2017年01月21日

日本が世界から信頼される時代に突入!




ついにトランプ大統領が誕生した。

彼が掲げてきた、
「米国第一(アメリカ・ファースト)」
で、メキシコとの国境に壁を作るようなおバカなことをせず、
貧困に喘ぐ米国の庶民のために、
ひいては、貧困に喘ぐ世界の庶民のために、
強いリーダーを自認するのなら、その範を垂れてほしいものだ。

この「自分さえ良ければいい」という大統領の誕生によって、
世界的に脱グローバリズムの空気が強まっていくだろう。

日本のマスコミは、
「トランプ政権が、日本にどのような影響を及ぼすか」
と、そんなことばかりを取り上げているが、愚かなことである。

小生は、日本にとって大好機だと思っている!

「自国第一」は何もアメリカだけではない。
ロシアも、中国も、韓国も、北朝鮮も、
そして、EU離脱したイギリスも、
さらに今年、フランスの新大統領がルペンになった場合、
世界中に、
「自分さえ良ければいい」
という国々が氾濫していくであろう。

ついに、そんな時代に突入してしまった。
しかし、それゆえに、
「日本人の公の精神」
がものをいう大好機なのである!

かつて、日本を訪れた偉人たちの言葉を紹介しよう。

先ずは、戦国時代、日本に布教にきたザビエルは、
「日本人より優れた人々はいない。親しみやすく、善良で、悪意がなく、驚くほど名誉心が強いが、武士も、そうでない人も、貧しいことを不名誉だとは思っていない。今まで訪れた国の中で、最高の人々だ」
と手紙に書いている。

続いて、1922年、現代物理学の父・アインシュタインが、
「長い歴史を通じて一系の天皇を戴いて来たという国体を持っているのが、今日の日本だ。私はいつもこの広い世界のどこかに、一ヶ所ぐらいはこのように尊い国がなくてはならないと考えてきた。世界は進むだけ進んで、幾度も戦争を繰り返してきたが、最後には闘争に疲れる時が来るだろう。その際、人類は真の平和を求めて、世界の盟主を挙げなければならない。その世界の盟主こそ、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古くかつ尊い家柄であるところの日本である。我々人類に、神が日本という国を作って置いてくれた、ことに感謝する」
との言葉を残している。

どちらも歴史的な真相は、本人の弁ではない、との説もあるが・・・、
万が一、日本人が創作したものであれば、世紀の大秀作である!

その真相は、後世の人々に任せるとして、
日本人が、
「誠実で、勤勉で、礼儀正しく、秩序を守る国民性」
であることは世界に誇るべく事実である。

ますます、
「和を以って貴しとなす」
「武は丈(ほこ)を止める」
との矜持を持って、
日本人が世界の人々に範を垂れるべき時代となった!










posted by 井上誠吾 at 12:18| 日記