2016年01月21日

心根(こころね)の問題、と報告を!

 


先ずは、報告を!
映画「リトルウイング 3月の子供たち」に、
主演した菜葉菜さんの映画特集が、
横浜の映画館「シネマノヴェチェント」にて、
明日22日(金)まで上映中!

先週末、急遽、時間の都合がついたので、劇場へ顔を出し、
飛び入りで、舞台挨拶をしてきた。

菜葉菜さんと久々に話をしたが、
やはり、人柄の良い素晴らしい女優さんである。
もっともっと伸びて欲しい、と願っている。

時間のある方は、是非とも足を運んで貰いたい!




さて、前回のブログに対して、質問があった。

その質問とは「いざ実践となると難しいことです」・・・と。

そう、難しい!
ゆえに、
W言うは易く、行うは難しW
と書いている。

ここまで書いたところで、
前回と同様に小生の表現にW尊大さWを感じられた方は、
これ以上、読み進めないほうがよろしいかと!




確かに難しい!
但し、
心根(こころね)さえ良ければ、
何の問題もない!

つまり、
人のために動いたふり、をするな!
組織のために動いたふり、をするな!
そんな嘘っぱちな行動からは何一つ生まれやしないし、
成功どころか、何をやっても失敗する!

先ず、
人のために動いたことで、
意に反して、散々な結果になるかもしれないが・・・、
心根の良い人は、そんなことに頓着しない!
好人物がゆえに、拗ねたり、僻んだりすることがない!

さらに、
組織のために動いたことで、
意に反して、悲惨な結果になるかもしれないが・・・、
心根の良い人は、そんなことにも頓着しない!
好人物ゆえに、憎んだり、恨んだりすることがない!

自分のことを計算に入れず、
何かのために、何があろうと、とにかく明るく動いた。
そのことだけで充分である!

脳科学的には、
「人のため、組織のため、社会のために活動すると、
脳はW自分が役に立てたWと活性化していく」
らしい。

人間は誰しも、
「何かの役に立ちたい」
との願望がある。

その持って生まれた素晴らしい心根を大切にして、
自分はW役に立つ人間WだとW覚悟Wすることである!

取り急ぎ、質問に答えられたかどうか・・・この辺で。
いずれまた書かせて頂く。






posted by 井上誠吾 at 10:03| 日記