2016年12月24日

本年度最後の審査会に、ドラマが・・・!




昨日、一般部の審査会が西東京市武道場にて無事に終了し、
そして、本日は、
少年部の審査会が東長崎スポーツセンターで行われる。

昨日の一般部審査では、
本部道場のO原さんとT夢、東伏見道場のS楽さん、
三人の初段取得者が誕生した!
続いて、
加藤邦顕関東本部長が50人組手に挑み、
五段を取得した!

初段を取得した三人の中のT夢はまだ中学生である。
そのT夢が5人組手に挑むということを聞きつけて、
嬉しいことに7人の茶帯・黒帯の中学生が駆けつけてくれた!

中学生は5人組手が規定で、7人は多いが・・・、
せっかく来てくれたので、本人の希望もあり、7人組手とし、
さらに、T夢のお父さんも8人目の掛り手を希望!

お父さんとは誰あろう、
先日の大会でマスターズ準優勝を果たしたM澤ブロガーである!
大会で負傷した足の痛みに耐えての父子対戦であった!

T夢とM澤さん、この父子鷹の戦いに涙した人が数多くいた!

またO原さんとS楽さんも、
T夢同様に、見事な移動・型・組手・・・、
ん?・・・型は、気付かなかった人も多くいたが、
O原さんとS楽さんは、一瞬、間違ってしまったのが残念!
しかし、10人組手は最後の掛かり手として、
O原さんには、山内俊宏先生、
S楽さんには、加藤和徳先生、
両先生が胸を貸してくれ、10人組手を見事なまでに完遂した!

そして、最後は加藤邦顕関東本部長の50人組手である!

実は・・・、
小生と加藤本部長との間で、
この日まで隠してきたことがあった。

それは、2週間前、
加藤本部長のご祖母様が亡くなられ、
続いて、叔父様が亡くなられていたことである。

加藤本部長とお母様が、
「身内だけの密葬に・・・」
と強く希望され、責任者だけにしかご逝去のことは伝えず、
小生だけが、焼香をさせていただいていたのだが・・・。

加藤本部長は、50人組手を完遂後、
道場生の皆さんの前で、やっとお二人のご逝去の報を伝えた。

加藤本部長にとって、
仕事で忙しかったお母様に代わって、
ご祖母様は母親のように育ててくれたお方であった。

その悲しみを乗り越えて、
見事なまでに50人組手を完遂させたのである!

一般部の審査会が終わって・・・、
ひとりの女子部員が、
「空手って、ドラマ以上にドラマがあるんですね。
こんな感動があるなんて、入門して良かった」
と、声を洩らして泣いていた。

そう・・・、
生まれてきた、一人ひとりに、ドラマはある!

さて、今日は、少年部の審査会だ!
我が子の成長ぶりに、
あちらこちらで涙する親御さんがおられることであろう。

少年部よ、頑張れ!
押忍!





posted by 井上誠吾 at 12:11| 日記