2008年12月27日

人生夢のごとし

今年もあと少しです。
一年が過ぎるのは早いものです。
ふり返れば、あっという間に過ぎてしまいました。

「人生夢のごとし」
人の一生は、瞬く間に過ぎてしまう、ということわざがあり
ますが、まさに、その通りです。

今年を振り返ると、大きな出来事として、
新宿支部開設と一時的苦渋の閉鎖、清瀬支部の開設、九州本部の正式始動、演劇ユニット・磨心頑の舞台公演、等々、
と様々な事があり、誠真会館としても、小生自身としても、
大きな転換期であり、どの出来事も、その当時は、ものすご
く時間が長く感じられていました。

しかし──、
今、こうして、振り返ると、瞬く間の出来事に感じます。

人生も、また然りでしょう。
小生の半生をふり返ってみても、
物心ついた頃から、瞬く間に大人になり、瞬く間に社会に飛
び出していった記憶があります。
そして、
瞬く間に結婚し、
瞬く間に子供たちが生まれ、
瞬く間に子供たちが成長し、
瞬く間に子供たちが独立し、
山あり、谷あり、闘いの連続で、
瞬く間に、齢・56、を迎えてしまった。
来年は、57才・・・。
この分じゃ、瞬く間に還暦を迎えるな。

開き直るわけではありませんが、
楽して、要領よく生きようなんて思いたくもない。
晴れの日があれば、雨の日がある。
それが人生というもの。
例え、嵐になろうが、吹雪になろうが、
必ず、晴れの日がくると信じて、
奮い立って、果敢に闘い続けていきたい!

懸命に闘えば、
その瞬間、瞬間は、
とてつもなく長く感じられるかもしれないが、
とてつもなく充実もしている筈である。

「人生夢のごとし」
瞬く間の人生を、今年も生き抜いた。
また、来年も後悔することなく、充実した年でありたい。

つらつらと、そう思う年の瀬であります。

この一年、感謝を込めて、押忍!



posted by 井上誠吾 at 15:33| 日記