2009年02月24日

日本人の誇り

「人に笑われるぞ、恥ずかしいことをするな」
小生の子供の頃、このような言葉を親は勿論、周囲の大人の人たちが、何かあれば常に使っていた記憶があります。

どうでしょう、皆さん。最近、そのような言葉を周囲の大人たちは使っていますか?
残念ながら、小生は勿論、使っていないし、周囲の大人たちも使っていないのが、現実でしょう。

この不況下、麻生さんをはじめとする、酔っ払い大臣、天下り官僚、不正・偽装続きの企業家、等々、
弱者を切り捨てるくせに、自分の既得権にはしがみつき、迷走を続けるこの国の指導者たちを見るたびに──、
「世界から笑われるぞ、恥ずかしいことをするな」
と言いたくなります。

急速に、日本人が、日本人たる誇りを失っています。

「そんなことしていいのか、人に笑われるぞ」
これは言い換えれば、
「卑怯なことはやめさない、きちんとした態度でいなさい」
そんな意味合いが込められています。

どうして、このような国になってしまったのか?
やたらと自分の「権利」だけを主張し、
他者への「おもいやり」の欠けらもない国に・・・!

あのアメリカさえも、オバマ政権下で変わろうとしている。
「マニフェスト・ディステニー(神の天命)」の名のもと、領土を広げ、世界を牛耳ってきた、あの独善的なアメリカが、オバマ大統領の「チェンジ!」に賛同した。
「黒人も、白人も、ヒスパニック系も、アジア系もない、同性愛者も障害者もなく、共和党でも民主党でもなく、私たちは、1つのアメリカ合衆国です」

オバマ大統領の演説には弱者へのおもいやりを感じます。
日本人が本来、持っているはずの、「仁」・「惻隠の情」を感じます。
それに比して、日本政府の不甲斐なさを見るたびに、悔しさが込み上げてきます。

小生は、こんな時代だからこそ、日本人に武道の必要性を益々、感じてしまうのであります。

誠真会館の道場生の皆さん!
「強く、優しく」
弱者へのおもいやりを大切にし、
大いなる、そして、堂々たる誇りを持って、
稽古に励んでいきましょう!

押忍!
posted by 井上誠吾 at 15:58| 日記