校で担任の先生の話をしっかりと聞いていったのである。
その結果、成績が上がっていき、
この一学期のテストは、
すべての教科が100点満点
と素晴らしい成果を挙げた!
これは、K志が特別だからではない。
みんなも同じ力を持って生まれてきているのだ。
それを、
『K志だからできたんだ。自分にはできない』
と、自分で、自分の力を見限るのではなく、
『自分にもできる!』
と、自分の中で眠っている力を信じるとが大事なんだ。
そして、
K志のように黙想して集中するという良い習慣を作る!
もしかすると・・・、
授業が始まる前に、そんなことをしていると、
『おまえ、何やってんだ』
と、クラスの友達が笑ったり、茶化したりするかもしれない。
そんな時は、K志が貫き通したように、
『誰がなんと言おうと、自分には黙想が大事なんだ』
と、気にせず、堂々としていることだ。
そうすれば、逆に、一目も二目も置かれる存在になる。
空手で培ってきた集中力を勉強に活かしていく
それが文武両道なんだ。
日本空手連盟の前、まだ西荻窪に一つしか道場がない頃、
青少年育成学塾と大きな看板を掲げていた。
その学びの塾こそが、誠真会館の文武両道の原点なんだ。
空手はもちろん、勉強もできるようになること!
K志のように、授業の前に黙想をやって、成績を上げる!
そんな嬉しい報告が皆から届くことを待っているぞ!」



と、このような内容で檄を飛ばした。
みんな元気よく返事をしていたので、大いに期待している!

少年部の保護者の皆さんは、
合宿で、そのようなひと幕があったことをご理解いただき、
お子さんの背中を押して貰いたい、と願っている!

それにしても、
一般合宿も少年合宿も、
前後は雨模様の日が続いていたが、雨が降ることもなく、
素晴らしい合宿となった。

きっと、日頃の行いが良いからだ!
押忍!

追伸
今回の少年部も一般部も同じバス会社であった。
とても素晴らしい運転手さんたちばかりで、
特に、少年部がサービスエリアでトイレに行く際など、
「横断中」の旗を出して、子供たちを見守ってくれていた。
そのことを運転手さんに、
「ブログに書いていいですか?」
と聞くと、
「ありがとうございます」
と快い返事を頂いた。
バス会社の名前は、「和光観光バス」である!
やさしい運転手さん方に、
心から感謝!






posted by 井上誠吾 at 12:18| 日記

2016年07月22日

少年部の合宿・詳細はブログで!



いよいよ明日から、少年部の合宿です!

子供たちが合宿を楽しんでいる様子をブログで見てください!

「東伏見道場の加藤和徳先生のブログ」
そして、新設したばかりの、
「誠真会館 総本部杉並道場 西荻窪駅南口より徒歩3分」
と、二つのブログ!

二つを見ることで、より一層、子供たちの姿が確認できるでしょう。

ご期待を!




posted by 井上誠吾 at 23:58| 日記

2016年07月19日

今年も楽しい一般合宿・来年もさらに楽しく!



先週末、一般部合宿に行ってきた。

参加した一般道場生の皆さんが、
「楽しかったです」
と異口同音に笑顔で答えてくれた。
中には、
「個人的には、これまでの合宿の中で一番楽しかったです!」
と、毎年参加している壮年の方からメールを頂戴した。

そう言って貰えると、非常に嬉しく、やり甲斐がある!

毎年、加藤本部長はじめとする各指導員たちが、
いろいろと楽しんで貰おうと合宿に臨んでいるだけに、
参加者した皆さんに楽しんで貰えるのが何よりの喜びである。

行きのバスの中で、
「和徳先生、余興やって下さい」
と、小生が無茶ぶりすると、
和徳先生がやってくれた。
題して、
「誠真会館・空手クイズゲーム」
のようなもの。

和徳先生のウイットに富んだ司会ぶりに大いに盛り上がった!
その流れで合宿先の旅館へ!



以下、合宿の様子は、ここで小生が書くよりも、
例年のごとく、東伏見道場の加藤和徳先生のブログにご期待を!
写真入りはもちろん、
花火の動画なんかも入っていたりして、
合宿の楽しさが満載である!

そして、
さらに総本部杉並道場でもブログがスタート!
パソコン苦手の小生は、見ることができなかったのだが・・・、
「誠真会館 総本部杉並道場 西荻窪駅南口より徒歩3分」
で、昨日、検索してみると、見ることができた。

東伏見の和徳先生のブログも楽しいが、
「総本部杉並道場」のブログも楽しいものになっている。
両方のブログを見ると、
合宿の全体像が手に取るように伝わってくる。

是非とも、両ブログで一般合宿の様子を楽しんで貰いたい。
そして、
今回、合宿に参加できなかった人は、来年は是非とも参加を!



そこで、来年の予告を!
実は、今年の8月〜⒐月にかけて、
「一般部の特別研修・沖縄合宿」
の企画をしていた。

この春頃、
小手指道場責任者・松嶋先生が、企画を提案してくれ、
6月頃から、声を掛け始めたのだが・・・、
一般合宿と重なり、結果、参加希望は少数となり、断念!

しかし!
松嶋先生の努力は無にはせず、
その企画を来年に向けて活かしたいと思っている。

来年の一般合宿は、
小生が館長として最後の合宿となるので、
沖縄合宿としたい!

え、館長が引退?
と思われた方には、説明がナガクなるので、以下、手短に。

実は、小生は「65才で館長引退」と、
誠真会館を創立した当初から、言明しており、
昔のブログにも書いている、知る人ぞ知る事実である。

もうすでに、フルコンタクトカラテマガジンで、
「加藤邦顕本部長に2代目館長を任命」
の記事を見て、多くの道場生が小生の館長引退を知っている。

このブログを見て、初めて知った方は・・・、
そういうことなので、ご理解を!

さて、
沖縄には今、
与那覇一幸先生が郷里に帰られ、実家を継がれている。
そこで、小生が、
館長として最後の合宿
を与那覇先生と共に沖縄の地で行いたいのである!

松嶋先生とあらたな沖縄合宿の企画を練り直している。
ちなみに今年の沖縄合宿に予定していた合宿費は、
なんと、2泊3日で、約5万円の安さ!

来年は、大人だけで行くのは、家族の中で問題あり?
というより、
家族一緒とか、親子一緒とか、
いろいろと個々の希望がある筈なので・・・。
その辺の希望も取り入れながら企画を進めていくつもりである。

皆さんの負担がかからないよう無理のない範囲で、
「楽しく賑やかな沖縄合宿」
にしたいと思っているので、乞うご期待を!






posted by 井上誠吾 at 14:01| 日記

2016年07月09日

かんちょうは しなない たびにでるだけ



幼年部の道場生から、
「かんちょうへ
かんちょう だいすきです。
かんちょう しんだら かなしくなるから
しなないでください」
との手紙をもらった。

思わず、微笑んだが・・・、
この子を悲しませてしまったことに胸を痛めた。

実は、文武両道クラスの中でさまざまな話をしているが・・・。
時折、以下のような内容の話もしているのである。

「私は、子供の頃から、問題児でした。
そして、大人になってからも、問題児のままでした。
しかし、50才近くになり、やっと分かったことがあります。
それは、
『仁・義・礼・忠・孝・勇・信、 強く、優しく、潔く』
を根本に生きる、ということです。
その大切さが分かったから、ちゃんと生きようとしています。
そうすると、
『いつ死んでも天国に行ける』
という確信が生まれて、死ぬことが怖くなくなりました。
昔のお爺ちゃんやお婆ちゃんが、
『嘘ついたら閻魔さんに舌を抜かれるよ』
とか、
『悪いことしたら、地獄に落ちるよ』
と言っていたけど・・・、
死んだあとの世界は必ずあります。
ただし・・・。
天国に行くためには、条件があります。
この世で生きている間に、
『どんなことがあろうとも、
明るく、朗らかに、行動する。
すべてに感謝し、すべてを肯定する。
自分勝手なことはしないで、
まわりの人に対して、最善をつくす』
という条件です。
そうすれば、死ぬことなんか、まったく怖くなくなる。
死ぬということは、この世から、あの世への扉を開けること。
そこには素晴らしい死後の世界が待っている!」

と、まぁ。
このようなことを文武両道クラスで話すものだから、
「館長が死んでしまう」
と幼年の子なりに心配して手紙を書いてきたのである。

常々、文武両道クラスでは難しい話をするので、
「親御さんは、私の話を咀嚼して頂き、子供たちに伝えて下さい」
と親子参加を呼びかけている。

当然、前述の幼年の親御さんも参加されており、
咀嚼され、その子に伝えて頂いているので心配はしていない。

しかし、ほかにも、
「かんちょう しなないで」
と思っている子たちがいるような気がする。

そこで、今日の文武両道クラスでは、
「死ぬことは、新たな旅立ち」
をテーマに、楽しく、希望が出るような話にしたいと思う。
そして、
テーマにぴったりの絵本を本屋で見つけてきたので、
読んで聞かせるつもりでいる。

今日のことは、少年部の子供たちに、
「パパやママ、お爺ちゃんやお婆ちゃん、にも声かけて、
みんなで参加してください」
と声をかけている。

このブログをご覧になった保護者の方は、
是非とも、時間を作り、道場に来て貰いたいと願っている。

さぁ、今日もまた、
幼年から一般までの道場生の皆さんと良い汗をかくぞ!
おすっ!






posted by 井上誠吾 at 10:47| 日記

2016年07月02日

武は戈(ほこ)を止める、日本の役目!




「人を殺す予算」
と、防衛費のことを発言した国会議員がいる。

戦後70年、
日本は戦争を起こしてはいない。
そして、誰一人として、自衛隊は人を殺してはいない。

むしろ、
熊本地震然り、東日本大震災然り、
さらには、火山の噴火・河川の大洪水、等々、
様々な災害において、人命救助を行ってきたのが、自衛隊だ!

つい先日のことだが、
東シナ海上空で、中国の戦闘機が日本の自衛隊機に対して、
一方的な挑発行為を行った。

自衛隊機のパイロットは、
中国機のミサイル攻撃を避けようと、
自己防御装置を作動させて、危機を回避したが、
ドッグファイトという空中戦に巻き込まれるところであった。

自衛隊のパイロットは、
厳しい訓練に耐え、規律を遵守するため、
先にミサイル攻撃をしかけるようなことはありえない。
しかし、
中国機のパイロットには大きな問題がある。
以前から指摘されているように訓練不足なのである。

今回、接触、あるいはミサイル発射でもしていたら、
‶パイロットの未熟では済まない有事となる。

同様に、尖閣諸島では、
中国船の領海侵入は頻度を増し、
ついには、中国の軍艦までもが領海侵入してしまった。

不思議なことに日本のマスコミは、
上記の事に少し触れただけで、以降の報道は一切していない。

与党も野党も、この現実から目をそらし、問題視すらしない。

参院選が近づいている折、、
‶国民を守るための自衛隊の存在
を選挙の争点にし、国をあげて国防を議論すべきである。

国民は無能ではなく、確かな目を持っている。
その証拠に、公的組織に対する信頼度意識調査で、
議員・官僚・警察・裁判・医療・銀行・企業・マスコミ等々、
その中で、もっとも信頼度が高かったのが、自衛隊であった。

これまで、ブログで何度も述べてきたことだが、
全世界が、混沌とする中、
「武は戈(ほこ)を止める」
武道・武士道精神が持つ日本独自の立ち位置が肝心である!

゛武゛という自衛隊は、先制攻撃するものではない!
当然のこと、アメリカが仕掛ける戦争に加担するものでもない!

誠真会館の道場生にはさまざまな国の出身者がおり、
中国は勿論、韓国・北朝鮮出身の道場生も汗を流している。
万が一、それらの国々と戦争になった場合、
小生は、この隣国出身の道場生たちを敵視などできない。
むしろ、
敵視する日本人がいたとしたら、
それら日本人から、隣国出身の道場生たちをしっかりと守る!

その守る行為こそ、
「武は戈(ほこ)を止める」
この精神から生ずるものである!

それは同時に、
「人を殺す」
という戦争行為をしてはいけない、ことに通じる。

世界の中で、武の国・日本が果たすべく役目は大きい!
ゆえに、文武両道の教育が必要なのである!
















posted by 井上誠吾 at 12:20| 日記