2017年01月07日

自分さえ良ければいい!?・・・今年、この国のあり方




あと2週間ほどでトランプ氏が米国大統領に就任する。

トランプ氏は、
「米国第一(アメリカ・ファースト)」
を掲げている。

すでに就任前から、
米国内の企業も含めて、
日本の企業や様々な国に対して圧力をかけている。

その背景には、
トランプ氏を支持した低所得者たちへの誇示
が含まれているのであろうが・・・、
そんなことで、
「1%の富裕層と99%の貧困層の現実を訴えた」
ウォール街デモに象徴される格差への不満は解消されない。

ともあれ、アメリカ国民が、
「失敗を繰り返して成功したトランプ氏を支持」
して大統領に選出したのは事実。

失敗や貧困に喘ぐ庶民のために、
既成の政治家には到底できない大変革を期待したいものだ。

今年はヨーロッパでも、
オランダ総選挙、フランス大統領選挙、ドイツ連邦議会選挙、
と大きな選挙が行われる。

その結果次第では、
イギリスのEU離脱に続いて、
欧州崩壊の危機が現実化する可能性も出てくる。

今や、トランプ氏が掲げている、
「自国第一主義」
は、米国だけではない。
欧州も然り、
ロシアのプーチン大統領も然り、
フィリンピンのドゥテルテ大統領も然り、
日本の隣国、韓国・北朝鮮・中国、も然りである。

しかし、
当の我々日本はどうだろうか・・・。
経済的な交流は果たしているが、
遠く離れている欧州の難民問題はもちろん、
身近な中国や北朝鮮の軍事的な危機問題においてすら、
米国任せであり、
「自国第一主義」
に陥ってはいないだろうか!

トランプ氏が、
「軍事的に日本を見放す」
との声もある中、いつまで平和ボケが通じるというのか。

日本は、
「和を以って貴しとなす」
「武は丈(ほこ)を止める」
という武道精神を持つ国である。

武道精神とは、
拝金主義、利己主義、弱肉強食主義、
とは無縁であり、
「公に尽くすを根本」
とする世界に通じる。、
そして、誇れる。
日本人特有の道である!

日本人が、
「自分さえ良ければいい」
を選択するのは恥ずべきことである。
少なくとも、
「恥ずかしいことはするな」
と教わってきた恥の文化を知る国民性の矜持を持とう!

その恥の文化もまた武道精神からきたものであるが・・・!

今年は、
世界情勢から見て、
「和」や「武」というものを国を挙げて議論すべき、
大変革の年になるであろう。

このブログをご覧の皆さんはどう思うだろうか・・・。
是非とも、そんな議論をしたいと願っている。
押忍!













posted by 井上誠吾 at 12:27| 日記