2014年11月04日

大会のお礼を申し上げます!



第三回交流試合、第七回連盟カップと2日間に渡り、
537名の選手が熱戦を繰り広げました。
大会に関係されたすべての皆さん、お疲れ様でした!

二日間を通して、試合全体がレベルアップしてきたな、と実感しております。
これは選手の皆さんはもちろんのこと、
少年部保護者の皆さん、各団体の師範方・先生方、皆さんのご支援の賜物であります。
この場を借りまして、心より感謝申し上げます!

大会の合間にも、あるいは大会終了後にも、
各団体の先生方から、
「アウェーで来ているのに、審判が公平でいいですね」
「自分の道場生より、相手の道場生に旗を上げていました」
等々の声が届きました。
微妙な判定の場合、自分の道場や自分が関係する団体の選手に旗を上げたくなるものですが・・・、
そのような事はなく、参加選手を公平な目で見た上で審判が行われていた、とのお褒めの言葉であります。
審判の皆さん、本当に素晴らしかったです。
ありがとうございました!

また大会進行においても、順調に進んでいきました。
これはスタッフの皆さんの縁の下の力であることはいうまでもありません。
司会・選手係・タイマー・記録・筆耕、等々のスタッフの皆さんのお陰で選手の皆さんが気持ちよく試合に臨めました。
スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

そして、協力団体である志優会・新津代表はじめ、審判やスタッフをしていただいた先生方、道場生の皆さん、
いつも本当にありがとうございます。
志優会の皆さんのご協力があっての大会であります。
心から、感謝申し上げます!



あらためまして、二日間に渡る大会におきまして、
選手の皆さん、
少年部保護者の皆さん、
各参加団体の師範・先生方、
そして、スタッフ・審判の方々、
お疲れ様でした!
ありがとうございました!

感謝の押忍!




posted by 井上誠吾 at 11:35| 日記