2016年06月24日

褒めて育てることが正しいのか?



子育ては難しい。
しかし、
「子育てに悩む必要は何もない!」
と小生は思っている。

むしろ、
自らが子育てに悩み、自らが子育てを難しくしている
そのような親御さんをよく見かける。

小生は、
「愛情を込めて、本音でぶつかり、本音で叱る」
これだけで充分であり、悩む必要はない、と思っている。

それ以上、親が子供に手を貸して良いものなのか。

もう10数年前の話である。
稽古中に、ぼーっとしている少年部の親御さんが、
「うちの子は褒めたら伸びるタイプです」
と訴えてきたので、
「褒めることは大切ですが、それと同様に厳しさも必要です」
と厳しさの大切さを丁寧に話すと、
少年も親御さんも理解してくれ、稽古を続ける決意をした。
しかし、数か月後・・・。
少年と親御さんが退会届けの用紙を手に、
「空手で教わった厳しさで私立中に挑戦すると言っています」
「まだ空手の厳しさを教えるところまで至っていませんが・・・」
「将来は医者になると言っています。褒めてあげて下さい」
「・・・・・・」
小生は、無言で頷き、退会していく少年と親御さんを見送った。

その後、その子が、私立中に合格した、とは聞いていない。
ましてや、医学部に合格した話など、とんと・・・。

「褒め殺し」という言葉がある。
必要以上の褒め言葉は、人の才能を潰し、堕落させてしまう。

人は皆、何がしかの使命を持って生まれてきている。

要は、
「誰もが、すごい力を持って生まれてきた」
ことに気づかせてやり、
「自分の力を発揮できる」
ように導いていくこと、これが肝心である!

その自分の力が、人によっては、医者なのかもしれない。
あるいは弁護士かも、あるいは官僚かも、あるいは政治家かも、
あるいは・・・と、理想の職業を挙げればきりがないが・・・。

この年になって思う。
子供はなるようになるし、なりたいようになっていく・・・と!

親から言われて動くのではなく、
自分から思わず体が動いてしまう、
そっちの職業のほうに行動せずにいられない。

そうなると、どのような職業でもいい。
その子が、本当にやりたいことであるならば、
その職業で活き活きと素晴らしい力を発揮できるであろう!

無理だ、できない、難しい、と過小評価する必要は一切ない!

当然、理想の職業に就くには、
その職業のことを猛勉強する、という戦いが必要である。

なんの戦いもせずに、
高収入とか、社会的地位とか、それだけを追い求めるようでは、
その職業はますます遠ざかってしまうだろうし、
何より、その子が自信を失ってしまう。

自信を得るには、
己れの嫌なことと向き合って戦うことである!

そうすれば、
すごい力を持って生まれてきたこと、
そして、自分の力を発揮できることに気付くはずである。

そんな自分を信じるからこそ、自信が生まれるのだ!

その自信を得るために、空手の稽古が必要なのである!

まだ書きたいことがあるが・・・この辺で。





posted by 井上誠吾 at 12:35| 日記