2015年06月26日

どんな時でも、明るく、前向きに! A




前回、小生のW問題児ぶりWを書いたが・・・。

誰にでも、歯に衣着せぬ物言い、をしてきたから・・・、
否、一癖も二癖も険のある言い方、をしてきたからであろう。
W脅されたりW
W殺されかけたりW
W仕事を干されたりW
等々とあり、W負の話Wは枚挙に暇がない。

W小生が愚行を繰り返してきたWということを、
W反面教師にして頂きたいWとの思いで書き進めている。

さらに───、
W怪我Wで悩んでいたり、
あるいは、
W病気Wで悩んでいたり、
そのようなW問題Wに直面している人にも、
「必ず、良くなる!」
と信じて、明るく、前向きに生きていって欲しい!

それは小生自身が、
W問題児ぶりWと同様に、
W怪我WやW病気Wに直面してきたから言える事である。

以下、W怪我Wの内容を簡潔に書くと───。

一つ・アキレス腱断裂による後遺症。
15年程前、空手の指導中に負傷。
当時、指導員の不足から、手術直後に、入院せず道場に入り、
指導や仕事を優先し、通院を怠ったことで後遺症が残る。

二つ・頚堆の第4・第5・第6頸椎圧迫による両手のしびれ。
2007年の7月12日のブログにも書いているが・・・、
バイク事故でW右半身全体打撲Wで体に力が入らず、
打撲快復後には、両手のしびれが残り、頸椎圧迫が原因と診断。

三つ・膝の半月板後節断裂による歩行困難。
58才の時、ある日突然、膝に激痛が走り、歩けなくなった。
医者は、内視鏡手術は可能だが、高齢ゆえにボロ雑巾と同じで縫合しても、いずれ綻びる、との診断。

さらに、追い打ちをかけるように、
WめまいWというW病気Wにも悩まされてきた。
一日に何回も、めまい・動悸・頭痛・不安感、等々が襲い、
時には、目の前が真っ暗になり、意識を失いかけることもある。

「メニエール病」「自律神経失調症」「男の更年期障害」
等々と診断されたが・・・原因は不明!

W怪我WにしろW病気Wにしろ、
二つの大学病院、十ヵ所ほどの専門病院、に通い詰めたが・・・、
いずれも、「改善は難しい」と診断が下る。

これから先の人生を、
アキレス腱・半月板・頚堆圧迫による「後遺症」、
動悸・頭痛・不安感・意識を失いかけるような「めまい」、
それらの症状と共に生きていかなければならない、
と宣告されたのである。

絶望的だった・・・!

しかし、
「必ず、良くなる!」
と信じて、明るく、前向きに生きていくぞ、と覚悟した!

次回は、
症状の改善も含めて、W脳ドックWの話へと繋げていきたい。





posted by 井上誠吾 at 11:53| 日記