2019年12月31日

あっという間に大晦日!



何人かの方から、
「ブログを再開されましたね」
と10月に再開したことを喜んで貰っていたものの・・・、
何かと所用に追われ、ついつい年の瀬を迎えてしまった(汗)!

いくら忘れ物が多い小生だからといって、
ブログを書くことを忘れてしまったわけではない!

正直に言うと、年を重ねるごとに遅筆になってきているのだ。

理由は、連載している小説を最優先で書いていることもあるかもしれないが・・・、
昔は、朝起きて、1、2時間でブログを書き終えていた。
それが、今は、
ああでもない、こうでもない、
と推敲を繰り返して、1、2日でも書けないことがある。

小説も同じで、
‶自分が納得できる文章を伝えたい‶
とのこだわりが強くあり過ぎて、筆が進まないことが多々ある。

実は、前回のブログで予告した「すべては杞憂に終わる。子供たちよ、生きろ!」
のタイトルで、1か月ほど前に書き始めたのだが・・・。
子供たちにしっかりと伝えよう、との思いが強くなり、途中まで書いてきて「これじゃ、内容が重すぎる」と筆を止めてしまった。
頭を冷やす意味もあり、一時期、休むのも良かろうと・・・!

その間、M澤ブログが、
‶楽しく、面白く、愛情あふれる‶
素晴しい内容で盛り上げてくれていたので、気を楽にしていた!

しかし、M澤ブログは杉並道場のブログである。
誠真会館全体のブログは小生が書いていく、と決めたことだ。
ここは甘えていないで、なんとしても、続けなければならない!

そんな思いにかられ、再び、筆を取り、
つい1週間前の24日に書き始めたのだが・・・、
困った!
これでは‶小生の挨拶‶と重複してしまう。

なんのことはない。
「すべては杞憂に終わる。子供たちよ、生きろ!」
このテーマで書き始めると・・・、
19日に話した落合道場、20日に話した文京道場、両道場のクリスマス会で小生が話した‶今年最後の長〜い締めの挨拶‶とほとんど同じ内容なのである(哀)!
さらに、この話は翌日の25日に、杉並道場のクリスマス会でも話すつもりであった。

このままブログを書けば、
落合・文京・杉並の道場生や保護者の方々に新鮮味のない話として届いてしまう(涙)!

仕方ない・・・、
「冬休みに入ったら、新たに別の斬り口で書いていこう」
と決意!

されど、冬休みに入ってから、
実は、連日の如く続いていた忘年会の予定がまだ残っていたのだ。
すべての忘年会が終了後・・・、
案の定、体調不良でダウン!

このダウンは‶冬休み恒例‶となってしまったか・・・(悲)!

ちなみに、先程、体調不良を押して、やっと年賀状を書き終えた。
年賀状が遅れて届く方々には、お許しを乞う!
この場でなんという言い訳をしているんだ、ともう一人の小生からの声が聞こえてくる(哀)!

ついては、
10月に予告した「すべては杞憂に終わる。子供たちよ、生きろ!」は、今回のブログでは書くのを控えることにした。
正月を前に、テーマがあまりにも重過ぎて‶新年に向けて適切ではない‶と判断した。

いずれ、年が明け、時機を見ながら書くことにした(謝)!

何はともあれ、
令和元年となったこの年、いろいろなことがあった。
詳しくは、M澤ブログを見ていただきたい。
見事なまでに、この一年を振り返られている(拍手)!

その中で、M澤さんは、
道場関係者の皆さんへ、今年最後の‶お願い‶を書いておられる。
皆さん、どうか、その‶お願い‶に協力して頂きたい。
そして、M澤ブログがますます盛り上っていくことを願っている!

そのM澤さんが、
「文章ばかりのつまらないブログ」
と自虐的に書いておられるが・・・、
その文章をお借りして、
「小生こそ、写真もなく、堅苦しいことばかりのつまらないブログですが、こうして、見に来てくださる方々がいる限り、書き続ける所存である!」

皆さん、良いお年を(幸)!





posted by 井上誠吾 at 14:23| 日記