2020年04月26日

妻とのコロナ対策会議



コロナについての夫婦喧嘩は、毎日飽きずに続いている。

妻が小生を睨んで、
「高齢者の文句ばかり言ってると、人間性を疑われるからね」
「言ってないッ。誰にも会ってないから、君にしか言ってないッ」
「ブログに書いたりする、てことよ」
「書いてないッ。君がうるさいから、我慢してるッ」
「そうやって、少しは我慢をする、ということを覚えたほうがいいわね」
「ソレ、俺が少年部に言ってるセリフ。指導者は、我慢強い人間でないと務まらない。悪いが、子供扱いしないでくれ」
「我が家で、一番子供なのは、お父さん」
「その話はもういい」
「お父さんが、一番子供だって、そう言って、うちの子供たちは育ってきたの、忘れた?」
「・・・・・・寝る」
「まだ夕方よ」
「眠くないけど、寝れるんだよッ」
小生がリビングを出ると「子供なんだから」と妻の声が背中に届いた。
書斎に入ると・・・、
下から「お父さん、ちょっと来て」と妻が呼ぶ。
「うむ・・・少しは言い過ぎたことを反省したか・・・」
小生がおもむろに降りていくと、反省どころか──、
「あ〜、終わっちゃった。もういいや」
「もういいや?…何だよ、人を呼んどいて、それはないだろッ」
「ニュースで、巣鴨の商店会のことやってたの」
「なんて?」
「高齢者が来ないようにするためには、商店会が自主的に休業するしかないって、昨日から踏み切ったみたい」
「おお、それはよくやったッ!」
「あなた、そうすべきだって、前から言ってたもんね」
「やっと分かってくれたか。そもそも俺は高齢者を攻撃してるわけじゃなくて、守ろうとしているんだよ」
「それは分かってる、言い方が過激なの」
「・・・・・・・・・」
「どうしたの、また寝るの?」
「・・・で、今日の巣鴨は?」
「晴れだったみたいよ」
「天気予報じゃねぇよ、人出だよッ。高齢者が用事もない癖に」
「やっぱり、どうしても表現が過激になる」
「ハイハイ、必要火急のお爺さんお婆さんの人出はあったの?」
「見てない」
「何だよ、それ〜ッ!」
「あなたを呼んでたからじゃない」
「そういう時は見てろよ」
「見てたら、呼べないじゃない」
「呼ばなくていいから、あとで報告すりゃいいんだよッ!」
「声が大きい・・・寝るんじゃなかったの」
「まだ夕方だよ」
「眠くなくても、寝れるんじゃないの」
「呼んだのは誰だ。目はとっくに覚めたよ。もっと話をさせてくれ、話をッ。厚労省が昨日発表したデータは」
「70才以上の死亡者が200人近く、60代、50代と急に少なくなって、40代は5人、30代は2人」
「そう」
「20代、10代、小学生の子供たちは、死亡者が0人」
「そう」
「昨日も聞いて、今朝も聞いて、さっきも聞いたから、数字まで頭に入ってる」
「ま、何回でも言うのが俺の性格だから」
「その性格、何とかならないの」
「何とかしなきゃいけないのは、俺の性格ではなく、国の政策だよ」
「ふふッ、そのシャレは初めて聞いた」
「いいか、医療崩壊の危機で」
「コロナ患者の手術を優先して、ガン患者とか、救急患者の手術が延期されてる、でしょ」
「そう」
「これでは、コロナの死亡率より、手術を延期されたガン患者や救急患者の死亡率の方が高くなってしまう、でしょ」
「そう」
「死亡率を下げるには、高齢者や基礎疾患のある人々を感染から保護・隔離・管理する緊急政策、を打ち出す、でしょ」
「そう」
「働き盛りの世代は早く経済を動かし、学校も早く再開する、でしょ」
「俺にも言わせろ」
「そうすれば、経済苦による自殺者も出なくなる、でしょ」
「・・・・・・・やっぱり、寝る」


明日もまた、コロナについて夫婦喧嘩が勃発する・・・!








posted by 井上誠吾 at 20:37| 日記

2020年04月12日

コロナは我々の敵(とも)となる!  そのG 日本の為政者よ、しっかりしろよッ!




小生は夕方のニュースと夜のニュースくらいでテレビはあまり見ない。

このところ、
以下のような会話が小生と妻とで、ほぼ毎日、続いている。

夕食中に、ニュースを見ながら、
「たかがインフルエンザで、騒ぎ過ぎだよ・・・」
と小生がビールを片手に言うと、
「たかがじゃないでしょ。このウィルスで大勢の人が死んでるのよ」
と妻が口を尖らせる。
「新型で特効薬がないだけ、形を変えた強いインフルエンザなんだよ」
「じゃ、なんで世界中が騒いでいるの」
「世界中が誤った情報でオカシクなってるんだよ」
「あなた、大丈夫?」
「一日中、コロナ-報道ばかり見ていると、君も頭オカシクなるぞ」
「国が緊急事態宣言まで出すほど、このウィルスは怖いのよ」
「あんな宣言を出す国のほうが怖いし、安倍さんもオカシイんだよ」
「またそんなオカシナことブログに書くと、加藤館長が困るわよ」
「加藤館長は困らないよ。笑ってくれるよ」
「そんな、不謹慎に笑うわけないじゃない」
「俺が書いたことに、苦笑してくれるって、こと」
「困った人だって、苦笑するのよ。若い人を困らせちゃ駄目ッ」
「最高師範だから、まあいいかって、そういう苦笑だよ」
「あなたの言動で困る人がいるのッ。すぐ自分の都合のいいように解釈するんだから」
「・・・・・・・・・」
「安倍さんもオカシイかも知れないけど、あなたも相当オカシイ!」
「あの・・・俺はオカシイじゃなくて、狂ってるの・・・!」
「狂ってるって、またまた吉田松陰の話に持ち込みたくてそんなこと」
「またまたで悪かったな。そもそも吉田松陰がいうところの狂えとはッ・・・なに、急に立って・・・?」
妻は無言で立ち上がると、食器を片付けようと台所に向かった。
「あのさ、聞いて・・・」
妻は食器を洗いながら、
「聞いてる」
「聞いてない。ガチャガチャジャージャー、洗うのやめろよ」
「聞いてるから、続けて」
「(大声で)松陰のいう狂えとはッ。情熱と覚悟を持って、常識を壊し、正しい信念で行動しろ、というごく普通のことなんだッ!」
「静かに話して、聞こえてるから」
妻は洗いものをやめてくれた。
「あのね・・・俺はごく普通のことを言ってるの。早く国民一人に10万の現金を届けろって、そうしないと自殺者が出るぞって」
「私も飲む」
妻が食卓に戻ってきたので、
「いいねッ、喜んでッ」
小生は妻にビールを注いでやり、「乾杯」とグラスを合わせた。
「それで、安倍さんのどこがオカシイの?」
「一度、国民全員に現金10万円の一律給付の話があったよな」
「あった。それがいいと思った」
「安倍さんは、私のような国会議員の収入に影響はありません、って言ったんだよ」
「あれは、遠慮していったんじゃないの」
「その意味合いもあるだろうさ。でも10万円貰って喜ぶ国会議員がいると思うかい?」
「いない、と思う」
「だったら、国会議員には給付しなくて、全国民に給付すればいいんだよ。年収の高い人は、来年の確定申告で、その分を課税すればいいんだよ」
「そうよね」
「それを安倍さんはやらないで、一世帯に30万円で押し通す」
「30万円はいいんじゃないの?」
「給付する対象は物凄く狭くて、ほとんどの国民に届かない」
「届かないなら意味ないわね」
「届いたとしても子だくさんの10人家族なんかは1人につき3万しかないんだぞ」
「それ、かわいそう」
「かわいそうなんだよ。早く一律10万をみんなに届けるんだよ」
「我が家も助かるよね」
「それを安倍さんはやらないんだよ」
「安倍さん、オカシイ」
「・・・・・・・・・」
「どうしたの?・・・急に、顔、歪んでる」
「嬉しいんだよッ。よし、乾杯しよう!」
「さっき、したじゃない」
「今度は、焼酎で乾杯するんだよ。次は日本酒、次はハイボール」
「はいはい」
二人で感染終息へ向けて「乾杯」とグラスを合わせた!

しかし、明日もまた・・・、
国政について、意見が食い違い、夫婦喧嘩となるのであろう・・・。

コロナのお陰で、
我々夫婦は日々、国や世界情勢について語り合うようになった!
そのような意味からも・・・、
コロナは、我々夫婦にとって良き敵(とも)となっている!





posted by 井上誠吾 at 19:43| 日記

2020年04月11日

コロナは我々の敵(とも)となる!  そのF 東京都職員たちに告ぐ!




昨夜、東京都の職員が歌舞伎町で、
「まっすぐ帰宅してください」
と行き交う人々にメガホンで呼びかけたらしい。

間近でやられた飲食店側からすると、
「ここまで直接的に営業妨害をしてくるかな」
と不快な思いをしたのではないだろうか・・・。

小生の若い頃、歌舞伎町は庭のようなものだった。
アルバイトをして糊口を凌いだ街であり、
安い飲食で世話してくれた店主や先輩たちがいる街であった。

もう店主や先輩たちは亡くなっているが、もし存命していて、
「まっすぐ帰宅してください」
と都職員たちに間近でやられたら、どう思うであろうか・・・。

あの街には、昔も今も、
日銭を稼ぐために働くホステスやボーイたちがいる。
ホステスの中には、幼い子供がいて、その子供を預ける場所に難儀しながら働いており、やがて、その子供たちが貧困格差に陥っていく現状がある!

そんな彼らを守るのが都職員の仕事ではないのか!

今、小生の頭の中に、二人の゛元都職員゛の顔が浮かんできた。

一人は、小説家となった童門冬二氏。
都職員から、小説家となり、吉田松陰や高杉晋作や河合継之助を描いた本を著している。
その歴史上の主人公たちに魅せられ購読したが・・・正直言って、作風には、それほど魅力を感じなかった。
しかし、物書きとして、人物を見る゛純粋さと道義心゛には大いに共鳴し、童門氏の書いた本は10冊以上ほど購読している。

二人目は、まさに時の人、北海道知事の鈴木直道氏。
都職員から、夕張市に派遣され、夕張を再生すべく市長選に挑み、給与の70%カットの市長となり、その後、北海道知事となった。
小生は夕張市長選に挑んだ頃から、この方が持つ゛困っている人々への献身゛を感じて、尊敬の念を深く抱いていた。

このお二人のように、元都職員には素晴しい方がおられるのに・・・、
昨夜の面々は、何のために仕事をし、何のために生きているのか・・・?

歌舞伎町には、そこでしか働けない゛社会的弱者゛もいる。

都職員は、゛営業妨害゛をするのであれば、
鈴木直道氏が夕張市長に就任した時に倣って、
「自分たちの給与を70%カットして、皆さんに休業補償します」
と誓約書を提示した上で、
「まっすぐ帰宅してください」
と人々に呼びかけるくらいの誠実さを見せてほしい!

小池さん、そして安倍さん、
困窮している人々が自殺に走る前に、早急に補償の現実化を!

もしかすると・・・、
このコロナ騒ぎの中で、
権力者たちの゛メッキが剥げる゛ことになるかも知れない・・・!





posted by 井上誠吾 at 10:25| 日記

2020年04月08日

コロナは我々の敵(とも)となる!  そのE  遂に緊急事態宣言!



コロナウィルスは、
天か、神か、仏か、宇宙か、
いずれかが‶大きな試練‶を地球人に与えたのではなかろうか・・・。

‶゛大きな試練゛と書いたが、
不謹慎を承知の上で個人的には゛実は軽い試練゛だと思っている!

世界的を不安に陥れている、医療崩壊も、パンデミックも
実は、コロナではなく、
「愚かな人間が自ら起こしている」
と小生は思っている!

以下、パソコン苦手な小生が
勤務医開業つれづれ日記・3
という素晴しいブログに辿り着いた!

このところ、コロナの件でパソコンを開くことが多く、自分でも驚くほど上達している!
コロナは小生にとって、まさに、我が良き敵(とも)である!

以下、勤務医の日記、のデータを見ていただきたい。
学術論文のようなものなので、
文章が苦手な人は、以下のデータは飛ばし読みして、最後に勤務医の結論を載せているので、そこを是非とも読んでほしい。


致死率について。
ここに勤務医が表した棒グラフをコピーして移したのだが、なせだか消えてしまう。
こういうパソコン操作は、自分でも驚くほど上達しない。
以下、小生が棒グラフ代わりに罫線で示してみた。

新型コロナとSARSの比較
SARSの致死率       ────────────────────
新型コロナの致死率 ─────
※ SARSの致死率のほうが4倍高い。

新型コロナとエボラ出血熱とSARSの比較
エボラ出血熱の致死率 ────────────────────
SARSの致死率     ───      
新型コロナの致死率 ─

季節性インフルと2009年の新型インフルと新型コロナの患者数
季節性インフルの患者数  ────────────────────
新型インフル2009の患者数 ─── 
新型コロナの患者数 ─  
※新型ウィルス2009年は、日本国内で200人の死亡者を出した。

季節性インフルと新型ウィルス2009と新型コロナの患者数
季節性インフル患者数   ────────────────────
新型ウィルス2009患者数 ─── 
新型コロナ患者数     ・(線で書けないほど少ない) 
※新型コロナウイルスより圧倒的に季節性インフルが多い。


以上、勤務医が書いた、
関連文献を収集された学術論文のようなブログの一部である。

ちなみに、勤務医の結論として、以下を書いておられる。
「20代の人々は病気を簡単にまん延させる可能性があるため、イタリアは他の学校に加えてすべての大学を閉鎖しました」
「私たちの時系列分析によると、日本で実施された学校の閉鎖は、新型コロナウイルス感染症の伝播を緩和する有効性は示されませんでした」
と・・・!

小生は思う。
大学の閉鎖はともあれ、
小・中・高の学校まで閉鎖する必要はあったのだろうか・・・と!

ともあれ、過剰な不安こそが敵となる!
出口のないトンネルはない!
懸命に頑張ってくれている医療関係の人々に感謝し、
必ず良くなると信じて、日々を明るく過ごすことが゛良薬゛だ!

そのFへと続く。





posted by 井上誠吾 at 09:58| 日記

2020年04月02日

コロナは我々の敵(とも)となる!  そのD 子供たちを学校に行かせたい!




前回の続きを、昨日(4/1)書こうと思ったが・・・、
何から書いてよいものやら、迷ってしまった。

妻は、前回のブログを読んだあと、
「言葉はやわらかくなったけど・・・」
「なったけど・・・何?」
「内容は変わっていない」
と言葉はやわらかくなったけど、手厳しい一撃を小生に加えた!

平行線は続くよ、とこまでも・・・!

ところで、コロナウィルスと交通事故の死亡率を比較すると、

日本のコロナウィルス感染者の死亡率(今年3/9のWHОデータ)
1、4%
日本の交通事故遭遇者の死亡率(2019年の警察庁データ)
2.54% 

コロナよりも交通事故の死亡率のほうが高い。
しかも、高齢者の交通事故死が半数以上に達している。

高齢者の運転する車が‶蔓延゛するように走っているが、
「死亡率が高い」
との理由で道路が封鎖されることはない。

世界の交通事故の死者数は、年間で130万人。
世界のコロナの死者数は、4/1現在で4万3千人

この数字・・・どう見るか・・・。
小生は、コロナへの過剰な不安が、さらなる不安を生み出していることに危惧するばかりである!

交通事故と同じように、コロナの死者数も高齢者が圧倒的に多い。
ここは、なんとしても最優先すべき対策は、高齢者の重篤化と感染予防である、と力説したい!

何らかの疾患で入院している高齢者には、
‶本人の理解を得て、隔離施設へと移って貰う‶

何らかの疾患で自宅療養している高齢者には、
‶子供や孫への濃厚接触をしないため手引書を渡し実行して貰う‶

何も疾患がない健康な高齢者には、
‶日常生活の中で感染しないよう手引書を渡し実行して貰う

こうして高齢者への対策を徹底し、死者数が軽減していくならば、
学校を臨時休校にする必要はなくなってくる!
そもそもが、子供の感染率は低い、ということなのだから・・・!

みんなで協力しあって、
高齢者をコロナから守り、子供たちを学校へ行かせよう!

子供たちに、運動してもらい、勉強してもらい、
何の心配もさせず、何の不安も抱かせず、
心身ともに、明るく健康に成長してもらおう!


これを読んだ妻がぼそりと、
「なんとなく、高齢者への偏見が感じられる」
「偏見なんか一切ないよッ」
またもや平行線。

そのEへと続く。
(もう高齢者も安倍さんも小池さんも出て来ない。読む人に元気や希望が湧くようなことを書きたい、と思っている)




posted by 井上誠吾 at 16:32| 日記