2015年04月27日

情けなく、恥ずかしく、カッコ悪くても・・・やり遂げろ!



「もう、面(メン)は被りません。僕は俳優になりたいんです」
と、クビを覚悟でマネージャーに宣告した。

それを聞いたJACの先輩たちから、
「おまえ、仕事を選ぶなよ」
と、睨まれたり、不快な顔をされたり・・・。
すっかり、落ち込んだ。

先月、JACの古株が集合してパーティーを開いたが、
30年ぶりに会った先輩たちから、
「おまえは生意気だった」とか、
「ケンカばっかりしてた」とか、
小生のW若い頃の問題児ぶりWを苦笑しつつ、話してくれた。

その通りである!
今、当時の自分を思い返しても・・・、
顔から火が出るほど恥ずかしいことのオンパレード!

しかし・・・あれで良かったんだ!
今は、そう思っている。

失敗して、傷ついて、
「もう撮影に行きたくない」
と、思うほど落ち込んで・・・、
それでも尚、これ位で落ち込んでいたら、
W生き馬の目を抜く芸能界Wで生きていけない!

ゼニクレージーを最後にして、絶対に面(メン)は被らない!
そう決意して、撮影に臨んでいった。
当然のこと、
ますます、顔はシミで赤黒くなり、
ますます、先輩たちからW問題児扱いWをされていった。

なるようになるさ!
何のために空手の稽古を積んできたんだ。
何のために映画、小説、詩の勉強をしてきたんだ。
思い切り、ゼニクレージーとして、暴れまくってやる!

結果・・・、
「あいつ、なかなか面白いぞ」
とのスタッフの評判が届いた。
また、何よりも嬉しかったのは、
「あんたのゼニクレージー、なかなか面白いばい」
と、田舎の両親が褒めてくれたことである。

そして、数ヶ月後。
「大非常線」という刑事ドラマのレギュラー出演が決定!
よぉ〜し、ショーケンや松田優作に、追いつき、追い越せだ!

しかし、そうは問屋が卸さない。
そのレギュラー出演は、
さらに、W失敗し、傷つき、落ち込むWことを繰り返す、
序章にしか過ぎなかったのある。

ちなみに両頬のシミは十年近く残っていた。
この年になっても、
興奮したり、体調が悪かったり、悪い飲み方をしたり、等々で、
思い出したように現われてくる。

以上、ゼニクレージーの裏話である。




posted by 井上誠吾 at 11:51| 日記