2020年01月01日

新年を迎えて!



謹賀新年

元旦の朝、
今年も、書斎の窓から、初日の出を拝んだ。

東の空に多少の雲があった。
やがて、その雲が明るく輝き始めた。

次の瞬間、
雲の切れ間から曙光が射した。

神々しい光は、
みるみるうちに、辺りの雲を黄金色に輝かせていき、
荘厳で美しい世界を出現させた。

合掌!





そのあとは・・・、
当然、お屠蘇である!

日本酒とビールを交互に飲みながら、
そろそろ焼酎にしようか、ハイボールにも手を伸ばそうか、
としていたところ・・・、
待てよ、ブログを書かなければならない!
と思い出した。

嬉しいことに、大晦日にブログを書いたことで、
「見ました」
との報告が何人かの方から入っているのである。
ここは、飲んでる場合ではない!

と言いつつも・・・、
書斎にビールと日本酒を持ち込み、パソコンに向かっている。

昨日まで絶不調だったのに・・・、
我ながら、よくまぁ飲めるもんだ、と他人事のように感心している。

おやおや、小生の体の中から、何かが聞こえてくる。

「今年も、こいつは懲りないな」
小生の肝臓がこぼしていた。

「大丈夫だよ。今年は連チャンで飲まないから」
小生は断言した。

「大晦日まで、絶不調だったくせに、よく言うぜ」
小生の肝臓は呆れてしまった。

「まぁ、いいじゃないか、これが俺なんだよ」
小生は開き直った。

「・・・・・・・・・」
小生の肝臓は口を閉ざした。

「肝臓よ、ありがとう!」
忘年会に耐え続け、新年早々から奮闘する肝臓に対して、
小生は心から感謝した。





というわけで、この辺で失礼する。
焼酎とハイボールが待っているので、早く相手をしてやらなければならない。

そうだ、最後にひと言。
朝、初日に向かって合掌した際、
このブログを見に来た方々にとって、‶幸ある一年を!‶、と祈願した。
皆さん、今年も、良い一年になることは間違いない(幸)!

え?・・・酔っ払いが何を言ってるんだって?
確かに、このブログは飲みながら書いてはいるが・・・、
朝、初日を拝んだ時は飲んでおらず、しらふだったので、悪しからず・・・。
ただし、二日酔いだったので、効果については疑問が残る。

それでは、性懲りもなく、
皆さんにとって、素晴しい良い年であることを祈って、
乾杯!
じゃなく、合掌!
(失礼をば)





posted by 井上誠吾 at 14:59| 日記