2020年05月26日

アメリカと中国が対立!




コロナ禍で、アメリカと中国の対立が激化している!

武道家にあらずとも、
「和をもって貴しとなす」
「武は戈(ほこ)を止める」
この二つは、広く知られているところであろう。

日本人は、上記の金言を活かすべき時代に突入した、と痛感している!

さて、坂本龍馬ならば・・・、
アメリカ人記者と安倍さんのやり取りをどう受け取るだろうか?

「日本は、アメリカか中国、どっち側につくのでしょうか?」
アメリカ人記者からの質問に、安倍さんは、
「アメリカは日本にとって同盟国であるから、共に国際的な課題に取り組んでいきたい」
さらに言葉を繋いで、
「中国も、経済的に重要な国であるから、世界の平和や繁栄に責任ある対応を期待したい」
と語った。

小生は思った。

坂本龍馬なら、
「アメリカだ、中国だ、と喧嘩している場合じゃないぜよォ〜」
と言って、人懐こい顔で、両国の言い分を聞いて手を組ませるであろう。

これは、残念だが、
小生が大尊敬する吉田松陰でさえもできないし、
松陰門下で龍馬と似たような性格の高杉晋作にもできないであろう。

吉田松陰なら、アメリカも中国も舌鋒鋭く切り捨てるだろうし、
高杉晋作なら、アメリカも中国も豪胆に叱り飛ばすであろう。
特に、二人とも″中国に対しては完膚無きまでに論破″するだろう。

しかし、坂本龍馬は違う。
弱さも強さも体験し、温和で大らかな人柄だったゆえに、
敵対する薩摩と長州を調停し、奇跡の薩長同盟、を成し遂げたのだ。

先駆者の吉田松陰も必要、
実践者の高杉晋作も必要、
そして、稀代の調停者の坂本龍馬も必要なのである!

小生思う、人は個々の役目を持って生まれてきている、と!

その一つに、民意を政治に反映させる、という我々の役目がある。

「和をもって貴しとなす」
「武は戈(ほこ)を止める」

今、この金言を民意として、政治に反映させる時が来ている!







posted by 井上誠吾 at 21:50| 日記

2020年05月18日

人々の善意に触れ・・・。



昨日のオンライン稽古は素晴しかった!
道場生の姿が垣間見られ、思わず、微笑んでいた!

そこには、
加藤館長・加藤本部長・K汰初段、M澤氏たちの善意と、
それに応えようとする道場生たちの前向きな情熱が感じられた。

そして・・・、
昨夜、テレビを見ていて・・・、
これもまた、思わず、人々の善意に目頭が熱くなった。

大阪の医療現場で防護服が不足し、
「雨カッパを防護服の代わりにして、治療にあたっている」
との窮状を放送したらしい。

すると、
日本国内の、個人や会社から、大量の雨カッパが届き、
さらに、親日国の台湾の医師は世界各国の友人たちに呼びかけた。
結果、大量の雨ガッパが大阪市に届いた。

それらはすぐに医療現場に送られ、
「コロナ治療で活用させて貰っています」
と感謝する医療現場の人々の様子が放送されていた。

善意の輪が、個人、会社、国境を越えて広がっていったのだ!

雨ガッパで奮闘する医療関係者の姿にも、
雨ガッパが役に立つのならと届ける人々の姿にも、
大きく胸を打たれるものがあった!

そこには、人々の‶おもいやり‶や‶優しさ‶や感謝‶が溢れていた。

日頃から妻に、
「テレビは不安を煽るばかり、見るもんじゃないよ」
という小生ゆえ、何とか込み上げてくる感情に耐えようとしたが・・・、
横で、妻もさり気なく目頭を押さえていた。

不安を煽るのではなく、昨夜のような報道番組なら大歓迎である!

コロナは人々に対して、
‶不安や恐怖‶を与えている。
しかし、その反面、
‶おもいやり‶や‶優しさ‶や‶感謝‶の大切さを気付かせようとしている。

実は、‶不安や恐怖‶を蔓延させているのは、コロナではない!

それは・・・、
報道機関であり、政府機関である!

誠真会館の各指導員・各道場生は、
ますます、‶おもいやり‶や‶優しさ‶や‶感謝‶の人、であってほしい!





posted by 井上誠吾 at 10:31| 日記

2020年05月01日

政治家は英断を!




妻とは相変わらず、コロナ論争をしているが・・・、
「仲がいいんですね。ごちそうさまです」
との感想を届けて来た人がいた。

爽やかな若夫婦じゃあるまいし、70才を前にした老夫婦・・・まぁ、小生も妻も‶老夫婦‶との認識は薄いが・・・、
ともあれ、世間的には老夫婦に入るであろう二人が、ノロケ話になるような喧嘩などする筈がない。

無論、上記の人も分かった上での感想であることはいうまでもなく・・・。

以下、ノロケ話ではないが、妻から、
「テレビで言ってたけど」
「もうテレビ見るなって、脳をやられるぞ」
「橋下徹さんが、あなたと同じような話をしてた」
「ほんと?…なんて番組?」
「テレビ見たいの?」
「そうじゃなくて、いくら橋下さんでも、局とか、国の意向に沿った発言をしないと、放送はされない、と思ったからだよ」
「表現は知的で理論的で、あなたと似たようなこと言ってるけど、感情を剥き出しにしていなかった」
「・・・・・・・・・」

橋下徹さんが、何を言ったか知らないが・・・、
政府は緊急事態宣言の延長に向けて動き出した。
とんでもない、呆れた政権である!

せめて、今までブログで書いてきた要点を、
五分の魂、として書き記し、これをご覧の皆さんに訴えたい。

➀学校を再開する。
 その理由・子供たちの感染死者は0人である。子供たちから、登校の自由、行動の自由、を奪ってはならない。

A経済活動を再開させる。
 その理由・働き盛りの世代はコロナ死亡率が圧倒的に低い。このまま経済が止まると感染者より自殺者が多くなる。

B緊急政策で、高齢者や疾患のある人々を管理・保護・隔離する。
 その理由・高齢者の死亡率が圧倒的に高い。高齢者の人権を守りつつ行動を管理、感染が見られたら保護、重篤化したら隔離する。

C感染者数の重視より、死亡者数を重視、ガン患者等も救命する。
 その理由・コロナ死者より、ガン患者・インフル・肺炎の死者のほうが圧倒的に多いのに、コロナ優先で、ガン患者や救急患者の手術が延期されている。

D国会議員の報酬を50%カット、国民には80%の収入補償。
 その理由・政治責任で国民を守る。財源は国債を発行する(国債は政府の借金であり、国民の借金ではない)。

まだあるが・・・概ね、これである。
そろそろ、国民が怒りの声を上げなければ、政府は変わらない!

皆さんは、どう思われるであろうか・・・?






posted by 井上誠吾 at 20:44| 日記