2016年10月14日

ノーベル賞も多様性の時代に!



昨夜、妻とぼんやりとニュース番組を見ていると・・・。

突然、司会者が、
「ボブ・デュラン氏のノーベル文学賞が決まりました」
と言ってCMに入ったので、
「えッ、ボブ・デュランって、あの歌手のことかな?」
と妻に聞くと、
「さぁ?」
「最近、小説を書いていたのかな?」
「同姓同名じゃないの?」
「あのボブ・デュランなら70代半ばだぞ。書いてたら凄い!」
と話しながら、CMがあけてニュースに戻り、驚いた!

なんと、正真正銘の歌手のボブ・デュランであった!

しかも、授賞理由は、小説ではなく、歌詞ということらしい。

これは、賛否両論あるだろうなぁ・・・。
歌詞と文学は違う、娯楽と芸術も違う、等々、
それらの声があがってくるのではないだろうか・・・?

そして、
反対者からは、
ノーベル賞の権威や歴史に響くと批判され、
賛同者からは、
固定観念をぶち壊した吟遊詩人と絶賛され、
あれやこれやと・・・!

小生は、もちろん、賛同者である。
それは、小生が10代最後の頃、
‶ボブ・デュランに影響を受けたという吉田拓郎の曲
が好きだったことに発している。
そして、
俳優や脚本家として生きてきた経験から、
何もないところから、誰もやっていない何かを生み出すという、
作詞家としてのボブ・デュランの才能に憧れを抱いていた。

ゆえに、受賞は素直に、そして大いに喜べる!

それにしてもだ。
小説など書いていないのに、
なぜ、最高権威のノーベル文学賞に・・・?
ましてや、
反戦フォークは常に権威に楯突き、
伝統的な社会や制度を否定する反体制的な存在であった筈!

それが、
反戦フォークブームから半世紀を過ぎると、
権威あるノーベル賞側が授与するまでに変遷してしまうのか。

もし、受賞するならノーベル平和賞だろう。

ま、賞というものは、所詮人間が与えるものだ。
これ以上の詮索はやめよう。

等々・・・と、
昨夜は、そんなことを思いながら、眠りについた。

そして、今朝。
目覚めのコーヒーを飲みながら、
いや、まてよ・・・、
ボブ・デュランがノーベル賞を受賞することこそ、
多様性(ダイバーシティー)の時代の証なのかもしれない
と!






posted by 井上誠吾 at 14:54| 日記