2017年01月27日

老化を笑い飛ばす!




このところ、あれやこれやと何かと忙しい。

Aのことをやっていると、
Bのことが気になり、Bのことをやり始めると、
Cのことが気になり、Cのことをやり始めると、
もう、あれやこれやで、結局・・・、
AもBもCもやり終えず、翌日に持ち越すことになる。

60代になると、記憶力・判断力・適応力が鈍くなるらしい。

小生が外出する際など、それが顕著となる。
特に、要件が何ヶ所か重なった時などは酷いものだ。

妻の言葉が、
「カバン持った?」「書類持った?」「携帯持った?」
と、家中を飛び交う。
「カバン持ってない」「書類持ってない」「携帯持ってない」
と、小生と妻が家中を走り回り、我が家は嵐の中へと突入する!

すべてを揃えて、玄関で靴を履いていると、
「財布忘れてるじゃない」
と、妻が居間から財布を手に追ってくる。

やっと、家を出たものの・・・、
数分後、新たな忘れ物を思い出して、家へと引き返す。

妻は小生が家を出てから5分間はカギを掛けなくなった。

なんとか待ち合わせ場所に到着したものの・・・、
時間が違っていたり、日にちが一週間も違っていたりする。

そのような事がないようにと、
手帳やメモ用紙に書き捲くっている。
しかし・・・、
肝心な手帳やメモ用紙そのものを紛失してしまう。

数年前、
めまいの持病を診て貰おうと脳検査をした。
「脳の委縮が見られます」
と、医者から言われた。

つい先日、
昔懐かしい同年代の友人たちと再会した。
「こいつら、老けたな・・・」
と、思っていたら、
「お互い、年を取ったな」
と、彼らに言われて・・・、
自分も老けていることを思い知らされた。

老化は確実に進んでいる。

開き直りでも何でもないが、
「これでいいんだ。これが自分なんだ」
と、思うようにしている。

同時に、とてつもない夢も希望も抱いている!
「いくつになっても夢と希望へ向かって走ってやる!」
そう強く思っている。

脳が委縮しようが、脳細胞が死滅しようが、構わない!
なぜなら、
脳にはニューロン同士の複雑なネットワークがあり、
委縮も死滅も補完してくれるからである。

さらに、A10神経がある。
「できる!」
と己れを鼓舞して、全脳を活性化していけばよいのである!

今日はこれから、都心で打ち合わせがある。
そろそろ出かける準備をしなければならない。

居間では、妻が、戦々恐々と待機している。
さあ、今から・・・、
我が家は嵐の中へと突入する!








posted by 井上誠吾 at 10:46| 日記