2017年02月23日

武道をたしなむ者たちへ




ほんの少しの間、ブログを休もうと思っていたが・・・。
今朝のニュースを見ていて、これは書かねば、と奮い立った。

そのニュースとは――、
「ローレウス世界スポーツ賞」というものがあるらしい。
どうやら、スポーツ界のアカデミー賞と呼ばれているようだ。

この「ローレウス世界スポーツ賞」は、
年間で最も印象的だった選手や団体を称えるもので、
その大賞に選ばれたのが、バルセロナのサッカー少年たち!

昨年の夏、日本で開催され、その決勝戦が終了した時のことである。

優勝して大喜びするバルセロナの選手たち。
彼らの背景には、負けて泣き崩れる選手たちの姿が・・・、
それは、大宮アルディージャに所属する少年たちであった。

対照的な天国と地獄の様相・・・!

しかし、
大喜びをしていたバルセロナの少年たちが、
泣き崩れている大宮アルディージャの少年たちに駆け寄り、
手を差し出したり、肩を抱いたり、頬に手を当てたり、
等々と励まし始めたのである!

この行動に対して、栄誉ある賞に選出されたようである!

バルセロナのサッカー少年たちも素晴らしいが、
このような賞があることもまた素晴らしいではないか!

後日談で、大宮アルディージャの少年が、
「おかげで、すぐに立ち直ることができました」
そして、
「友だちにも、優しくすることができるようになりました」
と、成長した言葉を陳べていた。

実に、実に、実に、なんとも実に、素晴らしい!

さて、手前味噌かも知れないが・・・、
誠真会館の選手たちには、
試合終了後、対戦相手と必ず握手をするように伝えている。

しかし、である。
対戦した相手の選手に対して、
勝敗に関係なく、心の底から称え合っているであろうか・・・。

握手をする際、
勝った喜びで、相手を見下していたり、
負けた悔しさで、相手に対していじけていたり、
一瞬でも、そんな気持ちを持ったりしていないだろうか・・・。

武道をたしなむ者は、
惻隠の情、つまり「仁」に通じていなければならない。

「仁」とは、おもいやり、である。

勝ち負けに関係なく、
相手をおもいやることができる、
そのこころ根こそが「真に強い人」と言える!

サッカー少年たちの美談を知り、そのようなことに思いを馳せた。

さぁ、今日も「真に強い人」になるため、稽古に励もう!











posted by 井上誠吾 at 08:59| 日記