2016年11月17日

被災地から引っ越してきた子がいじめに!




昨夜のニュースを見て、深い憤りを覚えた。

東日本大震災の被災地である福島から、
横浜へ引っ越してきた小学生がいじめにあっていたらしい。

担当の弁護士によって、
「いままでなんかいも死のうとおもった。
でも、しんさいでいっぱい死んだから、
つらいけど、ぼくは生きるときめた」
との少年の手記が公表された。

死を選ばす、生きる決意をした
この子は立派である!

しかし、
ニュースに耳を傾けていると・・・、
いじめた子供に問題があるのは当然だが、
その子供の周辺にいる大人たちへの疑問が生じてきた。

弁護士の話では、
「いじめは小学2年から6年まで続いた。
『原発の賠償金があるだろう』と脅され、
親の金を持ち出して、一回につき約10万円、
これまでに150万円ほどを渡した。
学校は、その金を家から持ち出していることを把握していたが、
その子の親には伝えていなかった」
とのこと。

ニュースを聞き終わり、
「小学生が原発賠償金の有無を知っているものか・・・?」
「150万円も渡していれば、もはや犯罪では・・・?」
「学校が警察に相談するという選択肢はなかったのか・・・?」
「親は大金を持ち出しているのに気づかなかったのか・・・?」
等々、疑問点が次々に湧いてきた。

しかし、小生が何よりも憤りを覚えたのは、
まだ幼い小学生が、
「原発の賠償金があるだろう」
と大金を脅し取る。
そのような卑劣な行為に走らせてしまったことだ。
つまり、
いじめっ子の周りにいる
大人たちの教育のあり方に問題があるのだ!

大人は、子供にしっかりと躾と教育をしていく役目がある!

こんな卑劣なことを平気でさせていると、
「大人になったら、とんでもない人間になってしまうぞ」
と危惧する。
今からでも遅くない。
いじめっ子に人としての道を指し示してやるべきだ!

そして、このニュースを見ていて、
拙作ではあるが、
映画「リトルウイング 3月の子供たち 」
と重なった。

大震災後、福島から東京へ引っ越してきた母子の成長物語だ。
以下、劇中に------。

いじめられて泣いてばかりの子が、
「福島のために、もっともっと強くなる!」
と決意する場面を作った。
これは、
被災した方々への励ましの一助になれば
との思いからであった。

ニュースでは、
折しも、いじめられた子が、
「自主避難している他の子の励みになれば」
との思いから、手記の公表に踏み切った、とのことであった。

東日本大震災後、
全国各地に避難で引っ越している子供たちよ、
「もっともっと強くなれ、きっと良いことが待っている!」
と、願ってやまない!






posted by 井上誠吾 at 12:17| 日記