2016年11月26日

報告・二つの大会が無事に終了!




20日と23日、
両大会に関係した皆さん、お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

20日は九州で、
「第5回長崎県空手道飛翔試合」
23日は関東で、
「第5回交流試合・第9回日本空手連盟選手権大会」
誠真会館主催の二つの大会が無事に終了しました。

各団体の師範・先生方、少年部保護者の皆さん、
そして、幼年から、一般、シニアまで各階級の選手の皆さん、
両大会とも、年々、大盛況のうちに幕を閉じているのは、
ひとえに皆さんのご支援・ご協力の賜物であります。
心から、感謝申し上げます!

特に22日には、
福島でM 7.3の地震が発生、
家の中が大散乱しているにもかかわらず、
福島門馬道場の方々が駆けつけて頂きました。
門馬師範はじめ、
各先生方、道場生の皆さん、保護者の皆さん、
そして、選手の皆さん、
大変な中をお越しいただき、心から感謝申し上げます!

前回のブログでも書き、
そして、
九州や関東の大会挨拶でも述べましたが、
被災して横浜へ引っ越した子へのいじめ問題
空手の修行をしている子供たちは、
「あのような卑劣・卑怯なことは絶対にしない!」
と確信しています。

大会を通して、
少しでもあのようないじめがなくなることを願っています!
その旨を、両大会に関係された大人の皆さんが、
少年部の子供たちに咀嚼して、伝えて頂ければ嬉しく思います!

押忍!






posted by 井上誠吾 at 10:06| 日記