2020年03月31日

コロナは我々の敵(とも)となる!  そのC 続・安倍さんと小池さんに愛を込めて!




妻、否、女房殿、否、大奥様とは、未だに平行線である(汗)。

どうも、小生の表現が攻撃的で、
「空手の団体を創立し、最高師範と名乗っている立場の人が書くことではありませんッ」
と納得がいかないらしい。

本気で「バカヤロー!」と妻を怒鳴ってしまった(汗・謝)!

平行線のままでは、書き始めたブログも止まってしまうので、
昼間書いたブログを゛もっとやさしく゛表現してみよう。

そう、安倍さんと小池さんに愛を込めて・・・だ!

小池都知事が
「夜の飲食店への入店自粛要請」
を呼び掛けたことで・・・、
スナックや居酒屋を経営している私の友人や知人は「死活問題だ」と頭を抱えている。

安倍さん小池さん、国民や都民はあなた方の言うことを聞きますよ。

しかし、自粛要請する前に、以下のことを言ってほしい。

「私(首相・都知事)の年間報酬を含めて、
国会議員、都議会議員、公務員、の報酬を50%カットして、
一丸となって、コロナ対策に対処します。
皆さんの減収に関しては、80%の収入を今から保証します。
財源は緊急事態として国債を発行します」

まぁ、報酬カットは30%、収入保証は70%、でも良いかな・・・。
数字や財源はともあれ、その位の身を切る覚悟で発表すべきだ。

そうした上で、全国民、あるいは全都民、に対して、

「早急に、コロナウィルスの感染検査を行います。
感染した方は2週間の隔離を義務づけし、
感染していない人は、学校や会社で大いに社会活動してください」

と宣言すべきである。


感染施設が足りないのであれば、
今、ホテルや旅館は困惑しているので、
そこを、‶緊急隔離施設にしたい‶、と申し入れば、
ホテルや旅館は諸手を挙げて協力してくれる筈である!


そして、
安倍さん・小池さんも、小生と同じ65才を過ぎているのだから、
‶我々‶の年代から、
上の年代の方々に対して、以下をお願いするのだ。

「65才以上の方は、外出を自粛してください。
そうしないと、若い人たちは感染しても無症状なので、
気づかずに生活をしています。
その若い人たちから、お年寄りに感染する可能性があり、
我々が感染すれば、重篤、あるいは死に至ってしまいます。

独り住まいの方は生活必需品等々は自治体がサポートします。

二世帯、三世帯で同居している方々は、
しばらくの間、子供や孫との接触を避けてください。

万が一、我々が感染し、死に至ってしまうと、
感染元となった若い人・子供・孫が自分を責めることになります。
『感染した自分の所為で、お爺ちゃん、お婆ちゃんが亡くなった』
と自責の念に駆られてしまうことになりかねません。

これからは、私(首相・都知事)も、
外出を自粛し、自宅から、テレワークで職務に全力を尽くします。
皆さんも、どうか、外出の自粛をお願いします」


無症状の子供や若い人たちの自由を奪ってはならない!

このままでは、戦後最大の経済の落ち込みとなってしまう。
コロナ感染者の死者より、自殺者のほうが多くなる可能性もある!

首相なら、都知事なら、できる筈!・・・英断を!



いやはや・・・、
本日は、妻と最後まで平行線だったが・・・、
明日の朝、妻が、このブログを見たら、どう思うことやら・・・。


その辺は、Cへ続くので、乞うご期待!




posted by 井上誠吾 at 23:21| 日記