2018年08月22日

感動!



小説の締め切りが迫っており、
このようなブログを書いている場合ではないのだが・・・、
寛大な編集者に甘えて、以下を書き進める。

小生は野球にはそれほど興味を示さないが・・・、
これまで甲子園ドラマには何度も感動させられてきた。

以前にも書いたが、
この春、小生の又甥(兄の孫)のS馬が選抜甲子園に出場し、
夏の甲子園にも出場を期待されていたのだが、無念にも予選敗退。

それゆえに、今年の甲子園はあえて目を向けようとはしなかった。

しかし、小生以上に野球に無関心の妻が、
「金足農業ってすごいね」
と、にわかファンになるくらいの活躍をしており、
小生も気になっていた。

そして昨夜、甲子園の決勝ニュースを見て、感動した!

大阪桐蔭は、全国から野球エリートが集まった有名私立高校。
それに対する、
金足農業は、冬は白球も追えない雪深い地元中学出身の県立高校。

この図式には、日本人が持つ判官びいき、がどうしても働いてしまう。

そもそも甲子園は、
常連の有名私立高校がひしめく中で、公立高校の出場は少ない。
ましてや、東北の高校が決勝進出することも数少ないはずだ。

大阪桐蔭の選手には本当に申し訳ないが、
戦う前から、金足農業に肩入れするのは致し方ないことである。

ニュースとはいえ、金足農業の戦いに熱いものが込み上げてきた。

炎天下の中、選手たちが汗まみれ泥まみれになって戦う姿!
圧倒的な力の差がありながらも、諦めることなく全力で戦う姿!
そこには困難を乗り越えて成長しようとする人間ドラマがあった!

手前味噌だが、あの戦う姿は、空手も同じだなと思った。

人は、勝ち負けではなく、懸命に戦う姿に感動するのだ!

今、目の前にある状況から逃げず、全力をだして戦う!
そのような体験をすることこそが大切なのだ!
そこから、自分なりの輝かしい何かがきっと見えてくる!

ともあれ、決勝進出した両校の選手には、おめでとうの拍手!

そして、
この夏、初めて知った金足農業高校の選手たちに感動をありがとう!






posted by 井上誠吾 at 09:28| 日記