2018年07月20日

名前が思い出せない・・・!



実に情けないことだが・・・、
人と街で会った時、名前が思い出せないことが多々ある。
この3ヶ月で、そのようことが三件もあった。

一件目は、5月のハロー西荻祭りの際、
「ご無沙汰しています」
と男子中学生とママから声を掛けられた。
まだ中学生だから面影が残っているのに、名前が思い出せない。
ママからヒントを貰い、M田さん母子、だとすぐに言い当て、
「覚えてくれていたんですね」
と喜んで貰い、あれこれと近況報告を受けた。

この時はすんなりと思い出せたから良かったが・・・、
二件目は、6月の初旬、拙宅の最寄り駅で、
「井上先生」
と赤ちゃんを抱いた若夫婦から声を掛けられた。
若いママは約20年前の空手の教え子である。
「おお、久しぶり、でもないか、去年、会ったもんな」
同じ教え子のE里の結婚式で昨年の秋に会っているのだ。

結婚したE里というのは、
このブログに何回か登場している元道場生T医師の娘で、
E里と妹のT佐は、小生の60人組手にも応援に来てくれており、
一家そろっての付き合いが続いている。

そのE里の結婚式でこの若いママと会っていたのだ。
かつて小学生だった子が赤ちゃんを抱いていたので、驚いた。
隔世の感がある中、何とか名前を思い出そうとしたのだが・・・、
「〇子です」と先に言われてしまった。
懐かしい話で盛り上がってから、
「井上先生、この子と主人とで写真いいですか?」
と赤ちゃんとご主人と〇子と小生で写真に収まっていたのであった。
その時、写真を撮られながら、
「〇子、今度会ったら、忘れずに名前を言うからな」
と言っていたのに・・・。

最寄りの駅で会った時には、完全に忘れていた。
E里の結婚話で場を繋ぎつつ、何とか思い出そうとするのだが・・・、
出てこない(汗)!
そんな小生の様子を見て、〇子が、
「私、Mが付きます」と言うので、
「M子だ!」と遅ればせながら思い出すことができた。

この二件までは、ともあれ思い出せたから良かったが・・・。

三件目は、数週間前、高校生くらいの男子から、
「館長、お久しぶりです」
と通りすがりに声を掛けられた。

一瞬、誰だったかな? と思いつつ、
「おお、久しぶり、元気にしてるか?」
言葉は返したものの・・・誰だか思い出せないまま、
「頑張れよ」と別れてしまった。

誠真会館を退会した少年部の筈なのだが・・・、
相手が大人になり、顔も変わっており、誰だか分からない。

せめて、誰だか思い出してあげて、
さり気なく、名前も聞き出してあげて、
両親のこと、学校のこと、近況などを聞いてあげられていたら、
等々と後悔をした。

しかし、三人とも素晴らしい、と思った!

彼らが少年部の頃、
「人に会ったら、きちんと挨拶をしろ」
と小生は口うるさく言ってきた。
それを大きくなっても実践してくれているのだ!
嬉しいことである!゜

悲しいのは、
すぐに名前を忘れてしまう小生である!

成長しゆく彼らに、押忍!







posted by 井上誠吾 at 13:46| 日記