2016年11月10日

トランプ新大統領の誕生に思う




昨夜のニュースで、
「米大統領選でトランプ氏が勝利した」
とのこと。

「接戦の末、クリントン氏が勝利する」
と思っていたものの・・・、
実は、最近、小生の中には、
「クリントンが勝利しても何も変わらないが・・・、
トランプが勝利した場合は日本は変わらざるを得ない」
というある種の期待感が生じていた。

その期待感の理由は、
トランプ氏は白人の貧困層に支持されており、金持ちばかりを優遇してきた既成政治への怒りが支持に繋がった
ということ。
さらに、CNNのインタビューで、
「大統領になったら発言を慎むつもりだ」
と語っていたこと。
これは、フィリピンのドゥテルテ大統領のように、
日本を訪問して帰国した際、
「神のお告げがあったから、今後は暴言はやめる」
と、言っていたが、
トランプ氏の更なる回心に繋がる可能性があること。

それらのことからある種の期待感が生まれてきていた。

日本は今、
6人に1人の子供が貧困にあえぎ、
4人に1人の下流老人時代を迎えており、
アメリカの貧困対策は、対岸の火事ではないのである!

しかし、危惧することは多々ある。
数々の暴言の中でも、
「日本はもっと金を払え、払わなきゃ米軍は撤退だぞ」
「他国が米国を攻撃しても、日本は米国を助けなくてよいのに、日本が攻撃されたら、米国は日本を助けなければならない」
との発言があり、この言葉の意味は大きく、
「日本国民全体で議論して、決断を出すほどの問題である」
と、小生は思っているが・・・、
この話は長大になるので、これ以上は触れずにおこう。

ともあれ、早々と安倍さんは、
「トランプ氏に祝辞を送り、日米同盟の強化」
を訴えたようだが・・・。
トランプ氏の過激発言を実行に移せば、日米同盟に亀裂が走る。
そして、さらに、
「米国がテロの脅威にさらされるのは海外と関わるからだ」
と、言い切っているので、世界外交にも問題が生じる。

しかし、である・・・!
「テロの脅威にさらされているのは、世界各国共通であろう」
そして、
これまでのロシア・フィリンピンとの関係から、
「安倍さんは、大きな外交チャンスを貰ったのかも知れないぞ」
と、小生は思ってしまう。

その大きなチャンスを活かすためには、
「和を以て貴しとなす」
この日本の品格ある調和の精神が必要不可欠である。

トランプ氏の海外への過激発言に対して、
「我々も、同じ人間として、共に世界平和を目指そう」
と、被爆国としての平和を希求し、
日本の、
「武は戈(ほこ)を止める」
この精神を貫けばよい。
何も頑なに米国(トランプ氏)だけが、
「海外と関わらない」
との外交的かつ人種差別的な孤立を選択する必要はない。

近年、ノーベル賞を見ていると、
「平和賞はもちろん、物理学賞・経済学賞・生理学・医学賞・文学賞、
様々な賞があり、世界の人々は一体化しているんだなぁ」
と感じることがある。

これは、政治も同様である。
感情論に走らず、知的で高尚な交わりが必要だろう。
国境に実物の壁を作るという愚かなことをするのではなく、
人種・民族・宗教の壁を越えて国際政治の一体化が必要だ!

つくづくと、
「和を以て貴しとなす」
「武は戈(ほこ)を止める」
日本の精神こそ、国際社会の貢献に繋がっていく、と確信する!

トランプ氏の新大統領が誕生し、
「日本人の役目は、ますます大きくなる」
そう思う。





posted by 井上誠吾 at 12:15| 日記