2016年08月27日

どう向き合えばよいのか、親と子・・・!




東松山市河川敷で16才少年の死体遺棄事件が発生。
殺人容疑で逮捕されたのは、同年齢の16才の知人の少年。

警察の取り調べで容疑を認め、
「うそをついたり、電話やメールを無視したから殺した」
と供述しているらしい。

新たに4人の少年が逮捕されており、
どうやら、集団暴行によって死に到らしめたようである。

昨年の川崎市河川敷での少年殺害事件が思い出され、
またしても、このような事件が起きたことに怒りを覚える。

そして、俳優の高畑裕太が強姦致傷の疑いで逮捕された。
母親の高畑淳子さんが謝罪会見をしていたが・・・、
子を持つ親として、気の毒で仕方ない。

実は、高畑淳子さんとは、
彼女がまだ売れない頃、撮影現場で一緒になり、
「あなたは、きっと売れるぞ」
と、偉そうに太鼓判を押したことがある。
以来、何度も会う機会があり、そのたびに褒めまくっていた。

彼女が長女を出産した際、その裏事情も知っている。
ここで書くのは適切ではなく、
また、その後は久しく会っていないので無責任に書けないが、
彼女なりに懸命に奮闘していたことだけは、付記しておく。

それにしても・・・、
こうした事件が起こるたびに、
親は、子供に、どう向き合えば良いというのか・・・?

このブログでも書き、様々な場所でも話してきたことだが、
小生は、少年期から青年期に至るまで、
「問題児」
と言われてきた。

バスに石を投げたり、
線路に石を置いたり、
自己主張だけが強く、喧嘩三昧の愚か者、であった。

その「問題児」が罪を犯さずに済んだ。
否、
交番には世話になっているので、ある種の罪は犯している。
言葉を変えれば、
「留置場や刑務所に入れられるところまではいっていない」
という表現のほうが正しい。

なぜ、こんな愚か者が一歩手前で踏み留まることができたか?

それは、
「これをやったら、両親が困るだろう」
と、両親の顔が浮かんでくるからである。

さらに、2児の父親となってからは、
「これをやったら、子供たちに示しがつかないだろう」
と、子供たちの顔が浮かんでくるからである。

今になって思う。
子供の頃、性懲りもなく悪さを繰り返し、
母から、何度となくせっかんを受けてきたことが、
功を奏している、と。
手で叩かれ、モノサシで叩かれ、ハタキで叩かれ、
最終兵器のホウキで叩かれたことで、
性根を叩き直されたのである!

あの頃の母の姿を今の時代に再現すれば、
子供虐待の烙印を押されるのは間違いないだろう。
しかし、あれは、断じて虐待ではない!
そもそもが、悪いことさえしなければ叩かれたりしないのだ。

事実、我々三兄弟のうち、兄と小生はよく叩かれたが、
一番下の弟は、兄二人を反面教師にして悪さをしなかったので、
叩かれたことは一度もない。

郷里の筑豊に帰省すれば、
愚か者同志の兄と小生が酒を酌み交わし、
母の愛の鞭のお陰で真っ当になれたと確認し合っている。

そんな己れ自身の体験から、確信していることがある。
子供には、
「愛情を込めて、本音でぶつかり、本音で叱る」
これだけで充分であり、それ以上は悩む必要はない、と!

子育てが難しい時代に入っている。
昔の近所の恐いオジさんやオバさんの役目を担おうとすると、
変なオジさんやオバさんに思われてしまうのがオチである。

そういった事からも、空手道場の恐い先生の存在は大きく、
子育てに悩む保護者の方々の一助になればと思っている!

今日の文武両道クラスでは、
近所の恐いオジさん
に成り代わり、空手の指導者として声をかけるつもりでいる。

まだまだ書きたいことがあるが、この辺で・・・。
次回は、
「叱れない親」
について書きたいと思っている。






posted by 井上誠吾 at 12:36| 日記

2016年08月15日

八月に思う、あれこれと・・・!




いつものことだが、
夏休みのような長期の休暇に入ると、
気を張っていた糸がいっきに緩んで絶不調に陥ってしまう。

まるで、動いていないと死んでしまうマグロと同じ。
否、寄る年並に勝てなくなってきた、ということかな・・・。

ぼんやりと、あれこれと思っていることを綴ってみたい。

オリンピックで盛り上がっている。
メダルラッシュが続いているようだが・・・、
個人的には、柔道の大野将平選手が気になった。

金メダルが決まった時、喜びを露わにせず、
礼に始まり、礼に終わる
との姿勢で、対戦相手に敬意を払って一礼をした。
「これぞ、日本の武道家が世界に示すべき姿だ」
と、日本人として、武道家として、誇らしく思った。

さらに個人的には、
三宅宏美選手の腰を痛めての銅メダルが嬉しい!
実は、昨年のこと。
三宅選手のお父上・義行氏(五輪メダリスト)は、
小生が留守にしていた本部道場を訪れ、山内先生と会話され、
帰られたらしい。
そんなことから、陰ながら応援していただけに嬉しい快挙だ!

ところで・・・、
高校野球の甲子園大会はやっている筈だが・・・。
どうなっているのかな?

ニュース番組はオリンピック一色である。
世の中が動いているのに、他のニュース報道が圧倒的に少ない。

8月6日は広島原爆投下の日だった。
8月9日は長崎原爆投下の日だった。

さらに、尖閣諸島への中国船の領海侵入が活発化。
そんな折、中国漁船が転覆し、船員を日本の海上保安庁が救助。

広島のことも、長崎のことも、尖閣諸島のことも、
もっと報道されるかと思っていたが、僅かな時間だけで終った。
あとは、オリンピック一色である。

今日は終戦記念日である。
果たして、終戦記念日のことは、どれほど報道されるのか。
まさか、解散するらしい某アイドルグループ一色か?!

常々に思うことだが・・・、
マスメディアからの一方的な情報に踊らされてはいけない。

知人の作家が、
「日本人は、マスメディアに洗脳されている」
と、憂いていた。
まったく同感である。

自分なりの視点で報道の裏の真意を読み取り、
自分なりの情報で世の動きを見抜く力が必要である。

と、まあ、ぼんやりと、あれやこれやと思っている。

さて、これから、大事な人たちと会う。
きっと、緊張の糸が張られ、気の緩みも吹き飛ぶだろう。

心機一転!
気合いを入れ、
絶不調からの脱出だ!






posted by 井上誠吾 at 13:19| 日記

2016年08月06日

熊本被災地へのボランティア活動を始動!




熊本地震が発生して、まもなく4ヶ月が過ぎようとしている。

実は、熊本地震が発生した当初より、
「被災した人々を励ますため、
東日本震災復興支援映画『リトルウイング3月の子供たち』
を熊本の地で無料公開し、炊き出しを行う」
という企画を練ってきた。

この度、
郷里の宮若市に住む兄・禮一郎の協力を得たことで、
10月下旬に向けて、ボランティア活動をする見通しが、
ようやく立ってきた。

映画に出演した菜葉菜・菅田俊・関根大学・寺島進、
そして、企画協力の大葉健二、浅野プロデューサー、
等々の面々に交渉を進めており、
誠真会館からは、
小生と映画製作に参加した坂谷彦山九州本部長、
これらのメンバーで被災地に出向き、
映画を無料公開して、空手演武会や交流会を行い、
時期がずれてしまったが、要望があれば炊き出しもやる予定だ。

当然、
会場費・上映費、さらには俳優たちの航空費や宿泊費、
等々と、多額な費用が必要とされるが・・・、
兄の禮一郎、友人の方々、九州ライオンズクラブの方々、
皆さんのお力添えで、粛々と進んでいる。
心から、皆さんに感謝申し上げる次第である!

ついては、
映画「リトルウイング3月の子供たち」のDVDが販売中、
であるため、
このブログをご覧の皆さんで興味のある方々に、
是非とも購入して頂き、ボランティア活動費に補てんしたい、
と思っている。

DVDの販売価格は4000円。
しかし、DVDメーカーへの支払いがあるため利幅は少ない。
そこで、熊本被災地への義援金として、
ワンコインなり、あるいは1000円なり、
ほんの気持ちを増額して支払って頂くことも可能としたい。
そうして貰えれば、大変有り難く、感謝極まりない!

最近、熊本の震災後の報道が少なくなってきたが、
現地の人々はいまだに大変な生活を強いられておられ、
ボランティアのあり方も少しずつ変化してきている。

そんな中、この映画を無料公開し、
俳優たちが被災した方々と交流する
というのは、非常に意義ある活動だと自負している。

以上、ご理解の上、
このブログをご覧の皆さんのお力をお借りし、
是非とも、被災地でのボランティア活動を支援して頂きたい。
義援金として、DVDの購入を心から願うばかりである!


以下、
映画『リトルウイング3月の子供たち』を、
ご存知のない方もおられると思うので、説明をさせて頂く。

この映画は、東日本大震災が発生した後、
被災した方々を励まそうと誠真会館が主体となり、
俳優やスタッフの方々がボランティアで出演・参加してくれ、
ミニマム予算で、完成した作品である。

物語は、
「大震災で被災した母と子が、福島から東京へ引っ越してきて、
空手道場の人々や商店街の人々に支えられながら成長していく」
という内容である。

復興支援映画として、
福島を皮切りに、東京・大阪・福岡・長崎・神奈川、
そして、
ロサンゼルス日本映画祭招待作品、
山形国際ムービーフェスティバル招待作品、
と、二つの映画祭の地で公開され、
利益はすべて義援金として被災地へ送っている。

映画『リトルウイング3月の子供たち』の
オフィシャルサイトを見て頂けると、詳細が記載されている。

また、以前、このブログに書いた、
2013年07月18日、
タイトル「映画への思い」や、
2013年07月19日、
タイトル「月刊フルコンタクトカラテに映画評が掲載」
等々を見て頂くと、より映画への理解が深まるかと・・・!

何卒、ご協力を!
押忍!







posted by 井上誠吾 at 12:25| 日記