2014年11月11日

九州から帰京報告です。前篇です。



長くなりそうなので、前篇・後編に分けさせて頂きます。

昨日、九州の飛翔試合から帰京しました。

今回、加藤邦顕関東本部長、
そして、総極真門馬道場の門馬智幸師範も同行され、
坂谷彦山先生や桑岡隆太先生との会話を楽しまれ、九州で素晴らしい時間を過ごさせて頂きました!

飛翔試合は、今回で第三回となり、試合進行はもちろんのこと、回を重ねるごとに内容が充実し、参加選手も増え続けております。
これもひとえに参加選手はもちろん、少年部保護者の皆さん、各団体の師範・先生方のご支援、ご協力の賜物であり、深く感謝申し上げます!

誠真会館九州本部の皆さん、お疲れ様でした!
坂谷彦山先生はじめ、
町田勝先生、坂谷久之先生、坂谷朝男先生、
そして、桑岡隆太先生、
審判の先生方、スタッフの皆さん、
本当に、ありがとうございました!

皆さま方には飛翔試合の会場だけではなく、
その後の懇親会等におきましても大変お世話になりました。

町田勝先生の朴訥な人柄に、
坂谷久之先生の明るい笑顔に、
ほっと心が安らぎ、楽しいひと時でありました。

そして、
坂谷朝男先生の温厚な応対にはいつも癒されています。
実は、坂谷朝男先生は警察官で、公務員の守秘義務を守る、という点からも、その身分をブログ等で明かすことは無かったのですが・・・、
今回「定年が近いので、もう大丈夫です」とのお言葉を頂戴。
ようやく、ここでお披露目することにいたします。

以前から、階級が警視、ということは知っていたのですが、
なんと、その階級が警視正に昇級されていたとの事で、非常に驚きました。

小生は物書きとして、警察官の階級について多少は知っておりまして・・・、
ノンキャリアの方が警視正まで昇級することは極めて少なく、真面目で温厚な人柄、かつ勤勉実直ゆえの昇級、であることは間違いない、と推察しております。

現在は、佐世保警察署長の役職にあり、
さまざまな事件を指揮し、青少年育成に従事されておられることから、
「強く、優しく、潔い、武道空手が必要である」
との思いを強くお持ちであります。

そんな坂谷朝男先生から、
「館長のブログは欠かさず拝見し、励みにしております」
さらに、
「子供たちが健全に育つためには、館長がブログに書いておられるようなことが大切です」
との言葉を頂き、大変嬉しく思いました。

ブログに関しましては、
坂谷彦山先生はじめ、
審判の先生やスタッフを担当された方々からも
同音異句のお言葉を頂戴しました。

あらためまして、
「意義あるブログにしなければ」
と強く感じ入りました!

最後に、坂谷朝男先生との会話の中で、
「仁・義・礼・忠・孝・勇・信。そして、強く優しく潔く」
この精神を、
「今の時代の子供たちに伝えていかなければならない」
と強く再認識しました事、ここにご報告いたします!

長くなりましたので、後編へと繋げさせて頂きます。
押忍!



posted by 井上誠吾 at 13:11| 日記