2016年12月10日

初心を忘れるな!




道場に入門した頃は、
極度の緊張と不安から、挨拶もできず、声も小さく、
中には、返事さえもできない子供がいる。

それが、入門から半年を過ぎる頃には、
大きな声で挨拶をするようになり、気持ちも強くなってくる。

しかし、慣れというのは恐ろしいものだ。

1年、2年と、時が過ぎていくと、
強くなって、帯の色も上がってきたというのに・・・、
その真逆に挨拶や気合いの声が小さくなってくる子供がいる。

初心を忘れてしまっているのである。

こういう子供を見ると、実に悲しくなってくる。
否、
何も、少年部だけに限らない。
一般部はもちろん、指導員や責任者たちも同様である。

強くなるためだけに空手をやっているのか?
帯を上げるためだけに空手をやっているのか?

大会で結果を出してきた人間が偉いわけではない!
昇級や昇段をして帯を上げてきた人間が偉いわけではない!

もちろん、結果を出してきた人は立派であり、賞賛に値する。

しかし、
そのような事だけのために、
血眼になって、稽古をしているのであれば、
それは、とんでもなく大きな間違いを犯していることになる!

道場の稽古の中で培ってきたものは、
大会や審査だけで発揮すれば良いというものでは断じてない!

少年部から、一般部・壮年部まで、
道場には、性格も違えば、学校も違う、職業も違う、
多種多様な人々が集ってきている。

おとなしいとか、恥ずかしがりとか、慎み深いとか、
顔が違うように、背格好が違うように、
それぞれが、いろいろな性格、あるいは個性を持っている。

個性は大いに尊重すべきであり、画一的になることは望まない。

おとなしい人が、恥ずかりの人が、慎み深い人が、
しっかりと相手に伝わる挨拶をするからこそ、
その人の個性を削ぐことなく、魅力が増すというものである。

このように、挨拶一つにしても、
道場の稽古の中で培ってきたものを、
日々の生活の中で活かすことこそが、武道空手の真髄である!

大会も終わり、
次の催事として、審査会が近づいてきている。

審査会では、
帯の色を上げることのみに気が向くのではなく、
「礼に始まり、礼に終わる」
という初心を忘れず、全力で臨んでほしい!
押忍!






posted by 井上誠吾 at 12:27| 日記