2008年05月08日

電話が止まっていた!

昨日は参りました。
盆と正月が一緒に来たようなあわただしさ、というか、
笑ってしまうようなハチャメチャな1日でした。

先ず、朝起きて、携帯がないことに気がついたところから、
小生の悲喜こもごもの1日が始まったのです。

よくやるんです。
でも、家の中のどこかにある筈、と子機を使って、携帯に電話をかけてウロウロするのですが、
鳴らない! そんなバカな。どこか外に落としたのか? 
少年部には、
「慌てるな、落ち着いてやれば、何事も出来る」
と言っている癖に、慌てること、慌てること。
今日は午後から二件の打ち合わせがあるのに、どうしよう!
ましてや、一件目は、「駅に着いたら、携帯で連絡を取り合いましよう」と約束を交わしているだけに、携帯がなかったら、大変なことになるんです。

で、黙想!
「慌てるな、落ち着いてやれば、何事も出来る」
と丹田に意識を置きながら、静かに呼吸をしていきます。

気持ちが落ち着いて、さぁ、もう一度、探してみよう。
あった!
早っ。
見つかるの、早すぎ!
何のことはない。昨日穿いていたGパンのポケットの中にあったのです。めくれたポケットの奥に、携帯のヤロー、マナーモードになって隠れてやがったのです。

悲喜劇は、まだ続きます。
昼過ぎ、一件目の打ち合わせに行こうと家を出ようとしたら、
今度は鍵がない!
いつも置いている場所にないのです!
不思議だな? なんて、思ってる場合じゃないだろ、と自分を叱りつけながら、探すのですが、ないものはない!
妻は出かけてるし、このまま鍵をかけないで、出かけるわけにはいきません。

で、黙想!
ありました。灯台下暗し、持っているガバンを覗いたら、鍵のヤロー、原稿用紙の中に隠れていやがったのです!

悲喜劇はまだ続きます。
二件目の打ち合わせに入った時、広田指導員から、携帯にメールが入りました。
「道場の電話が使えません。電話料金払いました?」
どひゃー!

思えば、「おとくラインをお使いいただけると──」との、
おとく、に心が動き、日本テレコムに変更したものの、銀行引き落としの書類に不備があり、雑事に追われ、出すのを忘れていたのです。
日本テレコムが悪いわけではないのに「何がおとくラインだ。変更しなきゃ良かった」と思いつつ、打ち合わせに入ります。

打ち合わせの間は勿論、そのあとの都心支部の稽古も勿論、家に帰って布団の中に入ってからも勿論、
「電話は、いつから止まっていたんだろう・・・?」
と、そのことが気になって眠れません。
実は、子育て応援券の問い合わせが連日きていたのに、5月に入ってから、ピタッと途絶えていたのです。

で・・・気になりつつ、黙想!
していると、いつの間にか、そのまましっかり眠っていました。

朝9時、日本テレコムに確認の電話をしました。
な、な、なんと、4月30日から止まっていたそうです!

「・・・・・・」

電話をいただいた方々、ご迷惑をおかけしました!

反省を込めて、黙想!


posted by 井上誠吾 at 10:35| 日記