2015年03月16日

スーツアクターの話



もう1ヶ月ほど前になるだろうか・・・、
大葉健二氏と新堀和男氏の還暦祝いに招かれた。

小生の還暦から、
もう2年以上すぎてしまったんだなぁ・・・、
と、思いながら、
仮面ライダーや戦隊モノの子供番組の懐かしい話で盛り上がった。

小生も、子供番組に出演していた。
と、いってもノンクレジットで、戦闘員の役であったが・・・、
キカイダー、ゴレンジャー、ロボット刑事、等々、
いろいろと出ていたなぁ。

しかし、あの頃、小生は生意気で、
「子供番組の面(メン)は被りたくありません」
と、JACの事務所のマネージャに言って困らせていた。

それは、なぜか?

俺は、俳優になるために、
空手の練習、
アクションの練習、
さらに、映画や小説、詩の勉強さえもしているのだ。

何が悲しくて、面(メン)を被らな・・・、
ん・・・?
何が悲しくて?
なんか、どこかで、言ったような・・・。

そうか、昨日だ。
何が悲しくて、他の店でラーメンを食べなきゃいけないんだ!
と、書いていたんだ。

思い出したよ。
廣田ぁ、ラーメン食べさせてくれ〜ッ!

なんだか、ラーメンに取りつかれているぞ。
うどん大好きなのに、うどんはどうした、うどんは?

ん・・・うどんの話か?
うどんなら、九州は宮若、長井鶴の手打ちうどん『余白』が美味い!

まてまて、ラーメンの話でも、うどんの話でもない、
つまり、麺類の話じゃない。
麺類・・・?
麺・・・?
めん、メン、面、
そうだ、
面(メン)の話だ。

こ免(メン)、字数オーバーしてしまったので・・・おわり。

どこいったんだぁ、スーツアクターの話は〜ッ!?
て、誰か叫んだ?



posted by 井上誠吾 at 23:24| 日記