2008年06月27日

富める者たちよ!

「富めるに誇らず、貧しきを見捨てず」
と武士訓にあります。

原油の高騰が続き、
富める者はさらに富み、貧しき者はさらに貧しく、
そんな世界的な格差が更に拡大していきそうです。

ガソリンスタンドは勿論、運送業、漁業をはじめ、加工、食品等々あらゆる職種の中小企業に大打撃を与え、物価高騰が懸念されています。
このまま灯油が値上がると、東北や北海道の人々にとっては死活問題となる厳しい冬が待ち受けています。

世界の投資家たちによるニューヨークのマネーゲームが、
いくつかある高騰の原因の一つとして挙げられています。
先物取引で「安く買って、高く売る」、
投資家は勿論、彼らに資金提供している金融・企業らは、マネーゲームをしながら莫大な利益を生んでいるようです。
一説によると、マネーゲームに資金を流している国もあるらしいとの事・・・呆れるばかりです。

小生、経済のことはよくわかりませんが、
資本主義というものが、一部の連中が暴走するようなものならば、
「NO!」と叫びたい!

過熱して押し上げられた原油価格は、利幅が取れなくなり、やがて、利益確保のために売り手に回る、そうです。
つまり、この投機的な高騰は、いつかは修正される、と専門家は見ているようですが・・・。
投資家たちのマネーゲームに振り回された世界中の庶民たちは堪ったものではありません。

ちょっと言葉は乱暴かもしれませんが、
「おまえさんら、勘違いすんじゃねぇぞ。富を得たからといって、人間として成功したわけじゃねぇ!」
と鉄槌を下したいくらいです。

時に、物質的な豊かさは、
人によっては“精神の貧困”を生む場合があります。
村上ファンドだの、ホリエモンだの、あの連中を見ていると、
まさに“精神の貧困”そのものといえます。

己の利益のみを追求し、他を犠牲にするという生き方は、
恥としなければならない!

日本は「恥の文化」といいます。
その文化の源は、武士道から来ています。
新渡戸稲造は「武士道」の中で、
「恥はすべての徳、善き道徳の土壌である」
と書き残しています。
「恥をわきまえる」
その徳は、日本人の血脈として受け継がれているはずです。

小生、生意気かも知れませんが、庶民を代表して訴えたい。
この国の政治家や官僚に告ぐ。
「もし、君らが、“恥”というものを知っているのなら、
不祥事を繰り返す、自らの“体たらく”に終止符を打ち、
日本を代表する“サムライ”として、
マネーゲームを続ける投資家たちに“崇高な精神の鉄槌”を下せ!」

「富めるに誇らず、貧しきを見捨てず」
と!


posted by 井上誠吾 at 11:56| 日記