2018年03月24日

負ける体験、が成長へ繋がる!




先日の春分の日。
野澤道場主催の大会で、誠真会館から何人もの優勝者・入賞者を輩出したが・・・。
その中でも、少年部のS礼の優勝は特筆すべきものがある。

S礼は、日頃の稽古に臨む姿勢が素晴らしく、すべてに全力を尽くし、気迫、集中力、スタミナ、において突出した存在である。

しかし、いざ試合となると、なかなか勝てない。

気持ちとは裏腹に、潜在的なパワー不足は若干否めないものが・・・それにしても、道場での稽古をそのまま試合に活かせば勝てる筈なのだが・・・。
彼特有のやさしさからか、道場の稽古のような気迫やスタミナを発揮することなく、敗退を重ねてきた。

それでも・・・、
稽古においては誰にも負けないとの姿勢で、泣き言ひとつ言わずに懸命に取り組んできた!

ゆえに、小生はもちろん、指導員も、一般道場生も、少年部の保護者の皆さんも、そして何より親御さんも、S礼に大きな期待をしてきた!

その結果、今回、念願の初優勝となった!

小生のもとには、彼の戦いぶりに感動した声が指導員からも、一般道場生からも、保護者の皆さんからも届いている。
素晴らしいことである!

今は咲かなくとも、
日々、自分に正直に、
そして、懸命に努力をしている人は、
必ずや期待の花を咲かせていくものである!

手前味噌だが、小生の又甥(兄の孫)のS馬が選抜甲子園に出場し、昨日、一回戦で敗退した。
テレビを見ていると「二年生ながら、三番で、チームを打撃で引っ張っている選手」とS馬のことを解説していたので驚いた。

S馬が少年野球の頃から、福岡県内で活躍をしているらしい、ことは知っていた。
そして、T筑高校に入学し、野球部に入ったことは聞いていたが・・・、
如何せん、小生はまったく野球には興味が薄く、申し訳ないけど、あまり関心を示さなかった。

それでも、気になり、テレビを見ていると・・・、
突然、S馬が甲子園のテレビ中継で、いきなり高評価をされたものだから、これには驚いた!

先に点を取られ、その後に逆転し、また同点となり、九回を迎えた。
いやはや、甲子園の野球を、これほど高揚して見たのは初めてのことである。

結果、九回裏の大逆転の場面で、この日安打を連発しているS馬に期待がかかる寸前、打順が回らず、ダブルプレーで負けてしまった。
身内としては、せめてS馬の雄姿を見たかったが・・・、
T筑高校ナイン、あっぱれ!
夏の甲子園大会を期待しているぞ!

道場生のS礼も、又甥のS馬も、よく頑張った!
その頑張りがあるからこそ、もっともっと成長していく、と確信している!

負けという経験が人を大きく成長させるのだ!
少年部のみんなも、
負けるという苦い経験を良薬へと捉えていってほしい!










posted by 井上誠吾 at 11:05| 日記

2018年03月15日

型大会の挨拶で伝えきれなかったこと




先日の3月11日、型大会が無事に終了した!
今年になって、誠真会館主催の一発目の大会である。
回を重ねるごとに素晴らしい大会になってきた!

引退した身なので「大会での挨拶は3分」と公言してきた。
しかし、内部大会であり、ラビカラは身内同然の参加ということから、3分を5分にしてもらって挨拶が始まった。

誰もが、5分で終わるはずがない、と思ったらしい。

何人かがタイムを計っていて、7分オーバーの12分も話していたようである。

それでも、足りなかった・・・!
各道場の皆さんと久々に会ったので、話したいことや伝えたいことが山ほどあり、要点をメモ用紙に書いて話していったのだが・・・、
すべてを伝えきれず、二点、話し忘れてしまった。
否、要点をメモ用紙に書くことを忘れていた、の表現のほうが正しい。

そこで、以下をここで書かせていただく。

一つ目は、小生が書く小説の話である。
フルコンダクトマガジン誌で
「我が良き敵(とも)たちよ!」
の連載が始まった。
ある家族が空手を通して、学校のいじめ、職場のパワハラやリストラを乗り越えて成長していく物語
道場生はもちろん、少年部の保護者のみならず、
誰もが「共鳴する作品になっていく」と自負している。
登場人物として、小生はもちろん、誠真会館の各道場の先生方、総極真の重鎮の範士・師範方、大葉健二や関根大学等々の俳優たち、誠真会館の一般部・少年部の道場生たち、がドラマチックに登場してくる。
これは皆さんが知っている人たちが登場する小説である。
小説として読み応えのある作品に仕上げていくので、ご期待を!

2つ目は「映画上映で被災地へ義援金を」の話。
先日の型大会日は3月11日である。
このブログで、
映画「リトルウイング 3月の子供たち」
を全国各地で上映し、収益金を東日本大震災や熊本地震で被災した方々に義援金を送ってきたことは伝えてきたが・・・、
皆さん方の中で、自分でも上映会を開いて義援金を送ろう、という方がおられたら、劇場上映用ブルーレイを無料でお貸しするので、ご連絡を!

以上である。
本のご期待を!
そして、映画のご連絡を!

先日の型大会に関係された皆さんに、感謝の押忍!






posted by 井上誠吾 at 15:31| 日記

2018年03月08日

自分にはすごい力がある!




いよいよ今度の日曜は型の大会だ!

常々、少年部で、
「自分はできる!」
そして、
「自分にはすごい力がある!」
と強く思って、黙想をするように指導している。

型の試合ほど緊張を強いられるものはない。

その緊張に押しつぶされないためにも、
「自分にはすごい力がある!」
と自分を信じることだ。

自分を信じるからこそ、「自信」が生まれてくる。

その自信が、
「自分はできる!」
との確信へと繋がっていく。

そこに至るには、素直さが肝要、である!

これは「私の言っていることを素直に聞け」と小生の個の考えを押しつけているわけではない。

あらゆる先覚者たち、
つまり、聖人・天才・哲人・宗教家・思想家・哲学者たち、
彼らが、
「人は皆、すごい力を持って生まれてきている」
との共通した見解を残してくれているのだ。

その先覚者たちもまた「私の言っていることを素直に聞け」と押しつけているわけではない。
彼らは一様に
「自分が持つすごい力を自分で確信しなさい」
と示唆してくれているのである!

けっして、難しいことではない。
我々人間は、「神の子」であり、「仏の子」である、と言っているのだ!

要は、素直に、
「自分の中にあるすごい力」
を認めて行動すければ良いだけのことである。

まだ数日ある。
「自分にはすごい力がある!」
と信じて、稽古に励む者にこそ、勝利の女神は微笑む!






posted by 井上誠吾 at 23:33| 日記

2018年03月03日

亀石さんトーク



前回、「面白く、楽しく、報告したい」と書いたものの・・・、
よく考えてみると、小生個人が、亀石さんの話を、面白く、楽しく、聞いていただけなので、そうはいかないかもしれない(汗)!

ま、以下、気ままに書いてみよう。

小生が敬愛する亀石征一郎さん、
そして、息子の太夏匡氏、否、太夏ちゃん、
お二人のトーク会は、
「私はもう80才、あとがない」
と亀石さんの自虐的な話から始まり、小生は笑いかけた。
しかし、誰も笑いそうな雰囲気ではない!

笑うと不謹慎かと思い、黙って聞いていたが・・・、
やはり、亀石さんの話は実に面白い!

太夏ちゃんの司会進行でテーマを出すと、
日本の政治や経済、世界の政治や経済、日本の歴史と世界の歴史、日本の老人、日本の若者、日本のマスコミ、日本の芸能界、北朝鮮問題、中国問題、韓国問題、世界のパワーバランス、イルミナティやフリーメイソン、ロックフェラーやロスチャイルド、哲学、宗教、思想、真善美、宇宙論、世紀末論、終末論、等々。

司会の太夏ちゃんも途中で止めるほど語り捲くった!

素晴らしき哉、80才!
その見識たるや、まったく老いを知らず、どのテーマも世相を見事に斬りまくり、爽快であった!

亀石さんをよく知る小生は、時には共鳴して大きく頷き、時にはシニカルな笑いを感じ取っては真っ先に笑っていた。

そんな小生を見てかどうか、
「あそこにいる井上誠吾という友人は」
と三度も小生の名前を出してテーマに結び付け語ってくれていた。

約一時間半、息子・太夏ちゃんの愛情に包まれながら、亀石さん一人が語り続けてトーク会が終了!

質問コーナーに入り、小生が真っ先に手を挙げた。
この時、司会の太夏ちゃんは不覚にも、小生の話の長さが亀石さんに負けずとも劣らないということを知らなかった!

先ず、日本の芸能界のテーマの中で、小生の名前を挙げられたので、亀石さんが故・松方弘樹さんと共演した舞台の話を持ち出した。

K林旭、A丘ルリ子、松方さん、敵役が亀石さん、が出演。ゆうぽうとホールでの公演であった。

舞台が終わり、小生が楽屋見舞いをしようと向かっていたら、楽屋の辺りで誰かが喧嘩をしている声がした。
廊下の角を曲がると、なんと、喧嘩ではなく、亀石さんが演出家のように出演者たちの前でダメ出し的な激励を大声で伝えていたのであった。

それを直立不動に近い姿で聞いていたのが松方弘樹さん!
松方さんの背後には、「あずさ2号」のK人、「バスストップ」のT浩二、「雨」のM善英史、そして、かつて東映でお嬢様的な女優として活躍したM園純子、と有名どころがずらりと並んでいた。
「先輩、ありがとうございました」との松方さんの挨拶で亀石さんの話はやっと終了した。

あの時の亀石さんは後輩思いであった。
今回のトーク会で「残念だが、若者たちの未来はない」と地球終末論を語っていた亀石さんとは、また別の顔であった。

小生がそれを取り上げ「亀石さんには後進への慈愛を感じます。同時にそれは若者たちよ、開拓せよ、との励ましではありませんか?」と掘り下げたものだから、亀石さんと小生のトーク会へと移行してしまった。

続いて、後藤監督が演出された江利チエミさん主役のテレビで夫役の亀石さんとの思い出を聞き出し、さらにイルミナティの「富の一極集中」の話を持ち出した。
最後に、太夏ちゃんたちのように地球環境のためにボランティア活動する善意の人々がいる限り「地球の終末はないのではないか」とのトークをした。

ここまで亀石さんと小生で約15分もの熱のこもったやり取りが続き、優しく見守る流石の太夏ちゃんも「誠吾さん、すみません。次の方の質問に移らせて頂いてよろしいでしょうか」と止めに入った。

よろしいどころか、当然である!
亀石さんといえば、途中で会話が打ち切られて残念な表情に見て取れたが・・・小生は実に楽しい敬愛する先輩とのやり取りであった!

次に質問した人は、小生の話がナガクなったので、二点だけの質問で短く終わってしまった。
質問者は小生と次の人だけ、二人のみで終了してしまった。皆さん、申し訳ない(汗)!

また出過ぎた話をしてしまったかな、と思っていたら、
「良い話をありがとうございました」とか「勉強になりました」とか、名刺を手に話かけてくる人々がおられ、5人の人々と名刺交換をしたので、安心した。
皆さん、太夏ちゃんの考えに共鳴している方々で、有名企業や映像関係や教育関係で働きながら、ボランティア活動をしているようである。

素晴らしい!

太夏ちゃんはじめ、このような人々がいる限り、地球の終末論は吹き飛んでしまう、と実感して、とても嬉しい気分になった!

おっと、またナガクなってしまった。
書きたいことはまだまだあるが、この辺で終わることにしよう。

最後に、ひと言!
M澤ブロガーが小生の連載小説のことを書いてくれていたが、
皆さんに読んで貰えれば嬉しい限りである!





posted by 井上誠吾 at 13:05| 日記