2009年09月21日

飛翔試合・お疲れ様でした!


今年で第3回目となる飛翔試合が無事に終了しました。
選手の皆さん、スタッフの皆さん、審判の皆さん、そして、保護者の皆さん、お疲れ様でした!

参加した全選手が、自分の力を精一杯出し切った素晴らしい内容でした!

試合は勝つに越したことはない。
されど、負けたからといって、駄目なんじゃない。
勝敗に関係なく、試合に参加して、痛い思い、辛い思い、恐い思い、苦しい思い、を体験することに意義があります。

審判をやって貰った俳優の関根大学と、
忙しい中、見学に来てくれた俳優の大葉健二が、
二人とも口をそろえて、
「頑張って、闘っている姿に感動した」
と言っていました。

勝った人は、オゴラス、イバラス!
勝ったからこそ、掴んだ何か、がきっとある。
負けた人は、クサラズ、クジケズ!
負けたからこそ、見えてくる何か、がきっとある。

勝って「よし!」
負けて「よし!」
試合を糧に、大いに成長してほしいと願っています。



──お詫び──

試合の進行に不手際があったことをお許し下さい。
また、西荻窪の選手たちには、受付での通達ミスがあり、
大変、ご迷惑をおかけしました。
スタッフの面々は朝早くから、様々な役割を引き受け、全力を尽くしており、彼らに責任は一切ありません。
すべては、試合を統括しております小生の管理・監督の至らなさから生じたものです。
次回からは、そのようなことがないように心がけますので、よろしくお願い申し上げます。

                 井上 拝


posted by 井上誠吾 at 11:08| 日記