2014年12月31日

一年をふりかえる



このところ、肝臓を鍛える日々が続き、ブログの更新が遅れてしまった。
何人かの方々から、ご心配の声を頂き、恐縮の限りである。

さて、今年も本日が最後の日。
ふりかえれば、この1年、様々な出来事があった。
何度、追憶の日々を送ったことか・・・。



先ずは・・・母の死。
覚悟はしていたものの、いざとなると、やはり、辛いものであった。

炭鉱の閉山で、貧困にあえぐ筑豊の地で、
気丈な母は、W遊び人W傾向の強い父を支えながら、
懸命になって我々三兄弟を育ててくれた。

それにしても、母の躾は厳しかった。
しかし・・・。
あの躾があったからこそ、今のW自分たちWがある。
俺たちW三兄弟Wは、そう確信している!

葬儀には、孫や、ひ孫が、沢山集まってくれた。
みんな、母の遺伝子を引き継いで生きているのである。
感謝・・・!
厳しさだけじゃない、
母として、大きくも深いその愛情に、感謝、である。
あとがとう、おふくろ・・・!

おやじとは、もう、あの世で再会した筈・・・。
きっと、おやじも言っただろう。
ありがとう・・・と。

あの世でも、おやじはW遊び人Wのままかな?
否、きっと、反省している、と思う。
死ぬ前の数年間、ひたすら頑張って生きたように、
あの世でも、頑張り続けている、と思う。
もし、良かったら、また結婚してやりなよ。
そして、
二人して、懸命に生きた分だけ、天国を楽しみなよ・・・。



続いて、脚本家の南木顕生が逝った。
映画の話はもちろん、ありとあらゆる話題に関して、口角泡を飛ばして激論した。

どこにいても、呼び出せば、馳せ参じてくれ、酒を酌み交わしたものである。
口も態度も悪いが、頭は良い奴だった。
もっともっと、W憎まれっ子、世に憚るWを地でいって欲しかった。

南木よ・・・。
早過ぎだよ、大馬鹿ヤロー!
あの世で、神波先生と酒を飲みすぎて、死ぬなよ・・・。


そして、かつて影響を受けた人々が逝った。
蟹江敬三さん、
高倉健さん、
菅原文太さん、
心から、ご冥福をお祈り申し上げます!



それにしても・・・、
晩年の菅原文太さんが、この国を心配していた。

いったい、この国は、どこへ向かっていくのだろう?

秘密保護法とやらで、
表現の自由が奪われてしまったり、
集団的自衛権とやらで、
戦争に加担する国に陥ってしまったり、
福島原発は野放しのまま、各地で原発再稼働が急速化したりするのでは・・・。

その一方で、
子育て支援、若者の安定雇用、は見捨てられ、
年金は破綻し、庶民の多くは老後の不安にさらされるのではないだろうか。

否!
そんなことはさせない!
そして、
そんなことにはならない!

なんとかするさ!
なんとかなるさ!

過去にこだわるのは、愚者だ。
未来に希望を持つのは、賢者だ。
と、最近、思うことにした。
そう!
何があろうと、
超プラス思考でいこうじゃないか!

文武両道を根本に生きれば、
必ず、人は大きく成長していく!
そして、
必ず、日本は良くなっていく!



このブログをご覧の皆さん、
いつも見て頂いて、ありがとうございます!
感謝の押忍!



posted by 井上誠吾 at 11:55| 日記