2021年08月20日

恩師・千葉真一さん逝く



小生の人生の中で・・・、
今年が、このような年になるとは・・・!

亀石征一郎さん、本郷直樹さん、に続いて、
千葉真一さんが亡くなった。

昨日、関根大学から連絡があり、
「なんで、コロナなんだよッ、千葉さんッ!」
と思わず叫んでしまった。

千葉さんは90才過ぎまでは生きる!
そう信じていた。

昨年12月のある夜。
千葉さんと関根大学ら旧JACメンバー数人が飲んでいた時、
「誠吾とか、春田(純一)とも飲みたいな」
と言っていたらしい。

そこで、大学が小生に電話を掛けてきて、
「誠吾さんと話したい、という人がいるので、代わります」
と電話に出たのが千葉さんだった。
「えっ、千葉さんですか?」
「えっ、誠吾か?」
と互いに、大学の機転と言うか、不意打ちと言うか、サプライズと言うか・・・(大学の奴)・・・と思いながら話を進めていくと、
「誠吾、飲もう。今から君津に来いよ」
「君津ですか?!・・・行きたいですけど、自分が行った時には千葉さんは眠くなってるでしょうから、またの機会に」
と断ると、
「そうだな。また近いうちに会おう!」
と元気な声が返ってきた。

それが千葉さんとの最後の会話になろうとは・・・!

同様の会話が春田純一とも交わされた、と大学から聞いている。

その大学が寂しげな声で、
「石橋(雅史)先生は亡くなるし、亀石さんは亡くなるし、本郷さんは亡くなるし、山岡(淳二・アクション監督)さんは亡くなるし、須田(正己・妖怪ウオッチのキャラクターデザイナー)さんは亡くなるし・・・」
と呟いた。

みんな亡くなる前に酒を酌み交わした仲であり、
小生と関根大学の人生において、いろいろと影響を受けた人々であった。

小生のような年になると、周りがどんどん他界していくが・・・、
とうとう、千葉さんまでもが・・・!

誠真会館の‶誠真‶、
‶誠‶は井上誠吾の‶誠‶であり、
‶真‶は千葉真一の‶真‶である。

15年前・・・。
千葉さんは誠真会館の創立を応援してくれた。

当時、杉並道場という小さな道場が一つしかないのに、
「これから青少年育成を掲げて、日本全国に道場を広めますから、私は館長を名乗ります。千葉さんは総裁ということでお願いします」
と小生が夢を語ると、
千葉さんは本気でその夢に付き合ってくれた。

しかし、やんちゃな‶千葉ちゃん‶は、
知人を殴打する、という事件を起こしてしまい、テレビや週刊誌で報道された。
小生のところにもテレビ取材(ТBSとテレビ朝日)がきたので、
「千葉さんは空手家です。人を殴る筈がない」
と擁護し、それが放送された。

その夜、千葉さんから電話が入り、
「誠吾、迷惑をかけたな」
と誠真会館の総裁を辞職する旨を話された。

数日後、小生に辞表が届いた。
筆文字で「井上誠吾館長殿 迷惑をかけて、申し訳ありません」との何ともバカ丁寧な文言が綴られてあった。
弟子である小生に、このようなことを書く必要はないのに・・・。
と思いながら、受け取った。

それでも、何か事があるたびに、千葉さんと会っては酒を酌み交わした。

会えば、話は尽きなかった。
40年〜50年前、千葉さんが主演した空手映画の話(小生は端役ですべての作品に出演)は勿論のこと、
テレビや舞台、さらには時事問題と、多岐に渡って話が盛り上がっていき・・・、
実に楽しい酒であった。




千葉真一さん・・・。
誠真会館の‶総裁‶を引き受けられた時、
「誠吾の言う通り、青少年育成が大事なんだよ。お前さんならできる」
との言葉を頂戴したこと、今も強くこの胸に残っています。

小生は館長職を引退しましたが、
あの創立時の「青少年育成の使命」は、
加藤館長や幹部指導者たちが受け継いでくれています。

千葉さん、
誠真会館は、あなたが残した数多くの作品の一つです。

哀悼と感謝の意を込めて、押忍!




『グローバル化を信奉する輩共』は次回に。








posted by 井上誠吾 at 10:46| 日記

2021年08月11日

財務省の優秀な高官の弱み 後篇



またしてもナガクなってしまったが・・・、
今、日本が抱えている大問題なので、最後まで一読願いたい。

かつて民主党は「コンクリートから人へ」の政策を打ち出した。
あの時、小生が大いに賛成したのは、以下の八項目。

@ 子ども手当・子供一人に24,000円を支給
A 高速道路無料化
B ガソリン税廃止
C 最低年金保障
D 消費税は増税しない
  ─── 〇 ─── 〇 ───
E 官僚の天下りの禁止
F 政治とカネ問題の解決
G 議員定数・議員歳費の見直し

他にも、非現実的な公約もあったが・・・、
それは叶わないだろ、と見て、この八項目には期待が膨らんだ。

しかし、ご存じの通り、何一つ実現しなかった。

@〜Dに関して、
財源は、
「補正予算も加えて100兆円ある」
と言っていたのが、実はなかった。

予算がないなら、
「今まで通り国債発行すべきでは・・・」
と素朴に思った。

緊縮財政で、
「コンクリートから人へ」
と予算を削る事ばかりしてきたので、さらに経済が落ち込んだ。

ちなみに‶人へ‶というテーマは良いのだが、
予算を削ることで‶人の生活‶まで厳しくしてしまった。

余談だが、民主党政権で医療研究予算などを削らなければ、
今頃は、新型コロナの国産ワクチンが開発されており、日本は独自でワクチン対応できた可能性もある。
さらに、それを海外に格安で提供すれば、多くの後進国の人々の命が救われた筈、と小生は思っている。

ともあれ、
@〜Dの、子ども手当・高速道路無料化・ガソリン税廃止・最低年金保障・消費税は増税なし、
は、すべて国債発行で解決できる!

E〜Gの、官僚の天下りの禁止・政治とカネ問題の解決・議員定数や議員歳費の見直し、
に関しては、
民主党の体たらくで、安倍政権の長期化を許した上に、
権腐十年(権力の座に十年もいれば腐る)、
を実現させてしまった。

その権腐は、菅政権に受け継がれている。
現政権のコロナ対策を見ても分かるように、このままでは日本は衰退の一途を辿るであろう。

ゆえに、
日本は、今こそ、国債を発行すべきなのである!
国の借金は国民の資産となるのだ。

西欧諸国では、
教育、文化、社会保障財源は国債発行で賄って来た。
その負担率は日本と西欧諸国は違いがないのに、
日本では、教育、文化、社会保障財源は税収の中でしか認められていない。

なぜ、戦後、GHQはこのような事を押し付けたのか?

それは、戦時中の日本は国債を大量に発行し、戦い続けた。
あの戦力を二度と持たせないよう、
財源を削ぎ落とす目的で、財政法4条で「国債発行を禁じた」のである。

日本は、財力を持つと戦争に走るのか?!
果たして、そのような野蛮な国民性なのであろうか?

そうではない!
むしろ、現在の日本は戦う牙を抜かれており、
核を持つ近隣諸国に怯え、
北方領土、竹島、尖閣、と数々の外交問題に対して、
何も反論できずに傍観しているだけではないか。

戦争は絶対にしてはならない!

その代わり、国力・財力・防衛力、そして外交力を持たねばならない。
そこで必要なのが、財源である。
しかし、
このままでは財力を削がれてしまい、領土も取られてしまい、
やがて、日本は中国に飲み込まれてしまうであろう。

それなのに、戦後の財務省(旧大蔵省)のエリート高官たちは、
「財政緊縮」「国債発行をしない」
というGHQ政策を金科玉条のごとく守ってきた。

そして、困ったことに・・・、
財務省で出世するのは「緊縮財政派」である。
その‶血脈‶は先輩から後輩へと続けられ、それに反する者は出世の道を断たれ、意見さえも言えなくなる。

出世した財務省のキャリア官僚のほとんどが、
退職後、日本の超一流企業に天下りしているのは周知の事実。
その‶癒着‶の流れもしっかりと後輩に受け継がれている。

そもそも彼らには、選挙がない。
官僚の先輩たちの顔色を窺っておけば、安泰なのである。

小生は、このブログで何回が書いてきた
「権腐十年──権力は十年もすると腐敗する」
という格言が大事であり、
小生自身、65才で館長を引退した理由は、そこにある。

人は往々にして、己れの保身や利益に走ってしまう。
安倍然り、菅然り、そして優秀な官僚然り、
権力の座に長く居座ると、どうしても腐敗してくるのである。

彼らは「権腐十年」と言う言葉を知っている筈だが・・・、
己れの‶人間らしい生き方‶というところまでは、昇華させようとしない。

頭は良いが、未熟で人徳のない人間が采配を振るっているのが、今の日本だ。

学校の成績が良い、というだけで、
国を動かす立場にまで出世したものの、
国民のことなどは、まったく考えることなく、
上級国民としての‶自分たちの保身と利益‶に走っているのである。

ゆえに、
「優秀な高官の弱み」
とは、
‶愚劣な人間のエゴ‶
と変換できる。

しかし、日本という国は必ず良くなる、と小生は信じている!
そのためには、
「国債発行と消費税ゼロ」
の国策が必要だ。

その必要性を多くの人々に知って貰いたく、
少しでも啓蒙の一助になればと、このブログを書いている。



よくぞ最後まで読んでいただいた。感謝の極みである!

次回は、
またしても今回書き残した項目、
『グローバル化を信奉する輩共』
を書かせていただく。
日本が必ず良くなる、ことを信じて・・・!






posted by 井上誠吾 at 11:41| 日記

2021年08月04日

追悼 歌手・本郷直樹さん




亀石征一郎さんに続き、歌手の本郷直樹さんが亡くなった。

誠真会館赤羽道場の責任者・関根大学が‶兄弟‶のように付き合ってきたのが、本郷直樹さんである。

小生が、昨年の夏、『本郷直樹を囲む会』に参加した時には、尿毒症と戦いながらも素晴らしい歌声を披露してくれていた。

本郷さんと知り合ったのは、今から40年以上前。
関根大学の兄・関根勇さんが経営する伝説のホストクラブ『夜の帝王』であった。
その店の芸能部長が本郷直樹さん、芸能次長が関根大学。

すでに本郷さんは『燃える恋人』で歌手デビューし、俳優としても活躍していた。
しかし、デビュー前から世話になっていた関根勇社長に恩を返そうと、芸能部長として、時間を作っては駆けつけていた。

ちなみに本郷さんはバーニングプロ第一号歌手で、
バーニングの周防郁雄社長に本郷さんを引き合わせたのが関根勇社長である。

硬派・関根勇社長が経営する『夜の帝王』は、
ホストクラブなのに数多くの男性芸能人が常連客として楽しんでいた。

関根勇社長がオジキと敬う歌謡界の御大・村田英雄さん。
アニキと慕う菅原文太さん。
タケちゃんと親しむビートたけしさん。
鶴太郎と呼び捨てて可愛がる片岡鶴太郎さん。

そんな中、小生や大葉健二たちは関根大学の紹介で、行けば無料で飲ませてくれ、時には、菅原文太さんからは小遣い銭まで頂いていた。

昨年の夏、本郷さんと会って、
酒を酌み交わしながら、当時の懐かしい昔話に花が咲いた。

先日の8月1日も、
関根勇社長の音頭で、本郷さんを囲んで、盛り上がったらしい。
本郷さんは体調が良くなかったものの、
デビュー曲『燃える恋人』など3曲を歌い、
変わらぬ歌唱力に皆を驚かせ、楽しませたようである。

その翌日の2日、本郷さんが急逝したとの報せが届き、
本郷さんの‶恩人‶関根勇社長と、本郷さんの‶弟分‶関根大学は号泣した。

関根大学は、
「病気の身でありながら、死ぬ前日まで、みんなを楽しませ、前向きに生きようとする姿に頭が下がりました」
と小生に語ってくれた。

本郷直樹さん、
小生も関根大学も、やがて、そちらへ行きますので、また素晴らしい歌声を聞かせてください。
それまでは、本郷さんが病気と戦いながらも、明るく前向きに生きられたように、我々も本郷さんを見倣って生きていきます!


『財務省の優秀な高官の弱み』 後篇  は次回に!








posted by 井上誠吾 at 12:10| 日記

2021年08月02日

財務省の優秀な高官の弱み 前編



相当にナガクなったので、前編・後編に分けることにした。

コロナ後の日本の盛衰に関わる事を書いているので、
どうか皆さん、前編・後編、と最後まで読んで頂きたい!

エリート高官の弱みとは、
「人間として未熟であり、人徳が備わっていない」
ということである。

「優秀なエリート高官なんだから、そんなことはないだろう」
と思われる御仁もおられるかと・・・、
しかし、
池袋暴走事故を思い起こして頂きたい。

母と娘、2人の命を奪い、7人が重軽傷者を出した大惨事。
90才の被告は、東大卒の元エリート高官である。

事件後「上級国民だから逮捕はされない」と言われ続けてきた。
その通り、一度も留置場に入ることなく、都内の自宅で過ごしている。

交通事故の中には、
事故発生から最高裁の判決まで、14年もかかった裁判もある。
おそらく、90才の被告は、無罪を主張し続け、高齢を理由に逮捕を免れるのであろう。

被害者の遺族は、
「被告がどんな刑事罰を受けようとも、2人は戻ってきません。せめて反省はしてほしい」
と被告に対して述べている。
しかし、90才になる元エリート高官は、
遺族に対して、誠実な謝罪をすることなく、心からの反省も拒絶している。

高齢ゆえに逮捕・収監の問題はあるだろうが、
人として、大切なのは、
‶遺族への心からの謝罪と自己の深い反省‶
なのだ。
元エリート高官で、頭も良い筈なのに、それができない。
まさに「人間として未熟であり、人徳が備わっていない」のだ。

7月5日のブログで、エジソンについて───、
「偉大な科学者は、非社交的で、自分の世界をもち、懐疑的、批判的、である傾向が強い」
との研究資料がある。
大天才・エジソンですら、自分が発明した直流送電に拘るという‶プライド‶に走り、交流送電を成功させたテスラを認めず、卑劣なキャンペーンでテスラを陥れようとした。
───と書いた。

かのエジソンでさえ、我見を通す、という残念なところがある。
ましてや、エジソンの足元にも及ばない日本のエリート高官などは「人間として未熟、人徳などは皆無!」なのである。

なぜ、そうなってしまったか?
理由は二つある。

一つ目は、財政法。
二つ目は、グローバル化を信奉する輩共。

先ずは、一つ目の財政法について。
戦後、日本国憲法はGHQの占領目的を遂げるために制定された。
それと同時に、
「日本が2度と戦争できないよう弱体化を企図」
したのが財政法である。

特に、財政法4条は、
「国による国債の発行は原則として禁止。しかし、公共事業や財源のみ例外的に認める」
となっている。
具体的には、建設国債や復興債、は認められるが、
教育、文化、福祉など、社会保障財源を国債で賄うことは禁じられている。

ならば、財源確保のために、高度経済成長期のように公共事業に国債を充てるべきである。

日本は、地震・台風・河川の氾濫・土砂崩れ、
そして、老朽化する首都高はじめ、全国の高速道路の補修工事、
さらには全国の自治体の水道事業への投資、ガス・電気のインフラ設備、インターネット等の通信設備、
これらの公共事業に国債を充てれば、景気はV字回復し、その税収を、教育、文化、福祉などの社会保障に回せるのである。

忘れてはならない。最後に介護サービスへの投資もあった。

今、日本には、外資系買収ファンドが入り込み、
介護サービスを手がける企業を次々と傘下に収めている。
とんでもないことである。

老人介護の経営を、外国に任せて、否、奪われてもよいのか!

もう、この国の政治家たちは、売国奴としか思えないほど、未熟で人徳がない!

次回の後編では、その辺のところも含めながら、
2つ目の、グローバル化を信奉する輩共。
を書き上げたいと思っている。

最後まで、読んで頂き、感謝の極みである。
共に、コロナ後の日本を良くしていきましょう!






posted by 井上誠吾 at 13:15| 日記