2016年11月09日

熊本被災地&福岡から帰京! その2



以下、約2時間ほど前のブログからの続き。

南阿蘇村を車であとにして、夜になって宮若市に到着!

そこは、福岡の奥座敷・脇田温泉楠水閣である!

兄・禮一郎の取り計らいで懇親会を行う。
スタッフ協力をして頂いた宮若ライオンズクラブの方々と、
心ゆくまで、楽しいひと時が続いた。

ここでも映画について、ライオンズクラブの方から、
「前の席に座っとったから、後ろの席の人から泣いてると思われんよう誤魔化すのが大変やった」
との声が出ると、同様の涙を皆さんも流したとのことであった。

あらためて、
「心の底から、この映画を作って良かった」
と感慨深さが込み上げてくる!

その夜は、大葉健二、関根大学、
そして、浅野プロデューサーと朝4時頃まで飲んだ。
浅野プロデューサーからは、
「この映画には、まだまだ成長する伸びしろを感じます」
と嬉しい言葉を頂戴した。

今年、映画「ロクヨン」を大ヒットさせたプロデューサーだ。
「ロクヨンのプロデューサーから褒められると嬉しいな」
と小生が喜ぶと、
「その前に、リトルウイングのプロデューサーですよ」
と、やんわりと釘を刺される、この有り難さ。
嬉しさ余って、酒がどんどん進んでいってしまった。

翌日は、なんと二日酔い(汗)!
朝起きた時から、もう絶不調の極みであった!

しかし、絶対に、それを表には出せない!
なにせ、宮若市と直方市、両市の市長を表敬訪問し、
朝日・毎日・西日本新聞、各新聞社の取材が待っているのだ!

こういう時こそ、A10神経を活性化することが大切だ!

強烈なやる気を自ら呼び起こしていく!
強く、強く、強く!
己れの中にある力を信じて、追い求める!
喜び、楽しみ、幸福感、達成感、絶頂感へと、
自ら、脳を鍛え、高みへと導いていく!

すると・・・、
二日酔いは、30分後には消えていた。

大げさに表現しているつもりは毛頭ない。
A10神経のことは、このブログで何度か書いてきたが、
その方術は、
「自分には、奇跡を起こす脳神経がある、と強く思うこと」
である。

ま、信じる者は救われる、だ。

ともあれ、
自分の中から溢れ出てきた力を秘めて、
宮若市と直方市、両市長への表敬訪問を行った!

その結果、
両市長とも来年の上映会を快く承諾して頂いた。
チャリティー上映会を行い、
そこで生まれたチケットの売り上げ金は、
宮若市からは福島県矢吹町へと、
直方市からは熊本県南阿蘇村へと、
義援金として送って貰うことが決定した!

そのことは、やがて各新聞の福岡版に載るはずである!

帰りは、福岡空港で大葉と関根と3人でビールで乾杯!
達成感という実に美味いビールであったことは言うまでもない!

熊本の被災地の皆さん、
スタッフ協力を頂いたライオンズクラブの皆さん、
大葉健二顧問、関根大学責任者、
坂谷彦山九州本部長、坂谷朝男顧問、
そして、
急遽、駆けつけて頂いた菜葉菜さん、浅野プロデューサー、
さらに、兄・禮一郎、
取材して頂いた各新聞社の記者の皆さん、
最後に、宮若市の有吉市長、直方市の壬生市長、
皆さんに心から、感謝の押忍!

尚、この熊本被災地&福岡訪問の件は、
「総本部杉並道場ブログ」
に写真入りで、敏腕M澤ブロガーに載せて貰っている。
そちらを楽しんで貰えれば嬉しい限りである!








posted by 井上誠吾 at 11:45| 日記

熊本被災地&福岡から帰京!



一昨日、九州から帰ってきた!

熊本県南阿蘇村での上映会、
福岡県宮若市&直方市の両市長への表敬訪問、
朝日・毎日、西日本新聞、各新聞社の取材、
協力して頂いたライオンズクラブの方々との懇親会、
等々が主な行事である。

南阿蘇村での上映会では、
主演女優の菜葉菜さんと浅野プロデューサーから、
「乗る飛行機が故障で飛べず、遅れます」
との連絡が入ったものの、代替便で本番直前に到着!

打ち合わせもなしで、ぶっつけ本番で舞台挨拶へ!

司会者を兼ねた小生のフリに対して、
菜葉菜さんも浅野プロデューサーも見事に応えてくれ、
そして、大葉健二と関根大学はもちろんのこと、
さらには、坂谷彦山九州本部長も坂谷朝男顧問も、
会場のお客さんにしっかりと個々の思いを伝えて頂いた。

この様子を総本部ブログのM澤ブロガーに伝えたかったのだが、
関根大学カメラマン本人がゲストとして登壇しているため、
演武の板割りの様子などが伝えられなかった。

その辺は空手演武ゆえに、以下、ここで逸話を紹介したい。

先ずは、恒例の、
「板割りと『労り』をかけ、邪気という「き」を折る」
との駄洒落から入り、
彦山先生に2枚、朝男先生に1枚の板を持って貰った。
実は、朝男先生にも2枚持って貰うつもりだったのだが・・・、
何のことはない、家を出る時に1枚忘れてきていた(汗)。

仕方なく、2枚と1枚に分けて、寸勁で割ろうとした。
しかし・・・、
彦山先生に持って貰っている2枚の板がなかなか割れない!
寸勁とは、数センチ動かすだけの打撃技である。
可動域が短いので、実に難しい(汗)。
途中、正拳に切り替えるか、と一瞬思ったが、
ここは、寸勁で割ったほうが凄みがあると判断。
4度目の挑戦で、やっと割れ、残る1枚も割り、成功!

技が熟練されていれば、一瞬の発動で割れるものを・・・(汗)。

演武が終わったあと、浅野プロデューサーから、
「正拳で割ったほうが痛そうで迫力がありますよ」
と、あっさりと言われてしまった。
寸勁で割ることの難易度がまったく伝わらなかったようだ。

これから先、演武での寸勁は封印!
可動域もたっぷりに正拳で思い切り叩き割ってやる(笑)!

上映会の終了後、握手会で見送る際、
何人もの人から、
「涙が溢れてきて、感動しました」
との声が届いた。
そして、
「被災して多くのものを失いました。しかし、この映画を観て、頑張ろうという勇気が湧いてきました」
との教育長の言葉は重く響いた。

同時に、福島県矢吹町の被災した母と子を思い出していた。

2012年9月、映画が完成した直後、
最初に東日本大震災の被災地での無料上映会に拘り、
門馬師範の協力を得て、矢吹町での上映が実現したあの時である。
上映後に、
「映画の母と子と同じようにすべてを失いました。でも、この映画を観て、生きる勇気が湧いてきました」
と被災した母と子に泣きながら握手を求められた。

あの時の母と子と今回の教育長の言葉が重なった!
そして、
「本当に、被災した人々は辛い日々を送っているんだな。
しかし、この映画が希望の光を投げかけてくれた。
否、それは思い上がりであろう・・・。
少なくとも、勇気づけの一助になってくれた!」
との複雑な思いが絡み合い・・・目頭が熱くなってきた。

まったく、年を取るごとに涙腺が弱くなってきている。

と書いたところで・・・、
またナガクなってしまった。
最近、
「ナガイと読みたくなくなります」
との声が届いており、
次回へ!


しかし、早く書かないと新鮮味が薄れてくるので、
次回と言っても、2時間後くらいかな・・・。
一旦、分けて書くことに、ご理解を!
2時間後、乞うご期待!







posted by 井上誠吾 at 09:34| 日記