2021年09月07日

追悼・澤井信一郎監督



先日、69才になった。
しかし、この年になると・・・、
これほど、周りで亡くなっていく人が続出してくるものなのか・・・!

澤井信一郎監督が亡くなった。

松田聖子主演の映画『野菊の墓(1981年)』
薬師丸ひろ子主演の映画『Wの悲劇(1984年)』
の大ヒット映画作品を監督した方である。

小生はテレビの『宇宙刑事シャイダー』で仕事をさせて貰った。

澤井監督の映画『Wの悲劇』の公開直後だったと記憶している。
アイドル女優の薬師丸ひろ子の体当たりの演技と、
ベテラン女優の三田佳子の群を抜く演技が素晴しかった!

その映画を観たあと、
『宇宙刑事シャイダー』の‶黒いサンタ‶役でゲスト出演の話が来た。
担当する監督は澤井信一郎監督であった。

大ヒット中の『Wの悲劇』の映画監督が子供番組の演出を?・・・と首を傾げたが、澤井監督は『宇宙刑事シャイダー』のメイン監督と聞かされた。

何とも言えない戸惑いの中で、撮影に挑んだ。
JACの仲間は澤井監督とは何本も仕事をしており、
「優しい監督だから、大丈夫だよ」
と声を掛けてくれた。
それは、問題児の小生でも大丈夫、と気遣っての声援であった。

しかし、撮影に入ると澤井監督から、
「技巧はいいから、内面から吐き出すんだよ」
との鋭い演出が飛んだ。
「吐き出してんだよ。俺は地声が高くて迫力が出ないから、声を低く作っているんだ」
と怒鳴り返したくなったが・・・耐えた。

ムッとしている小生を察した澤井監督は、
「もっと腹から声を出せないかな。作らなくていいんだよ」
と静かな声だが、恐ろしいほどの圧力を駆けてくる。
「作るのが俳優だろ。俺は悪のサンタクロースを作ってんだ」
と思わず反論しそうになったが、
今、大ヒット中の映画『Wの悲劇』の監督が子供番組を演出してくれているんだから、と自分を戒めた。

それでも、澤井監督はぶつぶつ言うので、
「俺は子供番組でゼニクレージーを演じた時は、監督もスタッフも思う存分にやらせてくれた。澤井、てめぇ、小うるさいよッ」
との叫びを懸命に飲み込み、耐えに耐えて、撮影を続けた。
結果、不完全燃焼のまま、最悪の状態で撮影は終わった。

この監督とは、2度とやりたくない、と思った。
否、会いたくない、と思った。

それから、20数年後、会うことになる。

神波史男先生(創立時の誠真会館顧問・映画『火宅の人』で日本アカデミー最優秀脚本賞)の紹介で、澤井監督たちと草野球をすることになった。

小生は神波先生に「澤井監督はいい奴だから」と強引に誘われ、石神井公園の区立野球場で久々の再開をした。
神波先生が「昔JACで役者をやっていて、今は脚本を書きながら、空手の先生をやっている井上君だ」と紹介すると、澤井監督は笑顔で迎えてくれた。

小生は野球はそれほど得意ではないが・・・、
打てばヒット、守ればアウト、にすることから、
「流石、いい動きをするね」
と澤井監督は褒めてくれた。
さらに周りのメンバーからは、
「井上君、毎回きてくれよ」
との声があがった。

それもその筈、この草野球のチーム名は『半身タイカース』といって、
60才以上のお年寄りチームで、小生が一番若かったのである。

『半身タイカース』
‶下半身は退化しているが野球をやるぞ‶
「半身、退化(タイカ)―ス」
との洒落である。
メンバーは東映の監督・脚本家・助監督・製作、等々のОBたちだ。

試合が終わり、酒を飲むのが、年寄りたちの楽しみらしい。
澤井監督は小生が‶黒いサンタ‶を演じたことなど微かな記憶にしかなく、何となく寂しく思ったが・・・澤井監督はじめ先輩たちとの交流は、実に楽しいものであった。

『半身タイカース』の試合に何度か参加した頃、
小生が「この半身タイカースのチーム名が面白い」と南木顕生(脚本家・監督・小生が製作した映画『リトルウィング3月の子供たち』の企画協力者)と話して、
「悩みを抱えた野球好きの老人たちが、悩みを抱えた野球嫌いな若者たちと、野球対決をする話だ。澤井監督に撮って貰ったら、どう?」
と大いに盛り上がった。

やがて、南木は、
「陽が落ちるシャッター通り商店街と陽が昇るイオン(大型商業施設)の野球対決」
として企画書を書き上げた。

小生は、‶シャッター通り商店街‶と‶イオン‶の対立に置き換えた南木のセンスに大喜びして、エールを送った。

しかし、映画化寸前までいったものの・・・、
南木顕生は49才で亡くなり、企画は宙に浮いたままになった。

その映画を撮って貰いたかったのが、澤井監督だが・・・、
その監督も亡くなってしまった。

小生は、あれもこれもやりたいことが山積しているが・・・、
一緒にやろうと思ってきた人々が、次々と黄泉の国へと旅立ってしまう。

今年は特に・・・
亀石征一郎さん・本郷直樹さん・山岡淳二さん・須田正己さん、そして千葉真一さん、続いて澤井信一郎さん、
皆さんの熱い思いを繋いでいくためにも、頑張らねば、と思う。

しかし、
物忘れはするし、小説を書くのは遅いし、人の名前は忘れるし、
やる気だけは先行しているけど、前途多難(汗)!

ま、しかし、亡くなった皆さん方、
「私はやります。70才からが勝負です!」
天国から見ていてください!







posted by 井上誠吾 at 15:39| 日記

2021年09月06日

グローバル化を信奉する輩共




妻が「これ以上、政治については書かないほうがいいわよ。誠真会館という団体がそう思われてしまう」という。

これは、2006年。小生が誠真会館を創立した時からブログを書き続けてきた‶問題‶でもある。
個人としては‶世相を斬りたい‶のであるが、
団体の長としては「いかがなものか・・・」と逡巡してしまう。

ゆえに、ブログのタイトルも二度、三度と変えていき、
『井上誠吾の本音がぽろり』
に行きついたものの、本音の中にある‶辛辣な言葉‶を書き切れず、
当たり障りのない美辞麗句を並べ立てる・・・忸怩たる思い!

「世相をぶった斬る!」が‶本音‶なのだが・・・、
未だに成し得ていないのが、現実。

そこで、
妻は勿論、加藤館長はじめ誠真会館の幹部の面々にも、
すでに、困った人間、だと思われていることに甘えて、
‶ぶった斬る‶まではいかないが、
‶ぶっ叩く‶くらいは書かせていただく(ごめん)!

「やっぱり書くんだぁ」との妻の溜め息が聞こえてきそうだが・・・、
ブログをご覧の方々には、どうか最後まで読んていただきたい。



さて、20年前の小泉政権下──、
経済財政政策担当大臣として、民間から竹中平蔵氏が就任した。
以来、竹中氏は政府の諮問機関のメンバーとして、
国家予算に大きな影響を与えてきたのは周知の事実である。

その竹中氏が会長を務めるパソナがオリンピックにも介入した。

大会運営スタッフの準備業務ディレクターには、
管理費・経費を含めると日当42万円。
それをパソナが一般に募集をかけて、日当約1万2000円。
なんと、中抜き率は95%を超える。

分科会の尾身茂会長が五輪開催について、
「普通はない」と反対した際、
竹中氏は「分科会がオリンピックを決めるわけじゃない。明らかに越権」と反論し、さらに、五輪開催反対の世論に対しても、
「世論は間違ってます。世論はしょっちゅう間違ってますから」
と持論を述べた。

コロナ禍で、パソナの利益が前年の10倍以上になっている。
いったい、誰が間違っている、というのであろうか・・・。

竹中氏は『朝まで生テレビ』に出演した際、
「正社員をなくせばいい」と発言して問題となった。
経済学者でありながら、
「正社員を切ると、派遣や非正規が増え、雇用不安定になる」
と素人でも分かることが、分からないのである。

竹中氏は「今だけ、金だけ、自分だけ」とよく言われるところの強欲資本主義者なのだ。

このブログでは、
「エジソンでさえ、我見を通す、という残念なところがある。
ましてや、エジソンの足元にも及ばない日本のエリート高官などは、人間として未熟、人徳などは皆無!
学校の成績が良い、というだけで、
国を動かす立場にまで出世したものの、
国民のことなどは、まったく考えることなく、
上級国民としての‶自分たちの保身と利益‶に走っている」
と、書いてきた。

まさに、竹中氏が、それである!

政府の中枢に入り込んでいるのは、竹中氏だけではない。
国内の経営者・経済学者だけではく、海外からも数多くの魑魅魍魎どもが入り込んでいる。

その一例が、郵便局で販売されているアフラックのがん保険だ。
「郵便局でアメリカの保険が、なぜ販売されている?」
との疑問を持った人は多いのではないだろうか。
それは──、
アメリカ人のアフラック会長が、日本郵政の社外取締役に就き、
日本政府が「アフラックのがん保険を売らせる」という売国的な譲歩をしたからである。

郵便局だけではない。
アメリカの投資銀行・ゴールドマン・サックスが日本での銀行業の免許を取得した。
これは、菅政権の中小企業淘汰政策に便乗したものだ。
中小企業成長促進法として、M&A推進政策が取られ、
「中小企業の再編」
という名のもとで、ゴールドマン・サックスが日本各地の優良中小企業を食い散らかすことになるであろう。

郵便局や銀行だけではない。
本来は自治体が行うべき水道事業も海外からの参入が進められている。
「コンセッション方式」
という民間企業が経営主体となるため、
採算や利益を重視し、水の安全性が低下する危険性があり、水道料金の値上げが予想される。

「世界と共に生きていく」
とのグローバルな視点は素晴しい。
しかし、
そこに‶公正・公平さ‶は感じられず、不平等なことばかりが見えてくる。

このようなことが、社会や学校教育のオンライン化・ネットワークのインフラ化・医薬品や医療機器・等々、様々な分野にまで及んでいる。

昔、近江商人は、
「売り手よし、買い手よし、世間よし」
の三方よしで「社会に貢献できてこそ、よい商売」とした。
そして、渋沢栄一は、
「論語と算盤」
の中で「公益を大事にせよ」と言った。

国民ひとり一人が、
公正・公平な真のグローバル化を目指し、監視すべきである。

グローバル化を信奉する強欲資本主義者に支配されてはいけない。
魑魅魍魎どもは「今だけ、金だけ、自分だけ」と蠢いている。

さらに今、
トヨタをはじめ、
日本の自動車産業が減産に追い込まれている。
コロナで海上輸送が滞り、部品供給不足に陥ったからである。
「日本の自動車産業が減産」
ということは日本経済にとって、実に深刻な状況にある。

このような時こそ、政府は即刻、緊縮財政をやめるべきだ!

大至急、100兆円〜200兆円の国債発行をしないと、
日本は衰退の一途を辿る。

ピンチをチャンスと捉え、
「大規模の国債発行と消費税ゼロ」
へ大転換していくと、
このブログで書いてきたすべての問題が良い方向へと向かう!

日本がリーダーとして、
世界を公正・公平な方向へと導き、
誠実で、礼儀正しく、規律を重んじるという国民性で、
世界の人々に手本を示すべき時である!

それは、
「武は戈(ほこ)止める」
「和をもって貴しとなす」
武の国ゆえに、‶できる‶ことなのである!


最後まで読んでいただき、感謝の極み!


ここに書いてあることについて、
異論、反論、疑問、等々、を持たれた方は、
小生も勉強させていただくので、杉並道場までご連絡を願いたい。

子や孫たちの時代を、より良くするため、大いに語り合いたい!



追加参考資料 
中野剛志・三橋貴明 共著 『売国奴に告ぐ!』
藤井聡 著 『10%消費税が日本経済を破壊する』
藤井聡 著 『自粛と緊縮で日本は自滅する』







posted by 井上誠吾 at 11:46| 日記