2021年01月01日

謹賀新年



今年も書斎の窓から、
光り輝く初日に向かって、
人々の顔を思い浮かべながら、合掌!

先ずは誠真会館の館長をはじめ、本部長・師範・先生、等々・・・!
そして、各道場の一般道場生・少年部・保護者・・・!

思いつく限りの人々を脳裏に浮かべていくと・・・、
突然、ひょうきんな顔をした少年部が現われ、笑ってしまったり(喜)!

各道場の人々を思い浮かべていると・・・、
「あ、この子は、この人は、退会したんだったな」
と、退会した人々の顔も次々と現われて、再会と幸を祈る!

誠真会館から友好空手団体の人々へと移行・・・!
最近、会っていない人の顔も現われ、幸を祈る!

友好空手団体から脚本家・役者・監督・プロデューサーへ移行!
「あ、この人は、2年前に亡くなったんだ」
と、亡くなった方々のご冥福も祈る!

芸能関係者から友人関係・商店会関係・親戚関係・・・!
そして、最後に妻や子や孫たちの幸を祈る!

皆さん、今年もまた良い年に・・・!

しかし、
「コロナで、どうなることか」
と心配している人々もいるだろうな。

先ほど少年部のひょうきんな顔が現われ、笑ったと書いたが・・・、
年末の‶今年を振り返る発表会‶の際、
「コロナが怖いです」
と発言していた子供たちの顔も思い浮かべていた。

実は、昨夜の大晦日に「消えた文章」と言うのは、
子供たちや保護者への‶励ましの文章‶だったのである。

それにしても、昨夜と言っても、今から13時間ほど前、
酔って書いているから、意味が伝わらない酷いブログだ(汗)!

ともあれ、
今、新年のブログを書いているうちに、
このような流れになったので・・・、
以下、昨夜、何を書いたのかを思い返しながら、書き進めたい。




すべては杞憂に終わる!
少年部の子供たち、保護者の皆さん、
コロナで心配するのはやめましょう!

毎年、インフルエンザの死亡者は3千人から多い時は1万人、
も出ているのに・・・。
今年はインフルエンザの患者が、数百人、と激減!

コロナの死亡者は3千人を超えたばかり。

毎年のインフルエンザの死亡者が約3千人。
今年のコロナで死亡者が約3千人。
どうして、コロナだけをそんなに恐れる必要があるのか!

毎年の交通事故の死亡者が約3千人。
今年のコロナの死亡者が約3千人。
どうして、コロナだけをそんなに恐れる必要があるのか!

インフルエンザも交通事故も、
毎年3千人以上の人々が亡くなっているというのに、
国もマスコミも、その恐怖には触れようともしないできた。

どうか、少年部保護者の皆さんは、
無策な国と、恐怖をあおるマスコミに踊らされないでほしい!

人間の脳というのは、
気持ちの持ちようで、未来さえも変えていく、のだから!

少年部よ、心配しないでいいよ!
保護者の皆さん、子供を安心させてください!

みんなで、来年は最高の年になる、と決めて、
新年を迎えましょう!




と、そのようなことを書いた記憶がある。

脳が楽観的思考であれば、病魔も逃げる、いう!
皆さん、コロナを恐れず、
強く、優しく、潔い、素晴らしい年にしましょう!










posted by 井上誠吾 at 17:25| 日記