2015年05月29日

潔く!




前回、「乞うご期待」と、予告したが・・・、
申し訳ない。非常に気になる事件が明るみに出たので、
今回は、そちらのほうを書かせて頂くことにする。

気になる事件とは、
「FIFA(国際サッカー連盟)の幹部が逮捕された」
ことである。

小生は、サッカー音痴である。
オフサイドの意味を辛うじて理解している程度だ。
しかし、
FIFAという団体には何となく胡散臭いものを感じていた。
その胡散臭さは、これからの報道に委ねるとして・・・。

逮捕したからには、
FIFAの贈収賄事件などは、氷山の一角なのだから、
「やるなら徹底して、すべてを摘発してくれ」
と願っている。

それにしても、
「米司法省の要請を受けて、スイス司法当局が逮捕した」
という事に驚いた。

これまで、そのような権限は、
疑いなくインターポール(国際刑事警察機構)にあり、
米司法省などにあるとは想像だにしなかった。

W米司法省が自国の損害で国際的な権限を発するWとは、
小生の認識不足というか、勉強不足というか、
「へ〜ッ、そうなっているんだ」
と驚いている。

ま、しかし、
よく逮捕まで踏み切ったものである。
そして、同時に、
「期待」と、「憂慮」もしている。

「期待」とは、
これを機に、FIFAはもちろん、
IOC(国際オリンピック委員会)も調査すべき!

世界が仰天するような汚職事件が明るみに出る筈だ!
それに伴い、
当然、日本のマスコミも遅れ馳せながら、
JOC(日本オリンピック委員会)の腐敗に目を向ける筈だ。
さらに、現在、
新国立競技場の建設費を巡り、文科省と東京都が対立しているが、
その対立の裏にある利権の構造もすべて暴き出される筈だ。

と、上記のように「期待」してはいるが・・・。
おそらく、竜頭蛇尾に終わる、と「憂慮」もしている。

その「憂慮」は、米国司法省とやらが、
ロサンゼルスオリンピックを機に商業化に走った、
「自国の腐敗にまでは手を出さない」
と推測できるからである。

枚数に限りがあるので、まとめに入らせて頂く。

小生が予告した「乞うご期待」を外してまで、
ここで、書きたいことは、
「人間社会は、汚職や腐敗にまみれている」
ゆえに、
武道空手を通して、
「社会に有益な人材にすべく、W潔い子供たちWを育てる」
との重責を担っている!

と、いうことである!
いかに、文武両道の生き方が大切であるか!
押忍!




posted by 井上誠吾 at 13:10| 日記