2009年06月27日

「三方よし」の指導

「教え手よし」「習い手よし」「世間よし」
誠真会館の指導は、
「三方よし」
そうありたいと願っております。

「三方よし」とは、よく耳にする言葉でありましょう。
かつて、近江商人は他国へ行商する際に、
「他国へ参りても、私利をむさぼることなく、天道のめぐみ次第と、ただその国の人々を大切におもふこと」
との考え方を保ち、
「売り手よし、買い手よし、世間よし」
という「三方よし」、の商売理念へと集約させていきました。

つまり、
「売った人」は利益を得て、
「買った人」は喜びを得て、
それによって、「社会が発展」する。
商売とは、利益が目的でなく、社会に役立つことが大切で、
“その結果としての報酬”を得るものだと捉えていたのです。
まさに、
「商売を通して、社会に貢献する」
ということであります。

この理念は、誠真会館の、
「空手を通して、社会に貢献する」
という空手理念にも共通するものです。

冒頭に述べました、
「教え手」とは指導者のこと、
「習い手」とは道場生のこと、
「世間とは」社会全体のこと、であります。

指導者が、
道場生の一人一人と向き合い、
“強く優しく”成長した道場生が社会に役立つことが大切で、
“その結果としての月謝”を納めていただいているものだと捉えています。

「空手を通して、社会に貢献する」とは、そういうことです。

誠真会館の目指す空手は、
「社会に有益でなければならない」
空手と社会とは、けっして無縁ではありません。

誠真会館の、
稽古で、試合で、合宿で、催事で、
それらの事で実践し、培ったものはすべて、
道場生の皆さんの財産にしてほしいものです。

「三方よし」
空手を通して、
指導者も、道場生も、社会も、
すべてが良くなっていくことを願っております。

押忍!
posted by 井上誠吾 at 12:25| 日記