2015年04月03日

もしかして、失敗するかも知れない B



せっかく人間として生まれてきたのに・・・、
失敗を恐れて、なんの努力もしない。

釈迦は、
「人間に生まれるは爪の上の砂のごとし」
と、説いている。

それは、どれほど少ない確率か・・・?

海辺の砂を思い浮かべて貰いたい。
あの大量の砂を、
手ですくい上げる量ではなく、
W爪の上に乗るWくらい少ない量である。

人間として、生まれてきただけでも、有難いことだ。

失敗したって、いいじゃないか。
あるいは、
負けたって、いいじゃないか。

失敗があるからこそ、
負けがあるからこそ、
成功した時の喜び、勝利した時の喜び、が大きい。

エジソンは、
「天才は1%のひらめきと99%の努力」
と、諦めることなく研究を続けた。
まさに、
「失敗は成功の母」
である。

能力があるのに、
知識があるのに、
すぐに諦めてしまう若者たちよ。
我々がこの世に生まれてきたのは、
W爪の上に乗る砂Wのように少ない確率らしいぞ。

ゆめゆめ自分を見捨てるなよッ!

さて、
世の先人、偉人、天才、聖人たちに共通していることがある。
それは、
人間として、生を受けたのは、
「人のためにW何か役に立つことWをする」
である。

人の数だけ、個性がある。
その個々が、
W何か役に立つことW
で、生きようと行動する。

想像しただけでも、美しく幸せな世界が広がってくる!

若者たちよ、
失敗を恐れて、小さくまとまるなよ!



posted by 井上誠吾 at 11:30| 日記