2006年12月31日

今年最高の締めくくり!

昨日、12月30日、に嬉しいことがありました!

大手の保険会社の会長さんと酒を酌み交わすという大変な機会をいただいたのです。
普通なら、たかが町道場主である小生如きなど、会える筈のないような大企業のトップであります。

しかし、
トップに君臨されているにも関わらず、
尊大なところなど微塵もなく、
知・情・意、を体得された大人物でありました。

とかく人というのは、
知に走りすぎたり、
情をないがしろにしたり、
意が強すぎたり、
とするものですが、
会長さんは、知・情・意のバランスを見事に内奥されており、それが品格となって、こちらに伝わってくるのであります。

打てば響き、語れば花咲き、最後にはご自宅までお呼びいただき、宴は深夜まで及びました。

なんと、そのご自宅で、
前回、小生が書いた『弱者に手厚くできない輩』と同じような事を淡々と話されたのです。
これには、驚きました。

そして、
自分は間違ってなかったんだ。
と、嬉しさが込み上げて来ました。

今年もあと数時間ですが、
これだけは書いておかないといけないと思い、
取り急ぎ、書かせていただきました。

皆様、良いお年を!
posted by 井上誠吾 at 20:27| 日記