2016年10月08日

熊本地震ボランティア活動 & 文武両道の学校設立へ!



二つの報告をしたい。

以前のブログで、
「熊本地震で被災した人々を励ますため、
東日本震災復興支援映画『リトルウイング3月の子供たち』
を熊本の地で無料公開し、炊き出しを行う」
と述べていたが・・・。

この度、11月6日に南阿蘇中学校体育館での開催が決定した!

その体育館は、報道で記憶にある方も多いのでは・・・、
天皇皇后両陛下が訪問され、被災者を励まされたあの姿を!
そう、あの体育館での上映会である。

震災から半年が過ぎ、ボランティアのあり方も変化しており、
炊き出しではなく、トーク会や握手会で交流を行うつもりだ。

今朝、阿蘇山が噴火をしたようだが・・・、
余震の上に噴火と、さぞかし被災された方々は不安であろう。

この上映会で、被災された方々を勇気づけ、楽しんで貰うべく、
映画に出演した俳優たちにスケジュールの調整を伝えている。

さて、次に報告することが、文武両道の学校設立である!

誠真会館の一般道場生には学校教師も何人かいるが、
その中から、昨年の秋、小生に一枚の企画案が提出された。

それは「国際誠真高校・国際誠真大学設立計画案」であった。

実は、かねてから、
「文武両道の学校を作るべきではなかろうか・・・」
との漠然とした思いが小生の中であった。

それは、小林りんさんという一人の主婦が、
「インターナショナルスクール・オブ・アジア 軽井沢」
という学校を設立した、という報道を見たことからである。

よし、自分もやろう、と決意!

昨年の秋から、何度も計画書を練り直し、
様々な方々との交渉・相談・会議を繰り返して、
この夏、やっと人様に見せることができる計画書が完成!

その計画書を、小林りん理事長に送り、面談を求めていたが、
先日、それが実現して、ご意見を頂戴することができた。

小林りん理事長いわく、
「学校設立案はとても良く、文武両道という明確な意志を持った学校は大切だと思うし、禅的な考え方に、世界は関心を示します」
との言葉と共に、協力を惜しまない、との言葉も頂いてきた。

小林りん理事長の言葉を励みに、
いよいよ、学校設立の第一歩を踏み出すことになった!


熊本被災地での上映会!
そして、文武両道の学校設立へ始動!
今週、二つのことが決定したので、ご報告させていただく。






posted by 井上誠吾 at 12:19| 日記