2016年12月31日

ブログ開始から10年・・・年の瀬にあれこれ振り返る




いやはや絶不調である。

次から次へと忘年会が続いて、
アルコール漬けで、ついに腹が効かされ、
技ありを取られる寸前。

しかし、
今日は大晦日である。
締めくくりのブログはなんとしても書かねばならない。

あと1時間弱で、新年を迎えようとしているが・・・、
このまま技ありを取られることなく、
気力を振り絞って、
「できる!」
と脳内のA10神経を活性化させるべく、集中している!

さて、と。
振り返れば・・・、
ブログを書き始めて10年が過ぎようとしている。

あれは・・・、
2006年の12月だった。
ブログの何たるかも知らずに開始して以来、
思考錯誤、
青息吐息、
紆余曲折、
等々、の10年であった。

最初は、
「誠拳閑話」
のタイトルから始めた。

しかし、どうも納得がいかず、
「井上誠吾のひとり言」
に変更して、己れの中にあるW個のつぶやきWを出そうとした。

それでも、違和感があり、
ですます調から、である調に変更したり、
「井上誠吾の本音がぽろり」
とタイトルまで変えて臨んできた。
実は、
自分の中で燻る義憤というか、
社会を風刺する強烈な毒というか、
そのようなものを炸裂させたくて仕方ないのである。

10年という節目に、
義憤や毒を吐き出すブログに変更しよう、
との考えが頭をもたげてくる。

しかし、一方では、
「館長職である限り、過激すぎる発言は吐き出せない」
との自制の念もあり、困ったものだ。

このところ、
「本部杉並道場ブログ」
が人気を博しており、嬉しい限りである。

M澤名ブロガーを中心にして、
各ブロガーの皆さんに書いて貰っているが、
あのような軽快な楽しさで義憤や毒が吐き出せたら、
小生のブログも別角度の面白さを増すと思っている。

ともあれ、
来年、65才を迎えたら、館長職を引退する。
その引退時まで、
義憤や毒は、
封印しておくのが賢明であろう。

ああ、もう、あと10数分で今年も終わろうとしている。
皆さん、良いお年を!
この1年を心から感謝して、
押忍!











posted by 井上誠吾 at 23:47| 日記