2021年07月15日

追悼 尊敬する先輩・亀石征一郎さん!



先日、俳優であり、作詞家・脚本家・小説家でもある、
心から尊敬し、大変お世話になった亀石征一郎さんが亡くなった。

永遠とは、一瞬の無限大なり!

40年近く前、
亀石さんが、ふと、呟かれた言葉だが・・・、
あまりに素晴らしく、森羅万象に通じる‶詩的な言葉‶に感服した。

あれは亀石さんとJACの舞台『酔いどれ公爵』の本作りをしている最中に出た言葉であった。

若きナポレオンに真田広之、
ナポレオンを見守り、育てるロベール公爵に千葉真一、
ナポレオンを陰日向になって協力する女性に志穂美悦子、
ロベールを支える妻に安奈淳(ベルばらで大ヒット宝塚女優)、
そして、作・作詞、自らもルイ16世役で出演した亀石征一郎、
ちなみに・・・、
小生もルイ16世の側近として、大葉健二や関根大学と共に出演し、今やベテラン俳優となった堤真一は兵隊役の一員として出演していた。

亀石さんが書いた『酔いどれ公爵』は、
連日、2700人収容の新宿コマ劇場が満員状態になった、と記憶している。

その頃、小生は小劇場の脚本を何本か書いていたこともあり、
役者の師匠・千葉さんとJACの重役・亀石さんから、本作りを手伝うように指名されていた。

永遠とは、一瞬の無限大なり!
残念ながら、この言葉は『酔いどれ公爵』の中では使われることはなかった。
その後、亀石さんの作詞・脚本・小説の中でも使われることがなかった、と記憶している。

当の亀石さんは、そんなことを言ってたな、と、のほほんとされていたが・・・、
小生は、この言葉が好きで、自分の中に残り続けた。

人は、一瞬、一瞬の中で生きており、
今この一瞬が、次の一瞬を決定している。

永遠とは、一瞬の無限大なり!
これは、
釈迦が説いた、善因善果・悪因悪果・自因自果、
に集約される名言だ!

亀石さんは亡くなったが・・・、
無限大の中で生きておられることを確信している!

亀石さんの三男坊の太夏匡(たかまさ・脚本家、映画プロデューサー)氏から電話が入り、
2年ほど前、亀石三兄弟(若者のカリスマ的存在)を集め、父親の亀石さんから‶遺言‶が伝えられたらしい。

それは、
「何も心配するな。この瞬間に生きろ」
との言葉であった!

亀石さん、
‶亀石征一郎‶という人生の役目、お疲れさまでした!
そして、
数々の薫陶を受けたこと、忘れません。
本当にありがとうございました!

‶亀石征一郎‶の魂は永遠であり、無限大です!

私も一瞬に過ぎない‶井上誠吾‶という人生の役目を終えたら、
そちらへ会いに行きます。
また酒でも酌み交わし、大いに語り合いましょう!



予告した『財務省の優秀な高官の弱み』は、必ず次回にこそ!







posted by 井上誠吾 at 13:17| 日記