2016年10月29日

残念で、悔しいが・・・負けてもいい!





総極真の世界大会が終わった。

加藤和徳責任者は健闘するも空しく、ベスト8で終わった。
残念で、悔しいが・・・僅差で敗れてしまった。

彼を倒した対戦相手は、
その後、準決勝・決勝と強豪を倒して、見事に優勝を果たした。

静岡の大会会場には、
東京から約70人の応援団が駆けつけていた。
誰もが、
彼の勝利を信じて、
あらん限りの応援をしていた。

対戦相手が強いという情報は入ってはいたが・・・、
小生自身、彼の勝利を信じていた。
初戦から、見事な一本勝ちで、勝ち上がってきたことから、
優勢な試合運びになるものと・・・!

しかし、苦戦!
延長戦に突入し、さらに再延長がある、と思ったが・・・、
僅かな差で、応援団の声援は止まってしまった。

彼は・・・約70人の応援団を前に悔し涙を流した。
その悔しさは、そこにいる全員に伝わっていき、共に涙した。
そして、ふりしぼるように、
「僅かな差で負けたけど、負けは負けです。
 でも、この僅かな差は大きく、勝利に挑む気持ちの差です」
と、対戦相手を称えた。

小生は、
「負けていいんだよ!
人は、負けるから。強くなるんだよ!
負けたことをバネにして、次に繋げていくんだよ!
君が精一杯戦ったことは、応援に来たみんなに伝わった。
その姿をみんな忘れることはない」
と・・・、
ありきたりの言葉しか、掛けてやれなかった。

なんとも言い難く・・・、
ただ、どうしようもなく残念で、
ただ、どうしようもなく悔しい感情だけが支配していた!

しかし・・・、
あれから、何日か過ぎて・・・今、こう思う。

勝ち続ける人間など、どこにもいない!
そもそもが、人間というものは弱い生き物である。

ゆえに、
生きていくことにおいて、少々の負けがあってもいい!
完璧な人間なんて、どこにもいない!

負けた自分を責めず、
負けた自分を恥じず、
負けた自分を怖れず、
どんなことがあろうとも、
己れの力を信じて、明るく生きていけばいいんだ!

強さばかりを追い求めていけば修羅に行きつく!

あの日、彼が流した涙はもっとも人間らしい涙であった!

それこそが、
「強く、優しく、潔い道」
へと繋がっていく誠真会館が求める姿である!








posted by 井上誠吾 at 12:17| 日記

2016年10月21日

いよいよ世界大会へ!




明日、ついに総極真世界大会の日を迎える!

東伏見道場の加藤和徳責任者が満を持しての参戦だ!

このところの大会では、
怪我に悩まされながらも勝利を収めてきたが、
もう足の怪我も完治しており、万全の態勢で臨んでいく!

一回戦の対戦相手は、
当初、ロシアの選手と聞いていたが、
ニュージーランドの選手になっていたようである。

どんな相手でも頓着しない!

やるべきことはやってきたんだ!
これまで培ってきた己れの力をすべて出し切って戦うことだ!
そうすることで、
おのずから良い結果を導いていくものである!

静岡の会場には、
東京から約70名の誠真会館応援団が駆けつける!

昨日、静岡に出発する加藤責任者に、
「応援してくれる人々の期待を裏切ることなく、
最高の舞台となるよう死力を尽くして戦うこと!
そのプレッシャーに潰される男ではない筈、
プレッシャーをバネにして戦う姿をみんなに見せてくれ!」
と、鼓舞した!

先ずは、一戦、一戦、に全力を尽くし、
最後まで燃え尽きんばかりに戦い抜いてほしい!

小生は、
「素晴らしい結果が出るッ!」
と、今から信じている!






posted by 井上誠吾 at 14:02| 日記

2016年10月14日

ノーベル賞も多様性の時代に!



昨夜、妻とぼんやりとニュース番組を見ていると・・・。

突然、司会者が、
「ボブ・デュラン氏のノーベル文学賞が決まりました」
と言ってCMに入ったので、
「えッ、ボブ・デュランって、あの歌手のことかな?」
と妻に聞くと、
「さぁ?」
「最近、小説を書いていたのかな?」
「同姓同名じゃないの?」
「あのボブ・デュランなら70代半ばだぞ。書いてたら凄い!」
と話しながら、CMがあけてニュースに戻り、驚いた!

なんと、正真正銘の歌手のボブ・デュランであった!

しかも、授賞理由は、小説ではなく、歌詞ということらしい。

これは、賛否両論あるだろうなぁ・・・。
歌詞と文学は違う、娯楽と芸術も違う、等々、
それらの声があがってくるのではないだろうか・・・?

そして、
反対者からは、
ノーベル賞の権威や歴史に響くと批判され、
賛同者からは、
固定観念をぶち壊した吟遊詩人と絶賛され、
あれやこれやと・・・!

小生は、もちろん、賛同者である。
それは、小生が10代最後の頃、
‶ボブ・デュランに影響を受けたという吉田拓郎の曲
が好きだったことに発している。
そして、
俳優や脚本家として生きてきた経験から、
何もないところから、誰もやっていない何かを生み出すという、
作詞家としてのボブ・デュランの才能に憧れを抱いていた。

ゆえに、受賞は素直に、そして大いに喜べる!

それにしてもだ。
小説など書いていないのに、
なぜ、最高権威のノーベル文学賞に・・・?
ましてや、
反戦フォークは常に権威に楯突き、
伝統的な社会や制度を否定する反体制的な存在であった筈!

それが、
反戦フォークブームから半世紀を過ぎると、
権威あるノーベル賞側が授与するまでに変遷してしまうのか。

もし、受賞するならノーベル平和賞だろう。

ま、賞というものは、所詮人間が与えるものだ。
これ以上の詮索はやめよう。

等々・・・と、
昨夜は、そんなことを思いながら、眠りについた。

そして、今朝。
目覚めのコーヒーを飲みながら、
いや、まてよ・・・、
ボブ・デュランがノーベル賞を受賞することこそ、
多様性(ダイバーシティー)の時代の証なのかもしれない
と!






posted by 井上誠吾 at 14:54| 日記

2016年10月08日

熊本地震ボランティア活動 & 文武両道の学校設立へ!



二つの報告をしたい。

以前のブログで、
「熊本地震で被災した人々を励ますため、
東日本震災復興支援映画『リトルウイング3月の子供たち』
を熊本の地で無料公開し、炊き出しを行う」
と述べていたが・・・。

この度、11月6日に南阿蘇中学校体育館での開催が決定した!

その体育館は、報道で記憶にある方も多いのでは・・・、
天皇皇后両陛下が訪問され、被災者を励まされたあの姿を!
そう、あの体育館での上映会である。

震災から半年が過ぎ、ボランティアのあり方も変化しており、
炊き出しではなく、トーク会や握手会で交流を行うつもりだ。

今朝、阿蘇山が噴火をしたようだが・・・、
余震の上に噴火と、さぞかし被災された方々は不安であろう。

この上映会で、被災された方々を勇気づけ、楽しんで貰うべく、
映画に出演した俳優たちにスケジュールの調整を伝えている。

さて、次に報告することが、文武両道の学校設立である!

誠真会館の一般道場生には学校教師も何人かいるが、
その中から、昨年の秋、小生に一枚の企画案が提出された。

それは「国際誠真高校・国際誠真大学設立計画案」であった。

実は、かねてから、
「文武両道の学校を作るべきではなかろうか・・・」
との漠然とした思いが小生の中であった。

それは、小林りんさんという一人の主婦が、
「インターナショナルスクール・オブ・アジア 軽井沢」
という学校を設立した、という報道を見たことからである。

よし、自分もやろう、と決意!

昨年の秋から、何度も計画書を練り直し、
様々な方々との交渉・相談・会議を繰り返して、
この夏、やっと人様に見せることができる計画書が完成!

その計画書を、小林りん理事長に送り、面談を求めていたが、
先日、それが実現して、ご意見を頂戴することができた。

小林りん理事長いわく、
「学校設立案はとても良く、文武両道という明確な意志を持った学校は大切だと思うし、禅的な考え方に、世界は関心を示します」
との言葉と共に、協力を惜しまない、との言葉も頂いてきた。

小林りん理事長の言葉を励みに、
いよいよ、学校設立の第一歩を踏み出すことになった!


熊本被災地での上映会!
そして、文武両道の学校設立へ始動!
今週、二つのことが決定したので、ご報告させていただく。






posted by 井上誠吾 at 12:19| 日記